【After Effects】テキストを1文字ずつバラバラに出すアニメーションの作り方




After Effects でテキストを使ったアニメーションを作りたい!

After Effects でやってみたくなるのは

テキストのアニメーション

ですよね。

視聴者の理解を助けてくれますし、かっこよくアニメーションさせればテンションが上がります。

中でも人気のアニメーションが

一文字ずつバラバラで出てくるアニメーションです↓

Image from Gyazo

 

1文字ずつバラバラに出すアニメーションの作り方

今日はこちらのテキストアニメーションのやり方をまとめておきました。

 

文字を書く

文字を書いていきましょう。

左上の「テキストツール」でテキストを入力。

After Effects ドロップシャドウ

せっかくなので「Btuber(ブログのタイトル)」を入力してみました。
Image from Gyazo

3Dレイヤーをオンにする

3Dレイヤーをオンにしておきましょう。

キューブにチェックを入れるだけで OK です。

 

アニメーターから「位置」を表示させる

トランスフォームの情報を変化させるのではなく、

テキストのアニメーターを使っていきますよ。

レイヤー自体は動かないけど、アニメーターという機能の中で文字が動いているイメージです。

 

文字のレイヤーに「アニメーター」があります。
Image from Gyazo

そちらの「三角マーク」をクリックして「位置」を選びます。

Image from Gyazo

追加する

が、しかし、です。

これだとアニメーションの位置情報が3Dではありません。

3Dに対応させるために「追加」の三角マークをクリック。
Image from Gyazo
そこから「文字単位の3D化を使用」をクリックしましょう。
Image from Gyazo
これでZ軸の値が入ったと思います。

 

範囲セレクターを設定する

続いて「範囲セレクター」の「位置」のZ軸情報を「-3000」にしてやります。
Image from Gyazo
画面の手前側(z軸方向)にテキストが動くので、いったん文字が見えなくなると思います。

 

オフセットをいじる

「範囲セレクター」にある「オフセット」を編集してみましょう。
Image from Gyazo
0%だと文字が見えませんが、100%にすると前に出てくると思います。
Image from Gyazo
「オフセット」にキーフレームを打てば、文字が1つずつ出てくるアニメーションの完成です。

 

まずは0秒でオフセット0%に設定してキーフレームを打ちます。

Image from Gyazo

インジケーターを2秒に移動して、その状態でオフセットを100%に戻します。
Image from Gyazo
これで2秒かけて文字が手前から現れるアニメーションが作れましたね。
Image from Gyazo
それでは!

Ken



AEの作業を効率化!
After Effectsのショートカットポスター

Adobe動画制作ソフトAfter Effectsで便利なショートカットキーを把握できるショートカットキーポスターをどうぞ。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です