After Effectsで作成した動画をGIF アニメーションで書き出しする方法




After Effectsで作成した動画をGIF アニメーションで書き出したい!

モーショングラフィックソフトの After Effects。

このソフトでは色々な形式で動画ファイルを書き出せるんですが、ちょっとやってみたくなるのが、

GIFアニメーションのファイルで書き出す

ことです。

 

調べてみたところ、次の神記事の遭遇。

After Effects では直接 GIF の形式では書き出しできないものの、Photoshopを経由すれば GIF で書き出しできることがわかりました。

 

After Effects で作成した動画を GIF アニメーションで書き出しする方法

今日はその方法をまとめておきますね。

 

準備編:ファイルサイズは小さくする

まずは書き出す前に知っておきたいのが

  • コンポジションのサイズ
  • コンポジションのデュレーション

はなるべく小さく設定しておいたほうがいいです。

 

なぜなら、AEで書き出したファイルを Photoshop で読み込む際に、容量が小さければ小さいほど早く読み込めるからです。

結果的に、GIFへの変換も速くなります。

 

僕はコンポジション設定で

「300〜500ピクセルぐらいの横幅」のコンポジションを作成するがいいと思いますよ。

デュレーションはまあ、5秒あれば十分じゃないっすかね。

 

Step1. QuickTime 形式で書き出す

After Effectsではダイレクトに GIF 形式でアニメーションで書き出せないので、まずは

QuickTime

で書き出します。

ファイル > 書き出し > Adobe Media Encoderキューに追加

と進んで、メディアエンコーダーを立ち上げて書き出します。

 

ファイル形式から QuickTime を選びましょう。

プリセットは適当に

NTSC DV ワイドスクリーン

に設定。

保存場所を「出力ファイル」で指定します。

設定したら再生マークを押してレンダリングを開始しましょ〜

 

Step2. Photoshop で読み込む

QuickTime 形式の動画は「MOV」という拡張子になっています。

今度はそいつを Photoshop で開きましょう。

 

Step3. Web用に保存

Photoshopで開いたらWeb用に保存をします。ショートカットキーはMacならcommand + option + Shiftですね。

そこで形式を GIF に設定してやればいいのです。

これでアフターエフェクトを使って GIF 形式のアニメを書き出せました。

 

AEで書き出したGIF アニメーションをループさせるには??

しかしながら、このままだとループをしない GIF のアニメーションになってしまいます。

デュレーションの長さ(この場合は5秒)に達すると、アニメーションが止まってしまいますね。

何か味気ない感じになりますので、

無限にループする GIF アニメーション

を作りたいところです。

 

そういう時は先ほど出てきたStep3の「Web 用に保存」で右下の

ループオプションを「無限」に設定しておくといいでしょう。

すると、無限ループで動き続ける GIFアニメーションを作れますよ。

この技を使えばをWordPress の記事内に挿入できるようにAE動画を挿入できるようになるのでよかったら試してみてください。

 

それでは!

Ken

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。