After Effectsの「グロー」エフェクトで綺麗に光らせる方法




After Effectsの「グロー」エフェクトで光らせよう!

After Effectsで

文字やロゴを光らせたい時、ありますよね?

そういう時はAfter Effects標準装備の「グロー」エフェクトがおすすめ。

今日はこちらの使い方を紹介しますね。

Image from Gyazo

今回は例として「光れ」というテキストを光らせてみましょう。

 

 

テキストレイヤーを配置

まず、テキストツール「T」でプレビュー内にテキストを挿入。
Image from Gyazo
今回はグローによる光が見えやすいように、コンポジションの背景を黒。

テキストカラーは白に設定してみましょう。

 

エフェクトを探す

グローエフェクトを探しましょう。

「エフェクト&プリセット」ウインドウから「グロー」と探すといいですよ。

Image from Gyazo

「スタイライズ」に入ってますね。

 

エフェクトを適用

グローをドラッグしてテキストレイヤーの上でリリース。

Image from Gyazo

すると、グローエフェクトを適用できたんじゃないですかね。

 

グローエフェクトを細かくいじる

これだけで文字が光りましたね?

ただ、グローの真骨頂はここからです。

レイヤーを選択した状態でエフェクトコントロールパネルを見ると、細かい設定ができますね。

Image from Gyazo

Adobeの公式ページによると、次のプロパティが調整できるようです。

グロー基準 グローでカラーと透明の値のどちらを基準にするかを指定します。
グロー閾値 グローを適用しない明るさのしきい値(%)を指定します。しきい値(%)を低く設定するとグローが適用されるイメージの範囲が広くなり、高く設定すると狭くなります。
グロー半径 イメージの明るい部分からグローが拡散する半径(ピクセル単位)。高い値にするとグローが拡散され、低い値にするとグローのエッジはシャープになります。
グロー強度 グローの明るさ。
元を合成 エフェクトの結果をレイヤーと合成する方法を指定します。「上」では、「グロー操作」で指定したブレンド方法を使用してグローがイメージの上に配置されます。「後ろ」は、グローをイメージの後ろに置き、背面から光るようにします。「なし」では、グローがイメージから切り離されます。
グローカラー グローの色。「A&B カラー」は、「カラー A」と「カラー B」で指定した色を使用してグラデーショングローを作成します。
カラーループ 2 つ以上のループを選択した場合、グローにマルチカラーの輪を作成します。1 つのループには、「グローカラー」に指定したグラデーション(または不定マップ)が使用されます。
カラーフェーズ カラーサイクル内のカラーループの始点。初期設定では、カラーループは、最初のループの開始点から始まります。
A&B中間点 中間点では、グラデーションでの 2 つのカラーのバランスを設定します。低い値に設定すると、カラー A の使用が少なくなります。高い値にすると、カラー B の使用が少なくなります。
カラー A、カラー B 「グローカラー」で「A&B カラー」を選択した場合に使用するグローの色。
グローの方向 グローの方法(水平、垂直、水平および垂直)を指定します。

色々あって難しいですが、僕が理解できたのは次の4つです。

 

グロー強度

まず「グロー強度」で光の強さを調整できます。
Image from Gyazo
デフォルトは「1.0」ですが、こちらを上げるほど光り方が強くなります。

 

グロー半径

ただ、強度を上げても効果は見えづらいかもしれません。

そういうときは「グロー半径」を調整しましょう。

Image from Gyazo

グロー半径とは、光の半径のことですね。

こいつが大きければ、より大きな範囲で光るようになります。

 

ただし、です。

グロー半径を上げすぎると光らなくなります。

用法要領にはくれぐれもご注意くださいませ。

 

閾値を調整する

あとは閾値。低いほど明るくないところも光ります。

Image from Gyazo

逆に大きくすると、光るべき所だけ光るのです。

文字の場合だとちょっとわかりづらいですね。

 

グローの色を変える

光の色も変えられます。

  • カラーA
  • カラーB

の2色決められますね。

Image from Gyazo

そして、色を決めた後、「グローカラー」で 「A&Bカラー」を設定します。

Image from Gyazo

これで「A」「B」の2色で光るように設定できるのです。

 

さらに、その下の「A&B中間点」に注目。

デフォルトでは50パーセントになっていますね。

低いほどAの色が少なめに、高いほどBの色が強めに光ります。

Image from Gyazo

 

光の方向

また、グローの方向で「光る方向」を調整できます。
Image from Gyazo
デフォルトは「水平および垂直」で、縦にも横にもまんべんなく光ります。

これを「水平」にするとどうでしょう??

光が水平に広がり、一味違うグロー体験が待っていますよ。

そして、「グロー半径」を大きくすると、光が横のX軸方向に伸びることが一目瞭然。

一方、光る方向を「垂直」にすれば、縦に光が伸びますよ。

 

ループ数を調整

「カラーループ」は、2色の「A&Bのカラー」を設定した場合に選べるもの。

ループ数を増やすと、グローが縞模様のようにループで繰り返されるのです。

Image from Gyazo

デフォルトは「1」。

こいつを「2」にすると、A・Bの色が2回光る表現に変化するでしょう。

ここを増やすと、シマシマなグローを表現できますね。

 

After Effectsの「グロー」でアニメーションを作ろう

以上です。設定項目が思いのほか多くて大変でしたね。

工夫次第では様々な光り方が実現できます。

Image from Gyazo

しかも、プロパティにはキーフレームが打てますから最強。

キーフレームを打ってアニメーションを作成できるのです。

時間で変化をコントロールし、グローを使ったアニメーションを作ってみてください。

 

それでは!

Ken

 

【参考文献】

 



AEの作業を効率化!
After Effectsのショートカットポスター

Adobe動画制作ソフトAfter Effectsで便利なショートカットキーを把握できるショートカットキーポスターをどうぞ。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です