【Premiere Pro】BGMの終わりをリバーブでクールに決める方法




 

BGMを挿入した動画を編集すると、気になってくるのが

BGMの終わり方

です。

音楽が突然尻切れになってしまったら、唐突すぎて違和感が残り、せっかくの動画も台無しに!

わたしはこの「BGMしりぎれ対策」として、BGMをフェードアウトさせるショートカットキー「command + Shift + D」を発動してきました。

これはこれで尻切れていないので良いのですが、『ビデオグラファーのための音声収録&整音ハンドブック』という本でもっとクールなBGMの終わらせ方が紹介されていたんです。

それは、

リバーブで音を飛ばす方法

です。

 

動画のBGMをリバーブでクールに終わらせる方法

物は試しということで、実際にPremiere Proでやってみました。

 

BGMの最後をカット

まずはBGMのオーディオクリップの最後をカット。
Image from Gyazo
映像クリップよりも少し長めにオーディオクリップの長さを取り、その映像の映像クリップよりはみ出した部分をレーザーツールでカット。

 

エフェクトを探す

今回使うのは「コンボリューションリバーブ」というエフェクト。

エフェクトウィンドウで「コバボ」と検索すると出てくるはず。
Image from Gyazo

エフェクトを適用する

そしたら、そのリバーブエフェクトをドラッグ&ドロップして、先程飛び出した分だけカットした小さいクリップに適用。
Image from Gyazo

詳細設定

エフェクトを適用したオーディオクリップを選択状態で、コントロールパネルで微調整。

先程の「コンバルジョンリバーブ」の項目が出てきているはずなので、そこで編集をクリック。

リバーブの詳細設定ウィンドウが出てきますよね?

Image from Gyazo

そこで以下のようにプリセットを設定してから、

  • プリセット:バックステージ
  • 空間:洞窟

各数値を微調整してみましょう。

設定項目 数値
ミックス 65 %
ルームサイズ 94 %
低域ダンピング 62 %
高域ダンピング 43 %
プリディレイ 0 %
169 %
ゲイン -1.2 dB

すると、このように尻切れていたBGMが、

このように超クールに。

じつはこの手法、『ビデオグラファーのための音声収録&整音ハンドブック』によるとテレビでよく使われている手法らしく、映像制作のプロ達はただBGMをフェードアウトさせるのではなく、クールに終わらせる技を心得ているようです。

なんでしょう、この方法でBGMを終わらせると、どっかのアーティストの楽曲を聞いた時のような感覚で爽やかな終わり方を演出できます。

自身の映像に、他者が作成したBGMを挿入すると、映像とBGMが同時に終了するという奇跡は起こりません。

どうしてもBGMを映像の尺に合わせる必要でできます。

BGMの長さを短くしたら、リバーブでクールに終わらせ、動画の終わりまで見せ場を作ってやりましょう。

 

それでは!

Ken

 

【参考文献】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。