MDR-CD900STをパソコンに接続する方法




動画の音質にこだわり始めて導入したのが「MDR-CD900ST」です。

MDR-CD900STは業界標準のモニターヘッドフォンということもあり、味付けされてない音声を自らの耳せで聞くことができます。

音楽製作者のみならず、動画制作する方もできれば標準装備しておきたいところです。

 

そんなMDR-CD900STには「耳が痛くなる」という問題がございまして、たまらずフカフカのイヤーパッド「stPad2-LR」を導入しました。

しかし、もう1つばかり、パソコンで利用するためにやらねばならないことがありました。

それは

プラグ規格の変換です。

オーディオ機器に使われるイヤホン端子の通称(フォーンプラグ)には次の規格が用意されています。

  • 6.5 mm
  • 4.4 mm
  • 3.5 mm
  • 2.5 mm

 

パソコンやスマートフォン、オーディオプレイヤー、つまり「音を消費する方」が使うのは「3.5 mm」という規格です。

これは通称「ミニ」と呼ばれているものです。わたしが保有しているMacBook Pro 15 インチについているイヤホン端子も3.5 mmのものでした。

 

 

一方、音楽制作側で使われているのは「標準プラグ」と呼ばれるもの 6.5 mmのプラグです。

音楽製作者による利用が想定されている「MDR-CD900ST」でも、もちろん6.5 mm の標準プラグが採用されています。

つまりは、スマホやパソコンのイヤホン端子よりも少しばかりでかいのです。

一方、パソコンでは「3.5 mm」のミニプラグが採用されています。

パソコンでMDR-CD900STを使うためには、

6.5 mm から3.5 mmに変換せねばなりません。

 

「う、わ、またアダプタ噛ませるのかよ」

と不安が頭をよぎったかもしれませんが、ご安心ください。

 

今回変換で使うアダプターはものすごくさりげないものです。

アダプターの存在を忘れてしまうほど、さりげない変換プラグなので、1度導入してしまえばアダプター経由でヘッドフォンを接続していることなど忘れてしまうほど。

ちなみにわたしはELPAの「‎PA-106」という変換プラグを導入しました。

ズバリ、メス側の端子6.3mmの標準プラグから、オス側の3.5 mm のミニプラグに変換できる代物です。

この変換プラグをMDR-CD900STの標準プラグ側に差し込み被せ、その逆側にあたるオス側を3.5 mm の端子をパソコンにさせばいいのです。

ちなみに、MacBook Proにこの変換プラグ経由で接続するとこんな感じ。

うん、ちゃんと聞こえてきますね。

ただし、注意点としては、しっかり奥まで変換プラグをかませる、ということ。

中途半端にさすと、MDR-CD900STの片側からしか聞こえてこない不具合が出てしまいます。

変換プラグを用いてMDR-CD900STを使う時は、挿し具合に妥協してはいけません。

しっかりと奥まで入ったことを確認し、その状態でパソコンに接続してみてください。

 

この変換プラグさえあればMDR-CD900STを3.5 mm のオーディオ機器(パソコンやスマホ)に接続できるはず。

もちろん、変換プラグなしなら、6.5 mm の標準プラグに対応したオーディオインターフェイスにも接続できます。

動画編集で音にこだわりたくMDR-CD900STを導入した方は、PCで利用する予定ならば変換プラグも合わせて導入くださいませ。

 

それでは!

Ken

 

【参考記事】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。