Quick Time Playerを駆使せよ!Macの内蔵カメラで動画撮影する方法




Macのカメラで動画撮影できるの??

YouTube の動画を自分で作成するためにやりたかったのが、

MacBook に内蔵されているカメラで動画を撮影する

という手法。

じつは MacBook Pro にはディスプレイ上部に小さなカメラが付いていて、「Face Time HD カメラ」と呼んでいるみたいですね。

mac カメラ 動画撮影

このカメラを使えば自撮りになりますが、動画を撮影できました。

今日はそのうち最も簡単で分かりやすかった方法を紹介しますね。

 

Quick Time Playerを使ってMacの内蔵カメラで動画撮影する方法

今回僕が紹介するのは Macにデフォルトでインストールされている

QuickTime Player

を使う方法です。

mac カメラ 動画撮影

 

QuickTime Player

まずは QuickTime Player を立ち上げます。

ローンチパッドでquickと検索してやれば、QuickTime プレイヤーが出てくるんじゃないですかね。

 

新規ムービー収録

上メニューの「ファイル」から

新規ムービー収録

を選んでやります。

mac カメラ 動画撮影

ショートカットキーだと

command +option + N

みたいですね。

 

するとMacbookの内蔵カメラが立ち上がり、 Macを操作している自分が写ってしまうと思います。

LEDが緑色に点灯しているならばカメラが作動していることになります。

 

録画スタート

中央の「録画ボタン」をクリックすると、録画がスタートします。

もう一度そのボタンを押せば停止になりますね。

 

保存する

せっかくなので、Macで撮影した動画を保存しておきましょう。

QuickTime Player の画面を閉じようとすると、

保存しますか

と聞かれますので、保存します。

mac カメラ 動画撮影

「名前を付けて保存」すれば、どこにでも保存できるでしょう。

 

こんな感じで、 Web カメラを買わずとも MacBook さえあれば自撮り動画を撮影できてしまいます。

MacBookをお持ちの方は試してみてくださいね。

 

 

音ズレを防止する

このQuick Time Playerで生成されるのは.movというアップル独特のファイル形式の動画です。

じつはこのmovの動画をPremiereなどアップル以外のソフトで読み込むと、

音ズレが発生することがります。

Premire Proで動画編集をしたい方は撮影後にmovからmp4にiMovieで変換しておきましょう。

 

今回は内蔵カメラを使った撮影方法を紹介しましたが、Macではありがたいことに画面収録もできちゃいます。

しかも、頑張れば「内部音声のみ」で撮影もできるのでゲーム実況なども対応可能です。

MacBook Proを活用してガンガン撮影していきましょう。

 



AEの作業を効率化!
After Effectsのショートカットポスター

Adobe動画制作ソフトAfter Effectsで便利なショートカットキーを把握できるショートカットキーポスターをどうぞ。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です