【デジハリ】ネット動画ディレクター専攻で80時間勉強してきた体験談




デジハリのネット動画ディレクター専攻3ヶ月勉強してきた体験談

修行のために3ヶ月、デジタルハリウッドのネット動画ディレクター専攻で勉強してきました。

まったくの初心者からのスタートだったのでいろいろ大変でしたが、この講座のおかげで動画制作をスタートできました。

今日はこの経験を生かし、

デジハリのネット動画ディレクター専攻で何の勉強にどれくらい時間をかけたのか?

を書いておこうと思います。

 

イラストレーター(2019年2月20日〜27日:総勉強時間9時間21分)

最初に勉強したのがイラストレーターの使い方。

イラストレーターは簡単に言ってしまうと、

イラストをゼロから作り上げるソフトです。

僕自身、ブログでちょくちょく使ってきましたが、完全に我流。

師匠はいなかったので、デジハリで学びなおすことにしました。

 

当時の日記を振り返ってみると、

やっとベジェ曲線の意味がわかった

とか

パスファインダー、鉛筆ツールがすごい

とか

各種ショートカットキーが参考になる

など新しい発見があったようですね。

 

中年男性がキャプチャー動画で解説してくれるスタイルで、わかりやすかったです。

僕はイラストレーターをある程度触ったことがあったので、1.6〜2倍速で動画を見ていました。

 

あと、演習問題があった点も評価できます。

しっかりアウトプットする機会も設けられていましたね。

僕は面倒くさかったので授業動画を見るだけで終わってしまいましたが笑

学習スタイルは、自宅でタブレットで動画を見て、 MacBookでイラストレーターを触っていきました。

 

Photoshop(3月1日〜6日:総勉強時間5時間41分)

次に勉強したのがフォトショップの使い方。

こちらは画像を編集するソフトです。

 

After Effects で実写映像と合成するときに使ったり、後は Photoshop で作成した PSDというファイル自体をPremiereやAfter Effects に読み込む時に使います。

やはり動画制作のために Photoshop の使い方はある程度マスターしておく必要がありますね。

 

イラストレーターと同様、完全に我流でフォトショップを使ってきたので、これを機会に1から学び直させてもらいました。

参考になったのが

  • 描画色・背景色との違い
  • 画像から邪魔なものを消す方法
  • ラステライズ・スマートフィルターの使い方

などですかね。

独学では知りもしなかったことを教えてもらい、有意義な時間を過ごさせてもらいました。

講師はイラストレーター授業と同じでしたので、学習スタイルもイラレ時と一緒でした。

 

フォント概論(3月7日:総勉強時間16分)

フォントを作っているモリサワフォントの社員が講義してくれる動画です。

内容が薄かったので早送りにして、ちょくちょく内容をスキミングしてスライドを見ながら終了しましたね笑

うーん、正直ちょっと残念でした。

 

After Effects・Premiere 基礎(3月9日〜27日:総勉強時間23時間19分)

グラフィックの基礎が終わり、動画制作の基礎に入っていきます。

ここで学ぶのは、

  • After Effects
  • Premiere

の使い方。ただ、まあ、大体 After Effects の内容でしたね。

 

序盤では割とつまらないことを細かくやるので、先行きが不安でしたが、4つ目のサンプル動画でAfter Effects の楽しさに目覚めました。

Image from Gyazo

いやあ、AE奥が深いな!

 

あとは最後らへんに

エクスプレッションに出会えたのもよかったです。

エクスプレッションとは、プログラミングのようなスクリプトでオブジェクトの動きを制御したりする機能のこと。

まさかAfter Effectsでプログラミングが出てくると思わなかったので、奥深さに身震いがしましたね。

授業動画の形式は、男性が一人で淡々と喋っているような動画。

1〜1.6倍速で見ました。

キャプチャー動画で解説してくれるので操作に迷うことはなく、超初心者でも十分に学べる内容でした。

 

After Effects応用 (3月29日〜4月13日:総勉強時間26時間3分)

After Effects の応用に入ってきます。

基礎編とは講師が変わり、3人体制で授業してくれます。

  • 先生
  • 助手のフランケン
  • 博士

という登場人物がいて、めちゃくちゃ面白い!

