【徹底検証】α7IIIの内蔵マイクはどこにあるのか?




 

先日「動画の撮影機材」という名目で、ソニーの「α7III」を導入しました。

これまでMacBook Proの内蔵カメラiPad Proの内蔵カメラで撮影していましたが、

これからは一眼ミラーレスで撮影していこう

と息まいているところであります。

ただし、ここで気になってきたのが、

α7IIIの内蔵マイクの位置

です。

 

α7IIIで動画撮影すると、録音されます。

ということは、カメラのどこかに「マイクが内蔵されているはず」ですよね?

 

α7IIIの内蔵マイクはどこにあるのか ?

「α7IIIの説明書」を閲覧したところ、序盤の「18ページ」に答えが書いてありました。

 

なるほど、これか、と。

 

後ダイヤルのすぐ隣に穴があいていますよね?

 

こちらが何を隠そう、α7IIIの内蔵マイクです。

ただし、説明書には「内蔵マイク」としか記載されておらず、実際に「どんなマイクか」は触れていません。

 

そこでα7IIIの仕様書をチェックすると、次のように書いてありました。

内蔵マイク:ステレオ、ステレオマイクロフォン: XLR-K2M/XLR-K1M/ECM-XYST1M (別売)

なるほど、こいつは「ステレオマイク」だ、と。

 

音響工学における「ステレオ」とはStereophonicの略であり、

左右2つのマイクから録音する方式を指します。

「えっ1つの穴に2つのマイクが・・・・?」

と最初は思いましたが、逆サイドに目を向けると、

左にも「内蔵マイク」と思しき穴が!!

説明書にはこの穴の説明は書いてありません。

ただ、右の内蔵マイクと全く同じ形状なので、おそらくこれが「左側の内蔵マイク」に当たるのでしょう。

そして、先程紹介した内蔵マイクは「右側の」マイクだったのです。

とどのつまり、α7IIIを用いれば、左右両方の内蔵マイクからステレオ録音できます。

 

ちなみに、以下に示す左側の穴はマイクではなく「スピーカー」。

撮影動画をα7III上で再生すると音が流れてくるパーツですね。

マイクではありませんので、誤って音を吹き込まぬようにしましょう。

 

α7IIIの内蔵マイクで録音してみた

ということで、早速、α7IIIの内蔵マイクで録音してみました。

 

うん、確かにこれでも充分に録音できますね。

ただし、映像のクオリティが向上したにもかかわらず、音声が内蔵マイクだと、映像と音のクオリティのバランスが取れません。

音のプアーさが余計に目立っちゃいますね。

今後は音質を上げるためにも、α7III対応の外付けマイクを導入する予定です。

 

それでは!

Ken

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。