動画のBGMにAudiostockを6ヶ月使ってみた感想【口コミ・評判】




 

動画にBGMをつける際、無料の「YouTubeオーディオライブラリー」を活用していたのですが、なんせ、被る被る。

加えて、時にはイメージ通りの曲が見つからず、十分に満足する効果は得られませんでした。

そこで活用し始めたのが

Audiostock

です。

Audiostockとは日本最大級の音素材サービスでございまして、現在150万点の作品がプールされていて、毎月5000点もの新曲が追加されています。

このサービスは

  1. 単品購入
  2. 定額サービス

の2つの利用方法があります。

単品購入は曲ごとに1曲ずつ購入する方法で、定額サービス(個人)ならば月額2780円でダウンロードし放題の対応曲を著作権フリーで使えます。

 

動画のBGMにAudiostockを6ヶ月使ってみた感想

現時点で定額サービス(個人)でAudiostockを6ヶ月使い倒しさせてもらいましたので、今日はその感想を赤裸々にまとめておきます。

 

曲を探しやすい

なんと言っても、これ。

Audiostockの最大の特徴は、イメージに寄り添った楽曲を探しやすいところです。

日本人による日本人のための楽曲サービスなのが強みです。

つまりは、日本語でのイメージ検索が発達しているのです。

イメージに合う言葉を適当に検索窓に入れ、Enterを発動するだけで見合った楽曲がずらっと出てきます。

例えば、

  • 爽やか
  • 明るい
  • ノリノリ
  • しっとり
  • 落ち着きのある
  • ドキドキ

といった日本人でしか通じない「形容詞」「副詞」に合った曲を捜索し、言葉のイメージ通りに曲が出てきてしまうのがAudiostockのすごいところなんです。

 

曲を選びやすい

希望通りの曲を探しやすい特徴を持っています。

曲一覧で再生マークをクリックすると、その場ですぐにサンプルを再生できます。

あくまでもサンプルなので「オーディオストーク〜」という透かしが入ってしまいますが、最初から最後まで聴けます。

そして、再生した箇所が青でハイライトされるので、どこまでその曲を聞いたかが可視化されます。

つまり「長く聞いて興味を持った曲」に目印を自動でつけられるので、お気に入りの曲を選びやすいというわけ。

 

ダウンロード形式はWAVとMP3に対応

ほぼ全ての楽曲は

  • WAV
  • MP3

のファイル形式に対応しています。

できれば音質が落ちない非圧縮のWAVでダウンロードしたいところ・

中には「MP3のみ」の曲もありますが、感覚値99パーセントの曲は「WAV」「MP3」の両方に対応しています。

お好きな形式で楽曲をダウンロードできるでしょう。

 

YouTube安心機能

Audiostockは著作権フリーとはいえ、YouTubeで同じ曲を使っていると「著作権侵害」というアラートが出てしまうかもしれません。

Audiostockは「著作権フリー」を認めているわけですから、アラート解除申請を出せばアラートは解除されます。

しかし、そのアラートを事前に回避できる機能がございまして、それは「YouTube安心」です。

「YouTube安心」つきの楽曲ならば、著作権侵害のアラートがYouTubeアップロード後に出る恐れはなく、アラートを解除する手間も省けるメリットがあります。

 

BGMだけじゃない

素材のバリエーションが豊富なところも見逃せません。

動画に使えるBGMだけではなく、

  • 効果音
  • ボイス(短いセリフ)
  • 歌(歌詞入り)

まで対応しています。

 

幅広い用途

楽曲は著作権フリーになっていることもあり、様々なケースで利用できます。

ダウンロードし放題プラン(個人)の場合、

  • YouTube
  • SNS
  • オンライン
  • Web広告
  • イベント

で活用できます。

 

ただし、それ以上の権利である

  • 放送(テレビ、ラジオ番組)
  • ゲーム
  • アプリ

のようなガチの商用利用では許されていません。

そういった場合、楽曲を単品購入するか、定額プロプラン(月額22,000円)で利用するしかありません。

ただ、個人でYouTubeに動画をアップロードする、広告収入を稼ぐ、だけならば、個人の使い放題プランで十分です。

しかも、それ以上の行為は禁止されているわけではなく、金を積めば許してもらえます。

 

類似作品を紹介してくれる

Audiostockの曲の探しやさは、日本語による検索キーワードの対応だけではありません。

類似作品のレコメンド機能が発達していることもあります。

そのため、検索で引っかかった曲のサンプルを聞いて「あれ、違うなー」と思ったら、それに似ている曲を紹介してもらえますので、そのサンプルを聞いて選んでいけばいいのです。

このように類似作品を芋づる式に試聴して選べるのがAudiostockの良きところでもあります。

 

音で検索できる

そして、言葉ではなく音それ自体でも検索できるときています。

つまり、曲それ自体を検索にかけられるのです。

曲の検索方法2通りございまして、

  • 音をアップロードする
  • YouTubeのURLを指定する

です。これならば、雰囲気にあったキーワードが思い浮かばなくても大丈夫。

イメージの曲さえ分かれば、その曲に似た曲をAudiostockが自動で検索してくれるんですから。

 

以上です。

整理してみると、Audiostockは日本人にとって使いやすい音素材サービスであることが浮かび上がってきました。

日本語でイメージ検索できることはもちろん、類似作品も紹介してくれるし、なんと音それ自体を検索にかけられます。

これまで無料のBGMサービスで粘ってきた方にAudiostockはおすすめですね。

BGMのクオリティを上げると、動画のクオリティも上がった、と痛感するはずです。

Audiostockに興味がある方は「RmSTvYsUatQy」という招待コードをご活用くださいませ。

 

それでは!

Ken

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。