iPadで手書きしたSVGをVideoScribeで表示させる方法【Vectornator活用編】




 

なるほど、SVGファイルを適切に用いればVideoScribeで手書きのアニメーションを自作できると判明しました。

こうなると、やってみたくなるのが

iPadで手書きしてSVGを作ることです。

パソコンだとマウスで手描きするので、手書き感にも限界があり、平仮名を書くのがやっとです。

より自然の手書きを書くならば、ペンで操作してSVGファイルを作成したいところですよね。

 

一方、パソコンではなくiPadならば「Apple Pencil」という魔法のツールがあります。

ペンでディスプレイに線をかけるので、正真正銘の手書きSVG ファイルを生み出せそうです。

今回使ったのはiPadの「Vectornator」という無料アプリです。

鉛筆ツールで描く

イラストレーターと使い勝手はだいたい同じ。

使うツールは「ペンツール」または「鉛筆ツール」です。

つまりは「ベジェ曲線」で線を描けるツールを使っていきます。

似たようなものにブラシツールもありますが、残念ながらベジェ曲線を生み出せず、VideoScribe向きではありません。

 

オススメはペンツールよりも「鉛筆ツール」。

鉛筆ツールならばペンで書いた通りにすらすらベジェ曲線を生み出せます。

より自然な手書きを作りやすいでしょう。

一方、ペンツールはベジェ曲線の扱いに慣れたクリエーターの方におすすめ。

 

SVGファイルで書き出す

手書きの絵をかけましたら、右上から書き出しましょう。

するといくつか方法が表示されます。

どの方法を使ってもかまいませんが、おすすめはパソコンのイラストレーターに転送できる「Send to Illustrator」。

これならものの数秒でiPadからパソコンのイラストレーターの編集画面に遷移できます。

 

パソコンのイラストレーターで書き出す

ただし、iPadで生み出した「生のSVGファイル」では、VideoScribe用の細かい設定はできません。

そこでパソコンのイラストレーターで、iPadで生み出したSVGファイルを再度読み込み、専用の設定を施してから書き出します。

 

SVGファイルで自作アニメーションを作る方法」でも紹介しましたが、VideoScribe用にSVGを書き出すときにはオプションで

スタイル プレゼンテーション属性
画像 埋め込む
レスポンシブ チェックはずす

最終的にパソコンのイラストレーターで書き出したSVGをVideoScribeで読み込むと、iPadで描いた通りの手書きの表現ができるでしょう。

 

iPadの「Vectornator」でSVGファイルを書き出せば、これまで弱点とされていた日本語も手書きで作成できます。

もっと複雑なドラえもんのようなイラストも、あら簡単。

Image from Gyazo

iPadはSVG制作と相性の良いデバイスなので、お持ちの方はiPadでVideoScribe向けのSVGファイルを作成してみてください。

 

それでは!

Ken



AEの作業を効率化!
After Effectsのショートカットポスター

Adobe動画制作ソフトAfter Effectsで便利なショートカットキーを把握できるショートカットキーポスターをどうぞ。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。