3分でわかる!After EffectsとPremiere Proを連携させる方法




After EffectsとPremiere Proを連携させたい

動画編集に強いPremiere Pro。

映像表現に長けているAfter Effects。

この両者を連携できたら最強ですよね。

 

After Effects Premiere Pro 連携方法

 

  • After Effectsで作った動画をPremiere Proに組み込む
  • Premiere Proで編集した動画をAfter Effectsにぶち込む

なんてやってみたいところです。

 

ありがたいことにAdobeさんは、

Premiere ProとAfter Effectsを連携させる方法

を用意してくれているのです。

しかも、

  1. After EffectsからPremiere Pro
  2. Premiere ProからAfter Effects

という2方向で連携できるのですよ。

 

After Effects Premiere Pro 連携方法

 

今日はその方法をそれぞれ紹介していきます。

 

After EffectsからPremiere Proにファイルを読み込む場合

まずは1つ目の

After EffectsからPremiere Proへ」の連携方法を見ていきましょう。

 

After Effects Premiere Pro 連携方法

 

つまり、After Effectsのコンポジションを、Premiere Proのシーケンスに読み込む方法ですね。

 

まずPremiere Proのメニューから

ファイル>Adobe Dynamic Link

と進んで

After Effectsのコンポジションを読み込む

と選択。

After Effects Premiere Pro 連携方法

すると、After Effectsのプロジェクトを選ぶ画面になりますね。

After Effects Premiere Pro 連携方法

After Effectsのプロジェクトファイルは

.aep

というファイル形式。

プロジェクトを選択すると、中のコンポジションを選べます。

 

すると、After Effectsのコンポジションが、Premiere Proの「プロジェクト」ウインドウに追加されたんじゃないですかね?
Image from Gyazo
それをシーケンス上に置いてやれば、コンポジションをクリップとして組み込めるでしょう。

Image from Gyazo
この方法でちょっと苦戦するのが、After Effectsのプロジェクトファイルを探すフェーズです。

なぜかプロジェクト名を検索できません。

保存場所を覚える必要があるので、After Effectsのプロジェクトを「わかりやすい場所」に保存しておくといいでしょう。

例えば、デスクトップや書類フォルダとかですね。

 

デフォルトでは僕の場合、

書類>Adobe>After Effects 2019 CC>User Preset

に保存されていたので、くそわかりづらかったです。

いやあ、こんなことしてたら肩凝っちゃいますよ。

 

今回は既存のコンポジションをPremiere Proのシーケンスに読み込む方法を紹介しました。

それに加え、まだAfter Effectsでファイルを作っていない場合にも対応できます。

その場合、Dynamic Linkで、

新規After Effectsコンポジション

と進めば、連携済みのコンポジションを新しく追加できますね。

After Effects Premiere Pro 連携方法

このDynamic Linkの何が好きかっていうと、

After Effectsで加えた変更が「リアルタイム」でPremiere Proに反映されるってことです。

いちいち動画を書き出す必要はありません。

Premiere ProとAfter Effectsの両ソフト間ですぐに共有できるのです。

 

Premiere ProからAfter Effectsにファイルを読み込む方法

次は逆の場合ですね。

Premiere ProのシーケンスをAfter Effectsのコンポジションに読み込む場合です。

 

After Effects Premiere Pro 連携方法

 

流れはさっきとだいたい同じ。

Premiere Proから

ファイル>Adobe Dynamic Link

と進み、

Premiere Proのシーケンスを読み込む

と進んで、Premiere Proで作ったプロジェクトファイルを探します。

After Effects Premiere Pro 連携方法

Premiereのプロジェクトファイルの拡張子は「.prproj」ですね。

After Effects Premiere Pro 連携方法

ここでも残念ながら名前検索できず、プロジェクトを頑張って探すしかありません。

僕の場合、

書類>Adobe>Premiere Pro>13.0

に入っていました。

ふう、そこにいたかよ。

 

プロジェクトを選んだら、プロジェクト内のシーケンスファイルを選択。

すると、After Effectsのプロジェクトウインドウにシーケンスが追加されます。

Image from Gyazo

プロジェクトウインドウからタイムラインへドラッグ&ドロップしてやると、

Premiere ProのシーケンスがAfter Effectsに読み込まれますね。
Image from Gyazo
これも先程と同じく、リアルタイムで変更が反映されます。

Premiere Proで変更したら瞬時に読み込み先のAfter Effectsにも伝わるのです。

これはDynamicさまさま。

また、新規シーケンス を作ることも可能です。そういう時はAdobe Dynamic Linkから「新規Premiere Proシーケンス」と進みましょう

 

もっと簡単に連携したいんだけど?

以上、連携方法でした。

これならAfter EffectsとPremiere Proの強みを生かして、よりリッチな動画制作できそうです。

 

ただし、です。

連携するためにプロジェクトファイルを探すのが難しい。

名前検索ができないので、見つけにくくてイライラしまいました。

肩が凝ったのはぼくだけではないはず。

 

他にもイライラしてる人がいないか確認してみたところ、こちらの神記事を発見。

こちらでは、After EffectsとPremiere Proのウィンドウを並べてドラッグ&ドロップして連携する方法が紹介されていました。

 

まず、After EffectsとPremiere Proの作業画面を横に並べます。

After Effects Premiere Pro 連携方法

After EffectsのコンポジションをPremiere Proのプロジェクトウィンドウにドラッグ&ドロップしてみるとこんな感じ。

Image from Gyazo

一瞬で追加されました。

プロジェクトファイルを探す手間が省けてシンプルになりましたね。

 

しかし、ぶっちゃけ、

Premiere ProとAfter Effectsのウインドウを並べるのが少しめんどいですね。

うーん、これもちょっと肩凝るな・・・・

 

ファイル名を頑張って探すのか?

それとも

プロジェクトウィンドウで視覚的にドラッグ&ドロップするのか?

の2択。

Adobeさまには名前検索できるように仕様変更していただきたいところです。

 

それでは!

Ken

 



AEの作業を効率化!
After Effectsのショートカットポスター

Adobe動画制作ソフトAfter Effectsで便利なショートカットキーを把握できるショートカットキーポスターをどうぞ。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です