コンテンツとして優れていて、見るのが毎回楽しみでした。

 

しかも、基礎から復習できるカリキュラムになっていて、置いてけぼりになることはありません。

主にオリジナルキャラのサンプル動画を作りながらAfter Effectsを勉強していきました。

よかったのが、

AEで大事な概念を説明してから、具体的な操作商法を解説してくれたということです。

After Effects応用の動画を見ると、

基礎編でなんとなく学んでいたことをしっかり整理できました。

 

また、面白いだけでなく「現場の地獄」を見せてくれたのも良かったですね。

特にマスクの範囲を選択するところとかがきつかった。。。

ベジェ曲線でチマチマやらなければならず、オペレーションで死にそうになっていたのですが、

「こういうことを動画制作の現場では新人がやらされるんだよね、フランケン」

「はい、そうっす。僕らはこれでお金稼いでるみたいなもんですから」

みたいな絡みがあって、リアルを知れたものよかったです。

 

CINEMA 4D Lite (4月13日〜16日:総勉強時間3時間33分)

After Effects と連携しやすい3DGソフトの CINEMA 4 D LITE の使い方です。

ライトバージョンならば After Effects ユーザーが無料で使えて、新たなソフトの購入は必要なし。

授業をしてくれるのはAfter Effects応用と同じで、

  • 先生
  • 助手のフランケン
  • 博士

の3人。ただ、博士の中の人は変わってしまいましたが。。。

 

この CINEMA 4D LITE では、

空間上に立体を作って、アニメーションをつけられるのです。

「CINEMA 4D LITE 使うとこんなことができるのかよ・・・!」

と表現の幅が広がりすぎてワクワクしたのを覚えています。

特にすごかったのが、

ランダムに山を振動させる表現

ですかね。

うねうねと動く火山の動きをいとも簡単にCINEMA 4D LITEで表現できました。

ただ、コンテンツ自体もボリュームはなく、触りだけ。

興味がわいたら独学で CINEMA 4 D LITE を勉強していく必要がありますね。

 

ダヴィンチ(4月13日:総勉強時間28分)

映像の色味を編集できるソフト「ダヴィンチ」。

プロのカメラマンも最近はAdobeよりもダヴィンチを使うようになっているみたいでした。

ぼくもできればダヴィンチの使い方を学びたかったのですが、

全体的に重かった・・・!

素材も容量ありすぎるし、ダヴィンチ自体の重さも半端ない。。。

また、授業動画は面白くなく、ダヴィンチを作っている会社の人が淡々と語るもの。。。

結局ぜんぶ見ずに終わってしまいました。

とりあえず Adobe のソフトを極めてからダヴィンチに移行しようと思います。

 

ネットマーケティング実践(4月17日:総勉強時間1時間45分)

続いて、動画をどのようにマーケティングの現場に活かしていくのかの動画。

講義してくれたのはネットマーケティング会社の方ですね。

内容としてはあまり参考になることはなく、すでに知っていることばかりだったので、スキップしながら見てました。

広告会社で仕事したい方は見ておくべき内容だと思います。

 

シナリオ講座(4月19日:総勉強時間40分)

後はシナリオ講座も収録されていましたね。

映像制作会社の方が、

どのように良い動画の構成を考えているのか?

を教えてくれた講座でした。

ただ、特に印象に残ることがなく、あまり学ぶことはなかったなと思います。

 

 

デジハリのネット動画ディレクター専攻では「After Effects応用」が一番よかった

以上がデジハリのネット動画ディレクター専攻で勉強してみた体験談でした。

計算してみたところ、全体で

71時間9分

勉強していましたね。

1周目のみの勉強時間なので、2周目で必要なところ復習したりしたので、おそらく、

3ヶ月で80時間ぐらい勉強時間を投下したと思います。

 

総じて思ったのが、

After Effects 応用のカリキュラムが一番面白かった

ということです。

3人の解説者がいて絡みが面白かったですし、何よりも「ためになるコンテンツ」でした。

After Effects応用までしっかり見てよかったと振り返ります。

 

僕がオススメする「After Effects応用」のカリキュラムは、デジハリのネット動画講座の中でも

  • ネット動画ディレクター専攻
  • ネット動画クリエイター専攻

の2つしか見られないようになっています。

そのため、デジハリでネット動画制作を学ぶなら上のどちらかの講座がいいですね。

詳しくは「デジハリのネット動画講座の比較」を参考にしてみてください。

 

それでは!

Ken



AEの作業を効率化!
After Effectsのショートカットポスター

Adobe動画制作ソフトAfter Effectsで便利なショートカットキーを把握できるショートカットキーポスターをどうぞ。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です