エフェクトなら簡単! After Effects で星のある宇宙を作る方法




After Effectsで宇宙を作ってみたい

せっかく After Effects アニメーション作るならスケールでかいことやりたいですよね?

例えば、

宇宙を作る

とかです。

ググってみたところ、 After Effects で宇宙を作る方法は何個か見つけたんですが、どれもこれも難しい!

 

「もっと簡単に宇宙を作る方法はないのかな・・・・」

と思っていたところ、「作りながら楽しく覚えるAfter Effects」でStar Busrt CCを使った方法が紹介されていました。
Image from Gyazo

今日はその方法を自分なりにまとめてみました。

 

背景が黒のコンポジションを作る

背景が「黒」のコンポジションを作成しましょう。

command + Nで、コンポジション新規作成。(WindowsならControl + N)

After Effects 宇宙 星空

コンポジション設定で背景を黒にしてみましょう。

 

白い表面を追加

続いて、白い平面のレイヤーを追加します。

After Effects 宇宙 星空

Macならcommand + Yで追加できますね。

After Effects 宇宙 星空

この平面の色が星の色になります。

そのため、この平面の色は星を連想させる「白か黄色の平面」を設定しましょう。

 

エフェクトを追加する

最後に宇宙っぽいエフェクトを追加します。

「白平面レイヤー」を選択した状態で、上メニューの「エフェクト」から「Star Burst CC」を選びます。

After Effects 宇宙 星空

これだけでいいのです。

すると、宇宙っぽいアニメーションが完成しちゃいます。

Image from Gyazo
圧倒的に簡単ですね。

 

エフェクトコントロールで微調整しよう

あとは細かいプロパティを調整できます。

エフェクトコントロールパネルを見てやると、次のようなプロパティが用意されていますね↓

After Effects 宇宙 星空

こいつらを自由に調整できます。

例えば、Scatterをいじれば「星の散らばり具合」、Speedなら「星の速さ」、Sizeなら「星のサイズ」を変更できます。

しかも、プロパティにキーフレームを打てますので、アニメーションも作成できますね。

 

例えばだんだん星が速くなるアニメーションを作ってみると、

スペースシップの窓から宇宙を見ているっぽさ

が作れます。
Image from Gyazo
よかったら試してみてください。

 

それでは!

Ken



AEの作業を効率化!
After Effectsのショートカットポスター

Adobe動画制作ソフトAfter Effectsで便利なショートカットキーを把握できるショートカットキーポスターをどうぞ。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です