意外と簡単!After Effects でオブジェクトを拡大・縮小する方法




After Effects でオブジェクトを拡大・縮小したい!!

After Effectsで動画制作していると、たまに、

オブジェクトを拡大・縮小したい

という瞬間があると思います。

「拡大」と「縮小」は After Effects で頻繁にでてくるので、後世のためにやり方をメモしておこうと思います。

 

After Effects でオブジェクトを拡大・縮小する基本

まずは手動で拡大・縮小する方法を見ていきましょう。

 

レイヤーを選択する

拡大・縮小したいレイヤーを選択します。
Image from Gyazo

S を押す

その状態でキーボードの「S」を押してみましょう。
Image from Gyazo
すると「スケール」というプロパティが出てくると思います。

そこでオブジェクトの拡大・縮小率を調整していきます。

「えっ、なぜSを押すんだですって?!」

もちろん、これは

Scale(拡大・縮小)の頭文字

だからですね。はい。

 

拡大率を調整する

スケールのプロパティが出た状態で、数字をドラッグしてみましょう。
Image from Gyazo
これでオブジェクトを拡大・縮小できると思いますね。

もちろん、100%が元の大きさで、100より小さくなると縮小。

100より大きくなると拡大になるわけです。

 

ただ、ここで知っておきたいのが

縦・横の拡大率がデフォルトだと一定になってしまう

ということです。
Image from Gyazo
スケールのプロパティに「鎖のマーク」があるので、そちらをクリックしてオフにしましょう。

縦横のスケールが別々に動かせるようになりますよ。

 

キーフレームを打って拡大率を変化させるアニメーション

今度は拡大率を変化させるアニメーションを作る方法を見ていきましょう。

 

まずはスタートの時点でキーフレームを打ちます。

「時計マーク」をクリックすればいいですね。
Image from Gyazo
キーフレームが打たれた状態で、インジケーター動かして時間を進めます。

 

拡大率を変化させると、オブジェクトの大きさが変化するアニメーションを作成できちゃいます。
Image from Gyazo
例えば、0秒から3秒で拡大率を0%から100%までスケールを変化させると、3秒かけて何も見えない状態から100%(元の大きさ)まで大きくなりますね。

こんな感じのアニメーションになります↓
Image from Gyazo

画質を保ったまま拡大させたい場合はコラップストランスマーク

イラレ素材を After Effects で拡大・縮小したい時があると思います。

そんな時に注意したいのが、

コラップストランスマーク

です。

イラレ素材はベクター素材なので、いくら拡大しても画質は悪くなりませんが、デフォルトだと画質が荒くなってしまいます。

そこで「歯車のマーク」のコラップストランスマークにチェックを入れてやると、どうでしょう??

あら不思議、画質が悪くならないのです。

 

 

After Effects で拡大・縮小する時の中心はどこ?

また、拡大の中心についても触れておかなければなりませんね。

どこを中心に拡大するのかはじつは、

アンカーポイント

によって決まります。

 

例えば、アンカーポイントが端っこにある場合、端っこを中心に拡大することになります。
Image from Gyazo
真ん中にアンカーポイントがあるオブジェクトなら、拡大すると左右上下均等に拡大できますよ。

 

ということで、拡大・縮小する前にアンカーポイントの位置をチェックしておくと捗ると思います。

詳しくは「After Effectsにおけるアンカーポイントの移動方法」を読んでみてください。

 

それでは!

Ken



AEの作業を効率化!
After Effectsのショートカットポスター

Adobe動画制作ソフトAfter Effectsで便利なショートカットキーを把握できるショートカットキーポスターをどうぞ。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です