AirDropが便利すぎる!iPad Proで撮影した動画をMacに2秒で移動させる方法




 

昨今のiPad Proには高性能カメラが備わっていることから、動画撮影機材としても十分に機能します。

当然、動画を撮影したら気になるのが、

撮影した動画をパソコンに移動させる方法。

iPad Proがいくら進化したとはいえまだまだ動画編集の主戦場はパソコンですから。

今日はそんなiPad Proで撮影した動画をパソコン (というかMac)に移動させる方法を紹介します。

 

iPad Proで撮影した動画をMacに2秒で移動させる方法

iPad Proからマックに動画を移動させる方法はいくつかあると思うんですが、もっとも早く、そして便利なのが

AirDrop

を使う方法です。

AirDropとは、アップル系のデバイスに内蔵された便利な機能の1つ。

同じ無線電波に接続しているApple機器同士ならば、Bluetooth無線でデータのやり取りができるんです。

 

同じWi-Fiに接続する

ってことで、お手持ちのiPad ProとMacを同じWi-Fiの電波に接続しましょう。

例えばMacを「Wi-Fi A」に接続しているとしたら、iPad Proも「Wi-Fi A」に接続すればいいのです。

 

AirDropで共有

お次はiPad Proで撮影した動画を選択して共有。

AirDropを選びましょう。

そして動画を移動させたいAppleのデバイスを選択。

今回はご自身のMacですね。

選択肢にMacが出ない場合は、Bluetooth設定がオンになっているか確認してみてください

 

これだけでiPad Proで撮影した動画を何と、

1~ 2秒という超短時間で移動できるのです。

いやあ、すごい。AirDropという技術は素晴らしいですね。

iPad Proで撮影した高品質な動画を優先で繋がずとも、カードを挿したり抜いたりせずとも、移動できるんですから。

iPad Proで動画を撮影したらAirDropでご自身のMacに移動させて編集してみましょう。

 

それでは!

Ken

 

【参考記事】

 



AEの作業を効率化!
After Effectsのショートカットポスター

Adobe動画制作ソフトAfter Effectsで便利なショートカットキーを把握できるショートカットキーポスターをどうぞ。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。