太陽光を一瞬で再現できる!After Effectsレンズフレアの使い方




After Effectsで「太陽光」のような光を表現したい

After Effectsでは色々な映像表現が可能。

何を隠そう、太陽などの「強い光」を撮影した時の様子を再現できるのです。

その名も、

レンズフレア

というエフェクトです。

Image from Gyazo
「レンズフレア」とは、

太陽光などの強い光をカメラ内に入れた時に、カメラの内部で光が反射し、それが映像として記録される現象

のこと。

 

具体的にどのような現象が発生するのでしょうか??

まず強い光を発している「光源」が映像に映ります。

After Effects レンズフレア

そして、光源付近は光の影響で「白く」なって、コントラストが弱くなるのです。

つまり、輪郭がちょっと薄くなるんですね。

 

そしてもう1つ、レンズフレアには効果があります。

それは「現実世界にはないはず」のイメージが映像に現れる効果。

巷では「ゴーストイメージ」と呼んでいます。

 

このように「レンズフレア現象」では、

  • 光源付近のコントラストが下がる
  • 現実世界にないものが現れる

のを2つの効果を期待できるのです。

After Effects レンズフレア

もちろん、After Effectsの「レンズフレア」では、この2つを再現できます。

 

After Effectsでレンズフレアを使う方法

それじゃあ、レンズフレアの使い方を解説していきます。


レンズフレアエフェクトでは、

  • 光源の「位置」
  • 光源の「明るさ」
  • 現実世界にはない物体がどこに写るのか?

を調整していきます

 

平面レイヤーを作成

まずは平面レイヤーをコンポジション内に設置。

平面レイヤーの色は何色でも構いません。

黒平面ならば、レンズフレアの効果がわかりやすくてオススメですね。
Image from Gyazo
Macならばcommand + Y 、Windowsならばcontrol + Y で平面レイヤーを作成しましょう。

 

「レンズフレア」エフェクトで探す

続いて、レンズフレアのエフェクトを探します。

エフェクトの捜索は「エフェクト&プリセット」ウインドウからおこないますよ。

レンズ

と検索すれば、「描写」フォルダ中の「レンズフレア」を発見できるはず。

Image from Gyazo

 

エフェクトを適用

「レンズフレア」エフェクトをドラッグして、ステップ1で作った「平面レイヤー」にリリース。
Image from Gyazo
すると、平面に「太陽のような光源」が現れたんじゃないですかね?

さらに「現実界にはいないはずの輪っかのようなもの」が現れたら、もうそれはレンズフレアです。

 

After Effectsのレンズフレアを微調整

あとは微調整。

平面レイヤーを選択した状態で「エフェクト&コントロールパネル」を開きます。
Image from Gyazo
After Effectsのレンズフレアエフェクトでは、次の項目を調整できます。

 

光源の位置

まずは、強い光を発する「光源」の位置。
Image from Gyazo
光源の位置はx・y座標の二次元で動かせます。

Xを増やせば右に移動し、Yを増やせば下に移動します。

 

光源の明るさを調整

次は光源の明るさ。

デフォルトでは「100」ですが、大きくすると明るくなり、小さくすると暗くなります。

Image from Gyazo

明るくなると、光源周辺がみえづらくなりますね。

 

レンズの種類を変更

あとはレンズの種類も変更できます。
Image from Gyazo
レンズの種類で、映像に現れる現象が異なります。

After Effectsのレンズフレアでは、次の3種類から選べます。

  • 50-300 mmズーム
  • 35 mm
  • 105 mm

 

僕的には「105ミリ」のレンズフレアが好きですね。

Image from Gyazo

光源の色が太陽光に近く、自然です。

 

不透明度を調整

さらに、最後の「元の画像とブレンド」をいじりましょう。

これはレンズフレアの透明度です。

Image from Gyazo
0パーセントにすると、透明度0%。

エフェクトを適用した平面がまったく見えず、レンズフレアが100パーセントくっきり。

逆に100パーセントにすると、透明度100%、つまり、レンズフレアが完全に透明になって消失します。

 

描写モードを変更

「エフェクトを適用した平面より下のレイヤーを透けさせたい」

という時もありますよね。

そういう時は、エフェクトを適用した平面の描写モードを「加算」にするといいでしょう。

Image from Gyazo

「画像のブレンド」が0以上の場合、下のレイヤー達がすけて見えてきます。

 

レンズフレアの色を変えたい時はどうするのか?

光源の色を変えたい時もありますよね。

ただ、After Effects標準装備のレンズフレアでは、色を自由に調整できません。

「レンズの種類」を変えれば光源の色は変わりますが、レンズの種類は3種類しかないのです。

Image from Gyazo

それでは、どうしても色を変えたい時はどうすればいいのでしょうか?

そういう時は、別のエフェクト「トーンカーブ」を適用しましょう。

Image from Gyazo

「トーンカーブ」を適用し、

  • レッド
  • グリーン
  • ブルー

のカーブを調整すると、レンズフレアの光の色を変更できます。

Image from Gyazo

 

ゆくゆくは「レンズフレア」の有料プラウグインを使いたい

以上、After Effectsのデフォルトで入っているフリーの「レンズフレア」エフェクトでした。

さほど項目数が多くなくて、使いやすかったのですね。

が、逆にいうと、それほど細かく調整できるエフェクトではありません。

レンズフレアの色さえも「トーンカーブ」エフェクトを駆使しないと変えられませんでしたから。

 

もっと本格的なレンズフレアをお求めの方は、有料プラグインを導入するといいでしょう。

「Optical Flares Plug-in」というエフェクトは有料で18,000円ほどします。

ただ、このプラグインは細かくカスタマイズ可能。

より多彩な表現が可能になるでしょう。

僕も頃合を見てデビューしていく予定です。

 

【参考文献】

 

それでは!

Ken



AEの作業を効率化!
After Effectsのショートカットポスター

Adobe動画制作ソフトAfter Effectsで便利なショートカットキーを把握できるショートカットキーポスターをどうぞ。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です