MacBook Proでスクリーンを画面録画する方法




MacBookで画面録画したい!

 

MacBook Proを使っていると、

画面収録したい時

ありますよね?

 

例えば、動画制作のソフトの使い方、プログラミングの方法などなど、PC上で操作しながら説明するときです。

そこで便利なのが、

Macのスクリーン画面を映像で記録する方法です。

僕自身、スクリーンキャプチャー動画に挑戦しました。

無事に「Premiereでアニメーションを作る方法」を作れましたので、今日はそのMacの画面録画のやり方をまとめてみました。

 

 

MacBook Proで画面録画する方法

やり方は次の6ステップです。

 

QuickTime Playerを立ち上げる

Macユーザーならば誰しもデフォルトで入っているソフト「QuickTime Player」で画面収録します。

mac カメラ 動画撮影

 

有料ソフトを別途購入する必要はありません。

Launchpadから「QuickTime Player」を検索して立ち上げましょう。

mac 画面録画

 

「新規画面収録」を開く

続いて、上のメニューから

ファイル>新規画面収録

と進みます。

mac 画面録画

ショートカットキーなら

control + command + N

または

Shift + command + 5

でも画面収録を起動できますね。

 

撮影範囲を決定する

すると、画面上に点線が出てきませんか?

その点線をドラッグ&ドロップして大きさを調整します。

mac 画面録画

点線内をキャプチャー動画で撮影できることを意味しますね。

 

画面全部でいいならば「画面全体を収録」でいいでしょう。

mac 画面録画

 

音声を設定する

初めてMacで画面収録すると、

「あれ、音声入ってなくね・・・?」

となるかもしれません。

そういう時は「オプション」で設定しますよ。

mac 画面録画

画面収録のオプションでは、

  • ファイルの保存先
  • タイマー
  • マウスクリックを表示

などありますが、今回は「マイク」に注目してください。

Image from Gyazo

デフォルトでは「なし」になっています。ここで

MacBook Proのマイク

を選ぶと、MacBook Pro内蔵の無指向性マイクで音声収録できます。

また、この時外付けのマイクを接続していると、ここに別マイクの選択肢が出てくるので、そいつを選んでもオッケーです。

 

えっ。

MacBookの外の音ではなく、Macの「内部音声」を収録したいですって?

そういうときは「Background Music」というアプリが便利ですよ。

 

録画をスタート

そしたら、「収録」をクリックしましょう。

タイマーを設定していないと、ボタンを押した瞬間に録画がスタートします。

mac 画面録画

後は頑張ってキャプチャー動画を作ってみてください。

 

録画を停止

さて、あとは撮影をとめるだけ。

メニューバーにいくつかマークが表示されていると思いますが、

円に四角が入っているマーク

が画面収録を止めるボタンです。

収録をストップするときはこちらをクリック。

mac 画面録画

 

名前を付けて保存

すると、録画した動画がポップアップするんじゃないですかね?

その状態で

  • 動画の名前
  • 保存場所

を決めて保存。

mac 画面録画

これでキャプチャー動画は完成。

無料ソフト「QuickTime Player」でここまでできるなんてさすがMacです。

 

MP4に変換する

これで画面録画がとれたっちゃとれたのですが、まだやるべきことが1つ。

それは、

動画の拡張子をMP4に変換することです。

 

QuickTime Playerだと.movというアップル独自の形式で保存されます。

mac 画面録画

これでもいいっちゃいいのですが、AdobeソフトPremiereで編集すると音ズレが生じます。

 

Apple以外のソフトを使うときは.movというファイルから、他のソフトでも使える.mp4に変換してあげるのです。

MP4に変換しておくと、アップルのソフト以外でも不具合が出にくく、後々の動画制作がやりやすいです。

movからmp4への変換方法はこちらの記事を参考にしてみてくださいね。

 

それでは!

Ken



AEの作業を効率化!
After Effectsのショートカットポスター

Adobe動画制作ソフトAfter Effectsで便利なショートカットキーを把握できるショートカットキーポスターをどうぞ。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です