文章を音声にできる!Macのテキスト読み上げ機能の使い方




 

「動画に挿入するナレーション、誰か喋ってくれないかな・・・・」

とわらにもすがりたい時ありますよね?

そんなMacユーザーの方に朗報です。

なんと、Macならば無料でテキスト読み上げ機能を使えるのです。

しかも、男女の2通りで。

 

もちろん、日本語にも対応しています。

日本語のみならず、英語、中国語、韓国語、アイルランド語など、ありとあらゆる言語にも対応しているのでまさに地球規模で、テキストを音声ファイルに変えられる機能が実装されています。

今日はこの最強であり無料で使える

Macのテキスト読み上げ機能の使い方

を紹介します。

 

Macのテキスト読み上げ機能の使い方

まずは設定から。

macOS Catalina バージョン10.15.3の場合です。バージョンによって多少違いがあるかもしれません

 

声を選択する

まずは誰に喋らせるか決めましょう。

Macのテキスト読み上げ機能では、声を選べるのです。

システム環境から「アクセシビリティ」

mac テキスト読み上げ

「スピーチ」と進みます。

mac テキスト読み上げ

「システムの声」から読み上げてもらう声を選びましょう。

日本語の音声は、

  • Kyoko
  • Otoya
  • Siri(男女)

が用意されていて、人によっては既にダウンロードされているかもしれません。
Image from Gyazo
まだの方はチェックを入れてダウンロードしておきましょう。

ちなみに、Siriの音声は読み上げでしか使えず、音声は保存できませんのでご注意ください。

 

また、他の言語の追加も可能です。

「カスタマイズ」から成果したい音声を選んで「OK」を押すと、ダウンロードが始まりますよ。

Image from Gyazo

ちなみにアメリカ英語の「Tom」は475MBでしたね。

ダウンロードする前に再生ボタンを押すと、どういう声なのかチェックできますのでご安心ください。

 

読み上げてもらう

文章を読み上げてもらうのは簡単です。

読み上げてもらいたい文章をドラッグして文章を選択。

その状態で右クリックし、「スピーチ」から「読み上げ開始」を選んでやると、選択している文章が音声で読まれます。
Image from Gyazo

自分で書いた文章を読んでもらうのもいいですし、ネット上の記事を読んでもらうことも可能です。

Kyokoはこんな感じ、

Otokyaはこれです。

 

読み上げ速度調整

また、読み上げ速度も調整できます。

「読み上げ速度」のデフォルトは「通常」ですが、もっと速く読んでもらいたい時は右へ、もっとゆっくり読んでもらいたい時は左側にタブをずらすといいでしょう。

Image from Gyazo

ちなみに、遅いKyokoさんはこんな感じ。

速いKyokoさんはこれ。

 

ショートカットキーもある

読み上げには「ショートカットキー」が用意されていて、先ほどの設定画面の

キーを押した時に選択しているテキストを読み上げる

という項目にチェックを入れると、ショートカットキーを発動するだけで読み上げてもらえます。
Image from Gyazo
デフォルトではoption + escを押すと選択しているテキストを読み上げてもらえますね。

もちろん、ショートカットキーは変更できます。「キーを変更」からどうぞ

 

ポインタを重ねるだけもOK

またショートカットキーと言わず、マウスのポインターを重ねたら読み上げるようにすることも可能。

ポインタを項目に重ねたら読み上げる

にチェックを入れましょう。
Image from Gyazo
「指定の時間後」をいじると、どれくらいカーソルを文章に置いたら読み上げるのかも調整できます。

デフォルトの「短い」だと本当に一瞬で読み上げてしまうので、ちょっと右にずらすと、カーソルを一定期間置いた場合に読み上げてもらうように変更できますよ。

ちなみにこの「ショートカットキー」か「ポインタのカーソル」で読み上げてもらうようにすると、KyokoとOtoyaに加えて「Siriの音声」でも読んでもらえますよ。Siri音声は保存できないんですけどね。

 

音声を保存

じゃあ、読み上げてもらった音声を保存したい時はどうすればいいんでしょうか?

音声ファイルを保存しないと、動画制作で活用できませんよね。

そういう時は、先程と同じように文章を選択した状態で右クリックし、

「サービス」と進んで「スポークントラックとしてミュージックに追加」を選びます。

Image from Gyazo

それで名前を付けて保存すれば音声ファイルとして抽出できるのです。

保存場所は選べるようになっていますが、なぜか選んでもミュージックにしか保存されないのでご注意ください。

 

さて、iTunesに音声が追加されますが、ファイル自体は一体どこにあるんでしょうか?

ずばり、iTunesに追加した楽曲と同じで、

ミュージック > iTunes > music > Unknown Artist > Unknown Album

に「m4a形式」で保存されます。

mac テキスト読み上げ

こちらの音声ファイルはそのまま動画編集ソフトにぶち込んでも使える形式で、ファイル形式の変換の手間は不要。

いやー、テキスト読み上げ機能が無料で使えるなんてすごいっす。

 

Macのテキスト読み上げ機能を使ってみた感想

最後に使ってみた感想を書いておきます。

 

音声の調整は難しい

難点だったのが、音声を細かく調整できないことですね。

現状では「読み上げ速度」しか調整できません。

例えば、細かいイントネーション、アクセントなどは編集できないのです。

「あれ、Kyokoさん・・・ちょっと読み方変だぞ・・・・」

と思っても修正できないんですね。

句読点の位置、文末の言葉、クエスチョンマークの有無、平仮名、漢字、カタカナなどで読み方が変化します。

しかし、これらの変数をいじって、思い通りにコントロールするのは正直困難を極めます。

やはりテキスト音声をもっと細かく編集したいなら有料ソフトのVOICEROIDがオススメですね。

 

手軽すぎる

細かく調整できないとはいえ、テキストを音声に変換できる手軽さはピカイチ。

文章を選択して右クリックしてメニューを選ぶだけ。

Image from Gyazo

読み上げソフトすら起動しませんから。

 

多言語にも対応

驚くべきは「日本語以外の言語」にも対応している点です。

日本語のOSを使っていても、英語、中国語、韓国語などの外国語の読み上げ音声をダウンロードすれば誰でも使えるようになります。

確認してみたところ、メジャーどころの言語はすべてカバーしていて、英語に至っては国ごとのアクセントの違いまで再現しているっぷり。

外語で読み上げた音声を動画編集で使いたい時は重宝しそうです。

試しにアメリカ英語の「Tom」を使ってみましたが、なかなかいいですね。

英語学習にも使えそうですし、動画編集で英語の文章を読ませたい時にも活用できそうです。

Macの素晴らしい読み上げ機能は、Macユーザーならば無料で使えます。

ぜひ試してみてください。

 

それでは!

Ken

 

【参考動画】



AEの作業を効率化!
After Effectsのショートカットポスター

Adobe動画制作ソフトAfter Effectsで便利なショートカットキーを把握できるショートカットキーポスターをどうぞ。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です