意外に簡単だった!After Effectsで合成動画を作る方法




 

After Effectsを使えば、初心者でも本格的な映像を作れますよね。

色々なエフェクトを使ってきましたが、ちょっとやってみたかったのか、

合成動画です。

その中でも、「クロマキー合成」と呼ばれる、

「特定色の背景」で撮影した映像を、別の背景で撮影しているように見せる手法です。

 

After Effectsで合成動画を作る方法

After Effectsでクロマキー合成の動画を作ってみました。

Image from Gyazo

 

 

緑の背景で動画をとる

「緑の背景」で合成したいものを撮影します。

大きな被写体の場合、グリーンバック専用背景が必要ですが、小物であれば画用紙でもOK。

僕はダイソーで緑の画用紙を購入しました。

なぜ緑の背景で撮ると合成しやすいのでしょう?

こちらのページによると、

肌色と補色関係にあるからです。

肌と背景を分離して、うまく背景を切り抜けるようですね。

したがって、人種によっては緑の背景じゃなくてもいいのです。

 

今回、撮影した「突っつく映像」はこちら。

Image from Gyazo

これをリンゴの画像の上に合成してみます。

 

レイヤーを設置

After Effectsのタイムラインにレイヤーを設置しましょう。

  • 緑背景で撮った映像
  • 合成したい映像

を上から順番に置きます。

「緑の背景で撮った突っつく動画」を上にし、その下にりんごの画像、白い平面レイヤーを設置。
Image from Gyazo

合成エフェクト適用

今回使うのは「Keylight 1.2」というエフェクトです。

デフォルト標準装備のエフェクトなので、誰でも使えますよ。

 

こちらをエフェクト&プリセットウインドウで探してみましょう。

「key」と検索すれば「Keying」の中に入っている「Keylight 1.2」が見つかるんじゃないですかね。
Image from Gyazo

こいつを緑背景で撮影した映像レイヤーにドラッグしてリリース。
Image from Gyazo

 

 

背景の色を選ぶ

背景から抜きたい色を選びましょう。

今回でいうと、バックに使った「緑」ですね。

「エフェクトを適用したレイヤー」を選択した状態で「エフェクトコントロールパネル」を見ると、

Screen Colour

という項目ありますよね?

スポイトをクリックして、プレビュー画面で背景色を選択すると、

Image from Gyazo

はい、きました。

これだけでだいたい合成できちゃいましたね。

 

背景になじませる

しかしながら、まだまだ影が残っていたり、肌の色が変だったり、ちょっと違和感が残ります。

そこで、背景になじませるため、いくつか項目をいじりますよ。

 

Screen Grain

「合成のむら」をなくすためにあげます。

緑色のムラが影になっていたのですが、Screen Grainをあげるだけできれいさっぱり。

 

Image from Gyazo

 

Screen Pre-Blur

素材をぼかして「合成の粗さ」を目立たなくします。
Image from Gyazo

 

Screen Shrink(Screen Matte内)

Screen Matteを開くと、細かい項目が出てきますね。

その中の「Screen Shrink」をいじりましょう。
Image from Gyazo

デフォルトでは0ですが、負の数にすれば、境界がえぐられます。

不自然だった境界線が目立たなくなりますね。

 

Screen Softness

最後に、「境界を削ったこと」をバレなくするため、境界をぼかします。
Image from Gyazo
Screen Softnessをいじるだけで違和感は少なくなりますね。

 

After Effectsの合成エフェクト恐るべし

いやー素晴らしいですAfter Effects。

すごすぎます。

今回、ダイソーで買ってきた、ちょっと折れた緑の画用紙を使いました。

しかも、照明も当てることなく、クソ適当にスマホで撮影したんですが、割といい感じに合成できちゃうから驚きです。
Image from Gyazo
次回は大きなグリーンバック背景で人物を合成に挑戦したいですね。

 

それでは!

Ken

 

【参考図書】



AEの作業を効率化!
After Effectsのショートカットポスター

Adobe動画制作ソフトAfter Effectsで便利なショートカットキーを把握できるショートカットキーポスターをどうぞ。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です