After Effectsでタイピング風のテキストアニメーションを作る方法




After Effectsでタイピングするみたいにカタカタ文字を出したい

After Effects で作ってみたいと思っていたのが

パソコンでタイピングするかのような文字のアニメーション

です。

Image from Gyazo

映画や CM とかで目にすることが多く、完全にイカしていると思っていたので、After Effectsで作ってみたいと思うようになりました。

ダメ元でググってみたところ、こちらの神記事に遭遇。

やり方をマスターしましたので、今日はその方法をまとめておこうと思います。

 

 

タイピング風のテキストアニメーションを作る前の準備

まず準備からですね。

このテキストアニメーションを作るためには

アニメーションプリセット

を利用していきます。

アニメーションプリセットとは簡単にいってしまうと、

誰が作ったアニメーションをそのまま利用させてもらうこと

で、詳しい使い方は「After Effectsアニメーションプリセットの追加方法」を参考にしてみてくださいね。

 

プリセットダウンロード

まずはこちらのページからテキストタイピング風のプリセットをダウンロード。

「カーソルタイプライタ」というやつですね。

右下の「DOWNLOAD」をクリックしましょう。

After Effects タイピング

 

ダウンロードできたら、zipファイルを展開します。

展開したフォルダの中に

カーソルタイプライタ.ffx

というファイルがありますよね?

After Effects タイピング

今回はこいつを使ってきます。

 

アニメーションプリセットを追加する

先ほどダウンロードしたアニメーションプリセットを追加していきます。

簡単に言ってしまうと、

「Presets」というフォルダにダウンロードしたファイルを入れて、

After Effects タイピング

After Effects 上で「リストを更新」というコマンド発動すれば OK です。

After Effects タイピング

 

 

After Effectsでタイピング風のテキストアニメーションの作り方

ここまでで準備完了。

いよいよタイピング風アニメーションを作っていきます。

 

「エフェクト&プリセット」をいじる

右のウィンドウの中から「エフェクト&プリセット」を探します。

After Effects タイピング

見当たらない場合は、「ウィンドウ」から「エフェクト&プリセット」を選択してみてくださいね。

After Effects タイピング

その「エフェクト&プリセット」の中に

アニメーションプリセット

があると思うんですが、

After Effects タイピング

その中に先ほど追加した

カーソルタイプライター

というプリセットがあるはず。

After Effects タイピング

今回はその「カーソルタイプライター」をクリックしてくださいね。

 

テキストを変更する

プリセットをクリックすると、自動的にタイピング風アニメーションがついたテキストが追加されると思います。

After Effects タイピング

がしかし、このままでは空欄のテキスト。

テキストレイヤーをクリックし、内容を変更してみましょう。

 

アニメーションのキーフレームを調整する

これでタイピング風のアニメーションを作れましたね?

Image from Gyazo

これで完成っちゃ完成なのですが、場合によっては

文字が現れるスピードを調整したい

という時もありますよね。

そういう願望はキーフレームを調整すれば叶います。

 

レイヤーを選択した状態でショートカットキー「U」を発動。
Image from Gyazo
すると、キーフレームが打ってあるプロパティが表示されると思います。

 

今回のプリセットでは2つの「範囲セレクター」にキーフレームが打ってありますね。

御察しの通り、キーフレームの間隔をいじると文字のスピードを調整できるのです。
Image from Gyazo
キーフレームの間隔を短くしてやれば早くタイピングするアニメーションになりますし、

Image from Gyazo

長くすればゆっくり文字がタイプされるモーションを作れますね。

Image from Gyazo

キーフレームは自由に動かせますので、入りのタイミングを自由に調整できるでしょう。

Image from Gyazo

 

 

既存のテキストにもアニメーションプリセットは使える

以上が After Effects でタイピングのテキストアニメーションを挿入する方法でした。

今回はプリセットをゼロから使う方法を紹介してきましたが、もちろん

既存のテキストにアニメーションを適用させられます。

 

アニメーションプリセットを既存のテキストレイヤーにドラッグ&ドロップすればいいのです。Image from Gyazo

既にある文字にも適用できますし、新しくタイピング風のアニメーションを作り出せますね。

Image from Gyazo

今回初めて「After Effectsのアニメーションプリセット」を利用してきましたが、種類も豊富で自分でダウンロードして追加できるようなので興味深いです!!

ここは深掘りしていこうと思います。

 

それでは!

Ken



AEの作業を効率化!
After Effectsのショートカットポスター

Adobe動画制作ソフトAfter Effectsで便利なショートカットキーを把握できるショートカットキーポスターをどうぞ。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です