AdobeのAuditionで声を録音する方法〜設定から書き出しまで〜




 

Adobeの動画音声編集ソフトAudition。

音声を編集するだけではなく、Audition上で「音声録音」できるのです。

録音機能を使えば、録音から音声の編集までにAudition1本で成し遂げられます。

 

わたし自身、Auditionを使うまでは音声録音は、Mac標準装備 QuickTimeのオーディオ録音機能でやってきました。

ただ、QuickTimeの自由度の少なさに少し不満を持っていたのです。

音質が

  1. 高音質
  2. 最高音質

のみで、細かいファイル書き出し形式を指定できません。

「.m4a」または「.aifc」で書き出される定めになっていました。

加えて、サンプリングレート、ビットデプスのような細かいプロパティもいじれません。

そこでものは試しということで、Auditionで録音してみたのです。

 

Auditionで音声を録音する方法

録音方法は以下の通り。

 

オーディオハードウェアを設定する

まずは設定からですね。

録音で利用するマイクを設定せねばなりません。

設定は「オーディオハードウェア設定」でおこないます。

上メニューの「Adobe Audition>環境設定>オーディオハードウェア」へ進んで、録音に使いたいマイク機材を選びましょう。

Image from Gyazo

入力で「マイク」、出力ではモニターで使う「スピーカー」「ヘッドホン」を選択。

 

ファイルを作成する

続いて、音声ファイルを作成します。

上メニューの「ファイル」から「新規オーディオファイル」へ進みましょう。

Image from Gyazo

 

まずは音声ファイルの設定から。

映像で使うナレーション音声ならばサンプルレートを「48000ヘルツ」、チャンネルは「モノラル」、ビットデプスは「24」がオススメ。

サンプルレートとは、

マイクから入力したアナログ波形をどのくらい細かく抽出するかというプロパティ。

映像業界では「48000ヘルツ」が標準値になっているようです。

ちなみに音楽業界では少し低い「44100ヘルツ」を採用しています

一方、「ビットデプス」は「音の解像度」を意味します。

値が大きいほどサンプルした音の振幅の幅が増えるんですね。

 

ただし、これらのプロパティは大きいほどいい、というわけではありません。

機材の諸条件にもよりますので、プロパティの無闇な上げすぎにご注意ください。

わたしは初心者ということもあり『ビデオグラファーのための音声収録&整音ハンドブック』に書いてあった

  • サンプルレート:48000 Hz
  • ビットデプス:24 bit
  • チャンネル:モノラル

に設定して録音しました。

一見、チャンネルはステレオで左右に音を振り分けて録音したほうがよさそうですが、ナレーションはモノラルで出力を1つに絞った方が明瞭に聞こえるのですね。

 

録音を開始する

ふう。これでいよいよ録音です。

設定が終わったら、録音をスタートしましょう。

ファイル下の「赤ボタン()」で録音を開始できます。

もしくはショートカットキー「Shift + Space」でもOK

 

録音を停止したい場合は「停止ボタン □」もしくは「Spaceキー」で止めましょう。

Image from Gyazo

 

書き出す

あとは録音音声を書き出すだけ。

ファイルから「書き出し」へ進と、ファイル形式を選べます。

Image from Gyazo

おすすめは非圧縮の「WAV」ですが、Auditionでは書き出し形式が豊富に用意されています。

Auditionなら以下の形式で書き出せるので、必要に応じてファイル形式を変えてみてください。

 

実際にやってみた

ということで、実際にAuditionで音声を録音しみました。

 

サンプルレート検証

【サンプルレート:48000、ビットデプス:24、チャンネル:モノラル】

 

【サンプルレート:64000、ビットデプス:24、チャンネル:モノラル】

 

【サンプルレート:192000、ビットデプス:24、チャンネル:モノラル】

 

ビットデプス検証

【サンプルレート:48000、ビットデプス:8、チャンネル:モノラル】

 

【サンプルレート:48000、ビットデプス:16、チャンネル:モノラル】

 

【サンプルレート:48000、ビットデプス:24、チャンネル:モノラル】

 

【サンプルレート:48000、ビットデプス:32、チャンネル:モノラル】

 

チャンネル検証

【サンプルレート:48000、ビットデプス:24、チャンネル:モノラル

 

【サンプルレート:48000、ビットデプス:24、チャンネル:ステレオ

 

【サンプルレート:48000、ビットデプス:24、チャンネル:5.1

 

 

うんやはり、他の条件も色々試して録音しましたが、サンプリングレートやビットデプスが高いほどいい音が取れるわけではない、と気づきました。

逆にこれらの値が高すぎると、拾いたくない音まで拾ってしまう、という欠点が!

結果的に、映像で使う音声として扱いづらくなってしまうのですよ。

 

ただ実際に検証してみるとビットデプスは24よりも「32」の方がクリアに聞こえる感覚がありました。

したがって、今後のナレーション録音は、

  • サンプルレート:48000 Hz
  • ビットデプス:32 bit
  • チャンネル:モノラル

でやっていこう、と決意したのでした。

Auditionをご利用中の方は、ぜひご自身の音声を録音してみてください。

 

それでは!

Ken



AEの作業を効率化!
After Effectsのショートカットポスター

Adobe動画制作ソフトAfter Effectsで便利なショートカットキーを把握できるショートカットキーポスターをどうぞ。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。