After Effectsを0から勉強できるおすすめの本・書籍まとめ




After Effectsは本で勉強しよう

モーショングラフィックスソフトAfter Effects。

Adobeで動画製作するならぜひともマスターしておきたいソフトです。

 

After Effectsの勉強方法はいろいろありますが、その中の1つに

After Effectsの本・書籍を読みまくる

があるでしょう。

ぼく自身、初めてAfter Effectsに触れるきっかけになったのが「本」でした。

書籍を読んでAfter Effectsの可能性を知り、ぼくのAfter Effectsライフが始まったのです。

 

 

After Effectsを0から勉強できるおすすめの本・書籍

今日はぼくが読んできたAfter Effectsの参考書・テキストの本たちを紹介します。

 

はじめよう!作りながら楽しく覚えるAfter Effects

タイトル通り「作りながら」After Effectsを勉強できる書籍です。

「1章1サンプル動画」に取り組めるようになっていて、全体で10章あるので合計10のサンプル動画を制作できます。

オススメのポイントは「説明の分かりやすさ」。そして、

なぜこのような操作をするのか?

という「裏の理論」までしっかり説明してくれていることです。

手を動かしながら頭でも身体でも理解できるので、飲み込みのスピードは早いでしょう。

 

レベルは基本的なものばかりで、After Effectsを利用する上で知っておきたいことをすべて網羅しています。

例えば、

  • 定番エフェクト
  • エクスプレッション
  • 3D
  • レイヤーの連携

とか至れり尽せり。

ぼくは初めてこの本でAfter Effectsに触れて

「After Effectsってこんなことできんのかよ・・・・マジか」

とAfter Effectsの可能性に気づかせてもらえた書籍でした。

はじめの1冊にすこぶるオススメですね。

 

Premiere Pro & After Effects いますぐ作れる! ムービー制作の教科書

After Effectsのみと言わず、Premiere Proも同時に学べる書籍。

Premiere Proで動画編集全体の流れを統括し、要所要所でAfter Effectsのエフェクトでアニメーションを作る。

そんな「動画制作の一連の流れ」の大枠をつかめるでしょう。

それぞれのソフトの使い方、そして連携方法まで網羅しています。

 

After Effectsに関していえば、エフェクトの種類が豊富で参考になりました。

After Effectsにはデフォルト標準装備の無料エフェクトが豊富にあります。

この本を読むことで、今まで知らなかったエフェクトに出会えて、実際にそれを触って使い方を習得できます。

「After Effects」と「Premiere Pro」の2ソフトで動画制作したい方にオススメの書籍です。

 

Adobe CC AfterEffectsの達人 with BISHAMON ビギナー編

基礎から応用まで網羅している非常にボリューミーな参考書。

個人的に参考になったのが「エフェクトの紹介」です。

光の効果から、変形に関するエフェクト、さらに描画に関するエフェクトまでAfter Effectsで標準装備されているエフェクトを完全網羅。

これらは無料のエフェクトなので、After Effectsユーザーならば誰でも試せるものばかりです。

それぞれの説明は手短ながら、鬼のようにエフェクトを解説してくれていて、After Effectsにこんなエフェクトがあったのか、とページをめくるごとに発見がありました。

 

また、エフェクトの解説にとどまらず、応用技をも紹介してくれています。

有料のサードパーティ製のエフェクト、自分でエフェクトを作り出せる「BISHAMON」の使い方、「シネマ4Dライト」を使った3D表現にも触れていました。まさに基礎から応用です。

Kindle Unlimitedなら無料で読めます

 

After Effects FIRST LEVEL

学術的なスタイルで、After Effectsの知識を解説してくれている良書。

After Effectsの「知られざる基本機能」を初心者でもわかりやすく紹介してくれています。

「あ、このマークってこういう意味だったんだ」

とこれまで素通りしてきた細かい機能をゼロベースで学べたのが収穫でした。

 

また、各章において「〜とは?」という「とは論」から解説してくれているので、映像の素人でも大丈夫。

映像とは、After Effectsとは、サウンドとは・・・・・

という「そもそも論」からスタートしてくれます。

After Effectsに関する知識が頭に入りやすい構成で助かりますね。

 

After Effects Expression

After Effectsエクスプレッションを掘り下げた良質な入門書。

英語で書かれていますが、比較的平易な文章で書かれていますので非ネイティブの日本人でも十分に読めます。

2部構成になっていまして、前半はプログラミング初心者向け。

変数、関数、条件分岐、繰り返しを一旦脇に置いておいて、エクスプレッションの基本概念を解説してくれます。

ピックウィップツールを駆使すれば、プログラミング言語を知らずともエクスプレッションをある程度使いこなせます。

一方、後半はもう少し掘り下げ、プログラミングの知識をつけつつ、エクスプレッションのテクテクニックを学べるでしょう。

ただ難しすぎることはなく、初心者でも分かりやすいように丁寧に解説してくれています。

After Effectsエフェクトのエクスプレッションを勉強したい、と思い立ったらまず1冊目にオススメしたい書籍ですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。