【After Effects】4色グラデーションの使い方〜動きをつけるとカッコいい〜




 

After Effectsでは、通常のグラデーションだけではなく「4色グラデーション」というエフェクトが存在しています。

前回勉強してきたグラデーションは2色したが、「4色グラデーション」はその名の通り

4色でグラデーションを作れるのです。

今日はこちらの使い方を解説していきますね。

 

【After Effects】 4色グラデーションの使い方

使い方は2色グラデーションと大体一緒。

 

平面を作成する

コンポジションに平面レイヤーを追加。
Image from Gyazo
Macならばcommand + Y、Windowsならばcontrol + Yで追加できますね。

 

エフェクトを探す

続いて、4色グラデーションのエフェクトを探します。

「エフェクト&プリセット」ウィンドウから「グラ」と検索し、その中から「4色グラデーション」を採用。
Image from Gyazo

エフェクトを適用する

あとはエフェクトをレイヤーに適用するだけ。

ドラッグ&ドロップで平面レイヤーにリリースしましょう。
Image from Gyazo
するとこの時点で

  1. 黄色
  2. ピンク

の4色のグラデーションが適用されたんじゃないですかね?

これだけで4色グラデーションが使えるなんてAfter Effectsさすがっす。

 

4色グラデーションの微調整

あとはエフェクト&コントロールパネルで調整していきます。

 

色を変更する

もちろん、グラデーションの色を変更できます。

  • カラー1
  • カラー2
  • カラー3
  • カラー4

を変更すれば、グラデーションの元となる色を変えられます。
Image from Gyazo
4色個別に変更できるので組み合わせは無限大。

 

ポイントを動かす

「ポイント」と呼ばれる色の位置を変更できます。
Image from Gyazo
ポイントとは、グラデーションに設定した色が強い点のこと。

xとy座標で表現されます。

xが増えるほど右に移動し、yが増えるほど下に移動しますね。

 

ブレンド

ブレンドが大きいほど、色の変化が滑らかになります。
Image from Gyazo
デフォルトが100なので、100未満にすると「それぞれの色が強いエリア」が増えますね。

結果的にグラデーション部分が小さくなります。

逆に、ブレンドを大きくすると、グラデーションの範囲が広がり、なだらかな色の変化になるでしょう。

 

変化

「変化」はグラデーションのバンディングを防ぐために使います。

バンディング とは、グラデーションの変化がバンドみたいになって、汚くなる現象ですね。

「変化」を上げてノイズを加え、バンディングの影響を小さくするのです。

 

不透明度

グラデーションの透明度を表します。

100%ならばグラデーションがそのまま表示され、0%に近いほど下のレイヤーが透けます。

 

描写モード

描写モードも変更できます。
Image from Gyazo
項目はAfter Effectsにお馴染みのもの。

例えば「乗算」にすると、下のレイヤー色が出てきて、グラデーションと混じり合うような色味になりますね。

 

アニメーションで動きをつける

もちろん、4色グラデーションもアニメーションに対応しています。

なぜなら、各プロパティに「時計マーク」がついてるから。

時計マークがついていれば、キーフレームを打てるのでアニメーションを作れるのです。

例えば、0秒で「カラー1」のポイントでキーフレームを打ちます。

さらにインジケーターを2秒に進め、ポイントを移動させてみましょう。

Image from Gyazo

すると、カラー1の中心点が動くアニメーションを作れるのですよ。

まるで「謎の生命体が水中を動く」ようですね。

Image from Gyazo

という感じで、After Effectsの4色グラデーションは便利です。

ぜひ活用してみてください。

 

それでは!

Ken

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。