【Mac版】After Effects のショートカットキーまとめ30選




After Effects の作業はショートカットキーでどうにかなる!

モーショングラフィックを制作できる動画制作ソフトAfter Effects。

もう使ってみたでしょうか?

実はこのソフトでガンガン動画が作れるか作れないかということは

ショートカットキーを覚えているか?

でだいぶ決まってきます。

ショートカットキーが使えないと、After Effectsの作業がとんでもなくめんどくさくなってしまうのです笑

 

 

【Mac版】After Effects のショートカットキーまとめ30選

今日は僕がよく使う After Effects のショートカットキーをまとめてみました。

僕が MacBook を使っている都合上、 Mac のショートカットキーとさせていただきます

 

インジケーターを移動する(command + → ←)

Image from Gyazo

インジケーターとは、コンポジションの中のタイムラインのある時間を表すもの。

1フレームずつインジケータを移動できるので、マウスでドラッグ&ドロップして移動させるよりも簡単です。

ちなみに、SHIFT キーを押しながら発動してやれば、10フレームずつインジケーターを移動できますね。

 

レイヤーの位置をずらす(矢印キー)

Image from Gyazo
コンポジション内に配置してあるレイヤーのポジション位置をずらしたいときは、矢印キーで移動できます。

ただし、「レイヤーを選択した状態であること」が条件となります。

先ほどと同様に、シフトキー押しながら矢印を押してやると、移動する幅が大きくなるので素早く移動できちゃいますよ。

 

レイヤーの重なり順を変更(command + [  ] )

Image from Gyazo
重なり順を下にするならcommand + [ 、 上にするなら command + ]。

Shiftを押しながらやれば一気に最上層、最下層に移動できますね。

 

平面を作成する(command + Y)

Image from Gyazo
おらよっ。

 

プレビューを全体表示する(option + /)

Image from Gyazo

拡大しすぎても、おらよっ。

 

イージーイーズ(F9)

Image from Gyazo

キーフレームを選択した状態で F9を押してあげましょう。

 

レイヤーの長さを短くする(option + [  ] )

Image from Gyazo

オプションキーを押して、[ を押すと、 インジケーターがある時点以前のソースをカットしてくれます。

逆の ] をおした場合はインジケーターより後のレイヤーをカットしてくれます。

 

レイヤーの位置を移動する( [  ] )

Image from Gyazo
オプションキー無しで[  ] をおしてやると、インジケーターがある場所を起点としてレイヤーの開始位置と終了位置を移動できます。

開始位置を移動したい場合は [ 、終了位置を移動したい場合は ] ですね。

 

手のひらツールに切り替える(spaceキー)

Image from Gyazo

スペースキーを押してやると、一時的に手のひらツールに切り替えられますね。

 

ファイルの読み込み(command + I)

Image from Gyazo

たぶんInsert(挿入) の「I」なんでしょうね。

 

キーフレームを打ったプロパティのみ表示する

Image from Gyazo
レイヤーを選択した状態で「U」を押すと、変更されたプロパティのキーフレームプロパティのみ表示してくれます。

例えば、位置のキーフレームをうったレイヤーを選択した状態で、「U」をおしてやると位置だけのプロパティが表示できるのです。

 

インジケーターをワークエリア内のキーフレーム間を移動(J・K)

ワークエリア内のキーフレームごとにインジケーターを移動したい場合はJとKがおすすめ。

次のキーフレームに移動したい場合はK、一個戻りたいならJ。

JKだから覚えやすいですね。

 

コンポジション作成(command + N)

Image from Gyazo
新規のコンポジションはコマンド N。

NewのNです。

 

エクスプレッション表示(option押しながら時計クリック)

Image from Gyazo
レイヤーのプロパティを選択し、optionキーを押しながら時計マークをクリックしてやるとエクスプレッション出現。

 

ワークエリアをインジケーターまでにカットする(N)

Image from Gyazo
N を押すとインジケーターの最後でワークエリアが切れます。

ちなみに、Bを押してあるとインジケーターが置いてあるところまでワークエリアが拡大しますね。

 

モードを切り替える(Shift + ^ または-)

Image from Gyazo
レイヤーのモードを切り替えたい場合は、レイヤーを選択した状態で SHIFT キーを押しながら「^」または「-」。

 

コンポジション設定(command + K)

Image from Gyazo コマンド+K。

 

3D カスタムビューのアングルを変更する(Cを押しながらドラッグ)

Image from Gyazo

グリグリ行こうぜ。

 

コンポジションの画像を入れ替える(option押しながらドラッグ&ドロップ)

レイヤーを選択した状態で、OPTION キーを押しながら 画像をレイヤーにドラッグ&ドロップ。

 

全てのレイヤーを選択解除(command + SHIFT + A)

Image from Gyazo

「すべてを選択する」の逆バージョンですね。

 

レイヤーをインジケーター位置で分断する(command+ SHIFT + D)

Image from Gyazo
レイヤーを選択した状態で、インジケーターを移動。

そしてショートカットを発動するとなんとレイヤーが2分割されます。

 

拡大ツールを起動する(Z)

Image from Gyazo

Zで拡大ツールを起動。optionキーを押すと縮小ツールになります。

 

レイヤーのマスクの値を表示する

Image from Gyazo

レイヤーを選択した状態でMを押します。

 

間隔を維持したままキーフレームを移動

Image from Gyazo
キーフレームを選択した状態でoptionキーを押しながらドラッグ。

 

プリコンポーズ作成(command + SHIFT + C)

Image from Gyazo

プリコンポーズにしたいレイヤーを選んだ状態でシフトキーを押しながらcommand + C。

 

コンポジションのウィンドウを閉じる

Image from Gyazo

command + Wで閉じまくり!

 

サウンドの波形を表示する(Lを2回)

L ボタンを2回押す。

 

選択ツールを一時的に起動(command)

Image from Gyazo

 

キーフレームを打つ(optionキーを押しながらP・R・S・T)

Image from Gyazo

時計マーク押す手間が減りましたね。

 

表示を拡大・縮小(command +  ^ または – )

Image from Gyazo

拡大なら ^ 、縮小なら -です。

拡大ツールより早いけど拡大縮小する範囲は指定できませんね。

 

アクションセーフを表示する(*)

Image from Gyazo

 

選択レイヤーを移動する(command + ↓↑)

Image from Gyazo

クリックの手間削減。

 

マーカーを打つ(control + 8)

Image from Gyazo

インジケーターがある位置にマークできるね。

 

エフェクトのプロパティを表示(E)

レイヤーを選択した状態で、ショートカットキー「E」 を押すと、そのレイヤーのに適用されているエフェクトのプロパティを表示できます。

エフェクトの「E」なので覚えやすいですね。

 

それでは!

Ken



AEの作業を効率化!
After Effectsのショートカットポスター

Adobe動画制作ソフトAfter Effectsで便利なショートカットキーを把握できるショートカットキーポスターをどうぞ。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です