自撮りモニターを用いてα7IIIで自撮りする方法




 

ソニーのミラーレス一眼カメラ「α7III」。

フルサイズのセンサーを備えているだけあって、高品質な写真を撮影できます。

例えば、こんな写真や、

そんな写真、

あんな写真も、

どんな写真も撮れてしまいます。

しかしながら、たまには「自撮り」したいものです。

特に自撮り動画をネット配信している方ならば、α7IIIで「最高の自撮り動画」を撮影したいはず。

 

ただし、現実はこうです。

α7IIIの標準装備では自撮りできません。

その理由は、モニターの可動域が限定的であることが挙げられます。

背面モニターは上に傾けられるものの、レンズ方向には向きません。

これが意味しているのは、

自撮りしながら写り具合をチェックできないことです。

自撮り中、不安でしかたないですよね。カメラマンを雇うしかありません。

 

しかしながら、世の中にはたいてい抜け道が存在しているもので、α7IIIで自撮りするためのツールが発売されていました。

その名も、

UURigのR031という「自撮りモニター」です。

これを使えば、本来不可能であるはずの「α7IIIでの自撮り」が現実味を帯びてきます。

 

マルチインターフェースシューを取り外す

カメラ上部のマルチインターフェーを取り外しましょう。

こちらに冒頭で紹介した「自撮りモニター」をつけるので、こちらをフリーにしておきましょう。

手前に押しながら強くひくと外れますよ。

 

アイピースカップを外す

続いて、ファインダーの「アイピースカップ」をはずします。

こちらはファインダーを覗いた時に、顔と接するパーツ。

 

ファインダー撮影では便利ですが、自撮り時は不要です。

後々、ピースカップがない方が都合が良いのであらかじめ外しましょう。

 

外し方は簡単。

アイピースカップの下部を左右外側に押し込み、上部に引き上げます。

すると、ぱかっと取れるでしょうね。

 

自撮りモニターを取り付ける

いよいよ自撮りモニターをα7IIIにつけましょう。

自撮りモニターはアクセサリーシュー対応の製品ですので、コネクターをシューに噛ませてα7IIIの上に装着します。

 

UURig

と書かれた方をカメラ正面に装着。

装着できたら、ダイヤルを回して締めます。

取り付け完了するとこんな感じ。

 

モニターを上方向に向ける

背面モニターを上に向けましょう。

こうすると、あら不思議。

自撮りモニターの鏡に反射し、背面モニターがレンズ正面から確認できるではありませんか。

これなら不可能と思われていた自撮りもバッチコイです。

お困りの際はぜひご活用ください。

 

それでは!

Ken

 



AEの作業を効率化!
After Effectsのショートカットポスター

Adobe動画制作ソフトAfter Effectsで便利なショートカットキーを把握できるショートカットキーポスターをどうぞ。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。