初心者が「動画編集のフリーランス」を目指すブログに路線変更




 

このブログは今まで、

レベル0の素人がYouTuberを目指す

という趣旨のはずでした。

しかし、今回、そのサブタイトルを変えることにしました。

ズバリ、

初心者が動画編集のフリーランスで食っていくためにはどうすればいいか?

です。

 

なぜこのように

YouTuberになる

という目標から

動画編集のフリーランスになる

に変えたのでしょうか?

 

まず「YouTuber」の定義が広すぎたのが一因ですね。

YouTubeに動画をアップロードすれば「YouTuber」。

スマホで動画を撮ってアップロードすりゃユーチューバーになれちゃいます。

その意味で、YouTubeチャンネルを開設して動画をアップロードしたぼくは紛れもなく「YouTuber」になりました。

 

がしかし、みんながなりたいのはそんな「虫けら」のようなYouTuberではなく、

稼げる、人気のある、影響力のあるYouTuber

でしょう。

 

がしかし、このゴールまでの道のりは遠い!

そして「目標に限界がないこと」に気づいたのです。

どこまで人気になればいいのか、誰を倒せばいいのかわからず、

ゴールがないマラソンと同じではありませんか。

 

また、YouTuberの世界は圧倒的にロングテールの世界。

人気で稼げるYouTuberはほんの一握りですが、その報酬は青天井。

しかし、大体数のYouTuberは稼げずに終わっているか、細々と銭を稼いでいるかの2択でしょう。

その一因としては、

YouTubeの「広告収入発生条件」の厳しさが挙げられます。

 

2019年12月現在、

1,000人以上の登録者がなければ広告収入は発生しない

というルールになっています。

YouTubeで食っていくためにはこの「登録者数1000」を超えなければなりません。

 

それゆえ、おそらく、世の中には

YouTuberを目指して動画をアップロードしたけど挫折した

というゾンビのような「YouTuber予備軍」がうようよいると推測します。

 

そこで、今回、趣旨を変えます。

動画編集の初心者が、コツコツ技を磨くことで、

動画編集の仕事を受注できるフリーランスになろうぜ

というブログを目指すことにしました。

 

一旦、才能とか、人を受けとか、人気とか置いといて、

ゼロレベルから動画編集でお金を稼ぐことを目指します。

クライアントから動画編集案件を受託し、満足のいく仕事をして、報酬を得る、という動画編集を生業としようではありませんか。

 

案件受託でもいいので「動画編集」でお金を稼げるようになれば、それはもうプロです。

動画編集のスキルを磨きながら銭を稼げますし、仕事のポートフォリオも広がります。

何よりも嬉しいのが、

動画編集のフリーランスはパソコン1台さえあればできる仕事

だという点。

場所にとらわれない働き方ができるはずです。

 

ということで、このブログは、一旦、

動画編集のフリーランスをゼロレベルの初心者から目指す

という趣旨に変更し、可能性を探っていきますよ。

 

僕と同じように、

「動画編集を1つの稼げる手段として磨いていきたい」

「動画編集のフリーランスとして独立したい」

という方は共に頑張っていきましょう。

 

それでは!

Ken



AEの作業を効率化!
After Effectsのショートカットポスター

Adobe動画制作ソフトAfter Effectsで便利なショートカットキーを把握できるショートカットキーポスターをどうぞ。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です