【After Effects】CC Cylinderで円柱を2秒で作り出す方法




 

After Effectsを使っていると、たまに

「円柱」を作りたくなる時

ありますよね?

実はAfter Effectsにはデフォルトで標準装備されている「CC Cylinder」というエフェクトがあります。

こちらを使えば、ほんの1〜2秒で平面レイヤーを円柱にできちゃうんですね。

例えばこのような海の画像のレイヤーを、

CC Cylinderで円柱にしてみるとこんな感じ。

Image from Gyazo

しかも、円柱にするだけではなくグルグル回せたり、光の当て方を変えたりできちゃいます。

なかなか使いどころのあるエフェクトですので、今日はこちらのCC Cylinderの使い方を紹介します。

 

CC Cylinderの使い方

それでは一体どうやってCC Cylinderを使うんでしょうか?

 

エフェクトを探す

まずはCC Cylinderのエフェクトを探しましょう。

お馴染みとなりましたが、After Effectsの「エフェクトプリセット」ウィンドウから、「Cyli」と検索してやると出てくるでしょう。
Image from Gyazo
「遠近」フォルダの中に入っているはず。

 

エフェクトを適用

エフェクトが見つかりましたらドラッグし、円柱にしたい平面レイヤーでリリース。
Image from Gyazo
たったこれだけで、一瞬で平面のレイヤーを3Dの円柱に変えられるんですね。

 

CC Cylinderの微調整

しかし、これだけで終わらないのがAfter Effectsのすごいところです。

レイヤーを選択した状態で、エフェクトコントロールパネルをいじれば、細かいプロパティを調整でき、色々な円柱を作り出せるのです。

 

円柱の半径を変更

「Radius」というプロパティをいじってみましょう。

こちらは円柱の底面の半径を表すプロパティですね。

Image from Gyazo

デフォルトは100になっていますが、小さくすると半径が小さくなり、大きくすると大きくなります。

 

円柱の位置を調整

円柱の位置も調整できます。いじるのは「Position」というプロパティですね。
Image from Gyazo
x・y・z座標の3軸で円柱を移動させることができ、Xを増やすと右に移動し、Yを増やすと下に移動します。

一方、zを増やすと画面の奥側に円柱が移動しますね。

 

回転させる

もちろん、円柱を回転させることも可能。

いじるプロパティは「Rotation」ですね。「Position」と同じくx・y・zの3軸の情報をいじっていくことになります。
Image from Gyazo
ちょっと難しいのが、その下の「Rotation Order」です。

Image from Gyazo

こちらは「回転の順序」を表わしたプロパティで、オイラーの回転の計算順序を選べるようになっています。

デフォルトでは「YXZ」になっていますが、これは、左の文字から文字から順番に回転を計算するようです。この場合だとY軸の回転から順番に計算するようになっています。

回転の順序を変えるだけで、見え方がだいぶ変わるので好みによって変えちゃってください。

 

レンダリング

そして、円柱のどの面を映像として表現するか、というレンダリングも調整できます。
Image from Gyazo
選択肢は3つで、

  1. Full(両面)
  2. Outside(内側)
  3. Inside(外側)

の3つ。円柱の内側だけ、外側だけ、なんて表現も可能なのです。

 

円柱に当たる光

CC Cylinderでは、円柱に光が当たることで立体感を演出しています。このエフェクトでは、光の当て方を細かく調整できるようになっていますね。

「Light Intensity」で「ライトの強さ」、
Image from Gyazo
「Light Color」で「ライトの色」。
Image from Gyazo

「Light Height」は、ライトが当たる具合を表していて、デフォルトでは25になっていますが、マックスは100。

Image from Gyazo

おそらくこれは全体に対してどれくらい光を当てるのかというパーセンテージを表しているんでしょうね。

最後の「Light Direction」は光を当てる方向ですね。

Image from Gyazo

 

シェーディング

最後は「Shading」という項目。

Shading(シェーディング)とは、Wikipediaによると、

3次元コンピュータグラフィックスやイラストレーションなどで明暗のコントラストで立体感を与える技法

のことのようです。CC CylinderではこのShadingを設定できるのですね。
Image from Gyazo
いじれる選択肢は5つ。

  • Ambient
  • Diffuse
  • Specular
  • Roughness
  • Metal

正直、シェーディングについては詳しくないのでちょっとよくわからないですね。

詳しくはこちらのページに載っていましたので参考にするといいでしょう。

 

円柱のアニメーションを作ってみた

これらのプロパティは全て時計マークが付いているので、キーフレームを打ってアニメーションを作成できます。

Image from Gyazo

例えば、円柱を回転させたり、光の当て方を変えてみたり、などなどを自由自在。

After Effectsで円柱関係の映像を作りたい時はぜひCC Cylinderをお試しあれ。

 

それでは!

Ken

 

【参考文献】



AEの作業を効率化!
After Effectsのショートカットポスター

Adobe動画制作ソフトAfter Effectsで便利なショートカットキーを把握できるショートカットキーポスターをどうぞ。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です