不透明度を調整しよう!After Effects でフェードイン・フェードアウトさせる方法




After Effects でフェードイン・フェードアウトさせたい!

After Effectsで動画を制作しているとたまに、

レイヤーをフェードイン、フェードアウトさせたいシーンがあると思います。

そんな時に便利なのが、

不透明度を時間で変化させる方法

です。

不透明度を使えば自分でフェードインフェードアウトを作り出せるのです。

 

 

After Effects でフェードインさせる方法

フェードインもアウトもだいたい同じなので、今日はフェードインの方法を書いておきます。

例として、星を10フレームかけてフェードインさせる場合を考えてみます。

 

レイヤーを選択する

フェードインさせたいレイヤーを選択した状態にしておきましょう。
Image from Gyazo

不透明度のプロパティを出す

レイヤーを選択した状態で「T」を押しましょう。
Image from Gyazo
なぜ「 T 」なのかと言うと、透明度を表す英単語の 「transparency 」だからですね。

 

10フレーム先でキーフレームを打つ

インジケーターを10フレーム動かします。
Image from Gyazo

インジケーターを移動したら「時計のマーク」をクリックしてキーフレームをうちます。
Image from Gyazo

スタートに戻って不透明度を0%に

あとは0秒の地点に戻って、不透明度0%のキーフレームを打つだけです。
Image from Gyazo
インジケーターを0秒に移動させて、その状態で不透明度を0%に設定します。

 

これで不透明度0%(見えない状態)から10フレームかけて不透明度100%(完全に見える状態)にフェードインできましたね。
Image from Gyazo

 

After Effects のフェードイン・アウトは自由度が高い

言わずもがなですが、フェードアウトの場合はこの動作が逆。

不透明度を100%から0%に変化させるようにキーフレームを打てばいいですね。

ぜひチャレンジしてみてください。

 

それでは!

Ken



AEの作業を効率化!
After Effectsのショートカットポスター

Adobe動画制作ソフトAfter Effectsで便利なショートカットキーを把握できるショートカットキーポスターをどうぞ。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です