【After Effects】CC Page Turnを使ったページめくりの作り方




After Effectsで本のページをめくるような動画を作りたい!

本好きの方ならば、After Effectsでやってみたいのが

本のページをめくるような表現

ですよね。

実は、そんな要望にもAfter Effectsは答えてくれます。

デフォルトで標準装備の「CC Page Turn」というエフェクトを使えば、ページをめくる様子を表現できるんですね
Image from Gyazo
今日はこちらのエフェクトの使い方を紹介します。

After EffectsのCC Page Turn設定方法

まずはCC Page Turnの設定方法から。

 

めくりたいものをタイムラインに入れる

まずはCC Page Turnを使ってめくりたいレイヤーをタイムラインに挿入しましょう。

今回は例として「P1」と書かれた本のページのような画像をタイムラインに挿入してみました。

Image from Gyazo

エフェクトを探す

「CC Page Turn」というエフェクトを探しましょう。

Image from Gyazo

お馴染みとなりましたが、エフェクトプリセットウィンドウから「page」と検索すれば、CC Page Turnが見つかるんじゃないですかね。

ディストーションフォルダの中に入っているはず。

 

エフェクトを適用

CC Page Turnが見つかりましたら、そのエフェクトをドラッグしてページをめくりたいレイヤーでリリース。

Image from Gyazo

すると、ページをめくる準備が完了しました。

 

CC Page Turnを使ったページのめくり方

以上で準備完了ですね。

ただ、エフェクトを適用しただけでは、本のページのように、自動でめくってくれません。

エフェクトのプロパティをいじる必要があるんですね。

 

ということで、エフェクトを適用したレイヤーを選択した状態で、エフェクトコントロールパネルをみましょう。
Image from Gyazo
そこにいくつかプロパティが表示されているはず。

こちらをいじっていきます。

 

どこからめくるか?

まず最初の「Controls」というプロパティでは、ページをどこからめくるのかという開始位置を設定できます。
Image from Gyazo
選択肢は、

  • Classic UI
  • Top Left Corner
  • Top Right Corner
  • Bottom Left Corner
  • Bottom Right Corner

の5つ。

一番簡単でおすすめなのが、デフォルトで設定されている

Bottom Right Corner

ですね。本を右下からめくるような動画を作れます。
Image from Gyazo
一番自由度が高いのは、

Classic UI。

これを選ぶとめくる角度を調整できるんです。
Image from Gyazo

 

ページをめくる

次の「Fold Position」は、ページがめくれる位置を表しています。
Image from Gyazo
x・y座標で表されるプロパティで、これがものすごく重要。

 

めくれ始めるポイントの座標なので、このプロパティでキーフレームをうってアニメーションを作れば、時間に沿ってページをめくれるアニメーションを作れるでしょう。

試しにグイグイプロパティをいじってみると、ページが思い通りにめくれるではありませんか。

xとy座標の数値をいじってもいいですし、プレビュー画面で「Fold Position」の点を選択ツールで動かしてもページがめくる様子を確認できると思います。

 

めくる角度を調整

「Controls」を「Classic UI」にしていると、「Fold Direction」を調整できます。

Image from Gyazo

これはめくる角度のことですね。

デフォルトでは60度になっていますが、360度どの角度を選んでも構いません。

 

めくりの半径

次の「Fold Radius」では、ページをめくることで盛り上がっている部分の半径を調整できます。

Image from Gyazo

半径が大きければ、より小さな動きでより多くの部分をめくれるでしょう。

 

めくり部分に当たる光の方向

CC Page Turnでは、めくれる部分に光が当たることで立体感を醸し出しています。

素晴らしいことに「Light Direction」で光を当てる角度も調整できるんですね。

Image from Gyazo

お好みによって変えちゃってください。

 

表示する面を選ぶ

次の「Render」というプロパティでは、動画内に表示するページの面を選択できます。

  • 両面(Front & Back Page)
  • 表面(Front Page)
  • 裏面(Back Page)

の3通り。
Image from Gyazo
両面でもいいですし、表面や裏面だけの片面だけ表示することも可能。

 

めくられた裏にあるページ

「Back Page」では、めくったら何が出てくるのかという裏のページの表示を設定できます。

デフォルトではレイヤー自身なので、そのエフェクトを適用したレイヤーの線対称になった画像が裏に映るはず。
Image from Gyazo
ここでは、タイムライン上にある他レイヤーを裏面として選ぶことも可能なのです。

Image from Gyazo

Aというレイヤーをめくったら、裏はまったく別のBという画像を表示することも可能です。

 

裏面の透明度

「Back Opacity」では、めくった裏ページの透明度を調整できます。

デフォルトで85%になっていて、ちょっと透明になってるのですね。
Image from Gyazo
これを100%にしてまったく透けていない本にしても構いません。

 

裏の色

「Color」では裏のページの色を変更できます。

先程出てきた「Back Page」というプロパティを「なし」に選んだ場合、そこで選んだ色が表示されるようになっています。

例えば、「Back Page」を「なし」にして「Color」を「黄色」にしてやると、ぺろっとめくったら赤いページが出てくるんですね。
Image from Gyazo

After Effectsで本をめくる動画を作ってみた

ということで、せっかくなのでCC Page Turnを使って本のページをめくる動画を作ってみました。

 

まずはページ1~4の画像をイラストレーターで作成。

それをプロジェクトウインドウに追加し、タイムラインに挿入。

重ね順が結構重要で、P2を先頭にして、

  • 2
  • 1
  • 3
  • 4

にします。

Image from Gyazo
なぜなら、ページ2をめくったら、ページ1の上に被せたいからですね。

そして3番は非表示。目玉マークをオフにしておきます。

 

その状態で、ページ2番目の「P2」にCC Page Turnのエフェクトを適用。

Image from Gyazo

その「Back Page」に3番を選びます。

裏面がすけちゃってるので「Back Opacity」を100%へ。

Image from Gyazo

あとは「Fold Position」というプロパティにキーフレームを打ってアニメーションを作ってみました。
Image from Gyazo
めくるアニメーションを忠実に再現したいならば、キーフレームをたくさんうった方が希望通りに行きそうです。

 

ただし、ちょっとやってみて思ったのが、ページ裏に設定する画像は線対称で出てきてしまうということ。

P3と書いた画像ならば、線対称で逆側に出てきて映像が逆になってしまうのです。

Image from Gyazo

したがって、より自然な本のページをめくる動画を作りたいならば、ページの画像を制作する段階で、文字を線対称に作っておいて、それをAfter Effectsに挿入しなければならないなと思った次第です。

線対称の画像を作ってoptionキーを押しながらP3を差し替えてみました。

Image from Gyazo

うーんちょっとこれは大変。
Image from Gyazo
裏ページを画像にする場合、全て線対称で作る必要があります。

イラストレーターで画像を作る段階で、線対称にするリフレクトツールを使う手間は発生しそうですね。

Image from Gyazo

いやあ、でもすごい。

After Effectsの標準装備のエフェクトなんですからね。

CC Page Turnを使えば、本のページをめくるアニメーションのみならず、カレンダーをめくるとか、色々なものをめくるアニメーションを制作できそうです。

ぜひ活用してみてください。

 

それでは!

Ken



AEの作業を効率化!
After Effectsのショートカットポスター

Adobe動画制作ソフトAfter Effectsで便利なショートカットキーを把握できるショートカットキーポスターをどうぞ。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です