α7IIIで撮影した動画をパソコンに読み込む方法




 

α7IIIで撮影後は動画をパソコンに取り込みたいですよね。

大画面で映像を確認し、ボケや適正露出をチェックしたいところ。

それに加え、動画編集するためにもパソコンへ動画を取り込まねばなりません。

 

α7IIIで撮影した動画をパソコンに読み込む方法

取り出す方法は以下の2ステップ。

 

Step1. SDカードを読み込む

SDカードをパソコンに読み込みましょう。

読み込み方は以下の2つ。

 

SDカードをカメラから取り出す

1つ目はシンプルで、SDカードをα7IIIから取り出し、パソコンにぶっ刺すだけ。

一番確実でわかりやすい方法ですよね。

ただし、SDカード口がないPCをお使いの場合、アダプターで「差し込み口」を作る必要はあります。

例えば、MacBook Proならば、USBタイプCからSDカード口を作り出せるアダプターを活用しましょう。

無事にSDカードを差し込めましたかね?

 

カメラごと接続する

もう1つ方法があります。

それはSDカードを出さずに、カメラ本体をパソコンに接続する方法。

α7IIIの左サイドには、

  • micro USB
  • タイプC

の差し込み口があります。

差し込み口にケーブルをさし、もう一端をパソコンにさせばSDカードを読み込めます。

そうです、この方法ならばSDカードを取り出さずに済むのです。

 

「えっ、でも接続ケーブル必要なんじゃ・・・・?」

と思うかもしれませんが、ご安心ください。

付属されている充電ケーブルで対応できます。

充電ケーブルはmicroUSBで、一方がUSBタイプAのケーブルですので、microUSB側をα7III本体に接続します。

もう一方のタイプAをパソコンに接続すればいいんですね。

もちろんこの場合、タイプAの差し込み口がないならアダプターが必要です。

例えば、MacBook Proの場合、タイプAの口を作り出すためにタイプCのアダプターが別途必要・・・!

 

そして、ポイントはカメラの電源オンにすること。

PCに接続できると、モニター画面が以下のように変化します。

この方法ならば1枚1枚SDカードを取り出さずにカードを読み込めます。

そして、2枚SDカードを入れている場合でも、同時に読み込めるでしょう。

もう1つの「PMHOME」はカメラ本体を表わすもので無視して構いません。

 

Step2. 動画ファイルを取り出す

α7IIIの動画は、

Private > M4ROOT > CLIP

に入っています。

 

動画本体のMP4と、メタデータが記述されたXMLがセットで梱包されています。

今回取り出すのはもちろん、動画本体の「MP4」のみ。

ファイルを「種類」でソートすると、XML・MP4が別々に表示されて取り出しやすいでしょう。

以上、α7IIIから動画を取り出す方法です。

ぜひこぞってお試しください。

 

それでは!

Ken

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。