テキストに影がつけられる!After Effectsでドロップシャドウを使う方法




After Effects でドロップシャドウを使ってみたい

After Effects で重宝しているのが

ドロップシャドウ

という機能ですね。

これは簡単に言ってしまうと、

テキストや画像などのレイヤーに影を付けられる

というものです。

Photoshop や Illustrator のでも ドロップシャドウ という機能がありましたね?

立体的になって、背景とのコントラストが大きくなって、見やすくなるアレです、アレ。

 

 

After Effects でドロップシャドウを使う方法

例として、テキストにドロップシャドウで影をつける作業を一緒にやっていきましょう。

 

テキストを配置する

まずはプレビュー内にテキストを設置。

Image from Gyazo

左上の「テキストツール」を使っちゃいましょう。

After Effects ドロップシャドウ

 

レイヤースタイルを選択する

テキストレイヤーを選択して、右クリックから「レイヤースタイル」を選択します。
Image from Gyazo
その中から「ドロップシャドウ」を選びましょう。

After Effects ドロップシャドウ

 

プロパティをいじる

すると、テキストに「レイヤースタイル」というプロパティが追加されていると思います。

「ドロップシャドウ」のプロパティを開いてやると、設定項目がいくつか表示されると思います。
Image from Gyazo
いやああ、プロパティありすぎだろ笑

 

例えば、「距離」をいじってやると、オブジェクトから影の距離が変化します。
Image from Gyazo
影が遠くに行ったり近くになったりコントロールできるようになります。

 

「影の色」を変えたい場合は「カラー」をクリックして色を変更してやればいいですね。
Image from Gyazo
黄色の影でも緑の影でもバッチコイです。

 

 

ドロップシャドウのアニメーションも作れる

しかも、これらのプロパティにはキーフレームが打てますので、

影を時間で変化させるアニメーションが作れちゃいます。

 

たとえば、影がどんどん遠くなっていきながら色が変わっちゃうアニメとか、
Image from Gyazo
もう、自由自在に作り放題。

表現の幅が広がると思うので、ぜひAfter Effects のドロップシャドウも使いこなしてみてくださいね。

 

それでは!

Ken



AEの作業を効率化!
After Effectsのショートカットポスター

Adobe動画制作ソフトAfter Effectsで便利なショートカットキーを把握できるショートカットキーポスターをどうぞ。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です