動画撮影の照明に使える!NeewerのLEDビデオライトを導入してみた




動画撮影に照明は必要??

自分でYouTubeなどの動画を撮影するために必要な機材があります。

それは何気に、

照明

です。

 

照明なしでもまあ別に問題ありません。

自然光または室内の明かりだけでもカメラさえあれば動画を撮影できますからね。

しかし、これだと、撮影の時間帯や、外部の天候、室内の窓の多さなどに影響されます。

また、動画撮影に最適な光を当てることもできません。

 

『世界一やさしい ブログ×YouTubeの教科書』にも照明の重要性が触れられていて、

ここで知っておいてほしいのが、照明機材は1つだけではなく2つ以上準備すると言うことです。照明を1つだけ人や物に向けると光の反対側に影ができてしまいます。そーゆー演出と言う事ならかっこいいのですが、一般的には影がつくと、硬い位動画になってしまいます。これを捨てる方法が、採用情報から照明を当てる方法です。照明を一方から当てると光の反対に影ができます。 反対からも光を当てると先程の鍵がなくなり、商品や人物がくっきりと浮かび上がるように明るくなります。この対応するためには2つ以上の照明器具が必要になります。

『世界一やさしい ブログ×YouTubeの教科書』168ページより

と書かれていました。

なるほど。

影ができぬように、左右2箇所から光を当てて撮影するべきなのですね。

 

今まで動画動画撮影において、照明なしでやってきましたので、たしかに「暗くて硬い動画」に仕上がっていた感があります。

そこで、思い切って、動画に使えるLEDライトの照明を導入してみたのです。

その名も

NeewerのLEDビデオライト

です。

今日はこちらのLED照明のスペック、使い方、使ってみた感想を紹介しますね。

 

NeewerのLEDビデオライトの基本スペック

まずは基本スペックから紹介しましょう。

 

NeewerのLED照明ライトは次のような内容物。

  1. LED照明ライト
  2. ライトスタンド

が2セットずつついているので、2方向から光を当てられる照明機材ですね。

 

照明には「66個のLEDライト」が取り付けられており、電源は「USBタイプA型」で補給します。

ライトのサイズを測ったところ、

縦9.5cm・横 14cm

ありました。

ちなみに、質量はというと、ライト1個あたり85.2 g。

スタンドは201.9 g だったので、1LED照明あたり、合計で 287.1g。

こいつが2パック付いているので、合計で574.2 gの質量ですね。

1kg以内で持ち運びしやすいライトです。

 

ちなみにスタンドの高さはどれぐらいかというと、

  • 最小高さ:22.5 cm
  • 最大高さ:116 cm

です。

この間で高さを調整できるので、いろんな撮影シチュエーションに対応できますね。

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71at2iTab0L._AC_SL1500_.jpgより

 

 

NeewerのLEDビデオライトの使い方

続いては、LED照明の使い方です。

 

組み立てる

まずはLEDライト三脚に取り付けて組み立てましょう。

組み立て方は簡単で、各パーツにネジがついているので、それをくるくると回してやるだけ。

すると、離れ離れだった3つのパーツを1つに合体。

これでLEDビデオライトの完成です。

 

フィルターを選ぶ

先程もチラッと触れましたが、ビデオライトのセットには4色のフィルターが付属されています。

のフィルターをLEDライトの前に取り付けられ、様々な色の光を演出できるのです。

 

電源を入れる

準備が整いましたら、あとは電源を入れるだけ。

LEDライトにはUSBのタイプA型の端子が付いているので、そちらから電源を供給できます。

LEDライトのUSB端子をパソコンのUSB端子に挿しても使えますし、スマホのように充電器を使っても構いません。

 

スイッチを操作

LEDビデオライトのコントローラーは次の3つのコマンドが用意されています。

照明をつけたい時は中央の「ON/OFF」を押して電源を入れたり切ったりしてみてください。

ちなみに、青色のライトが点灯していれば、スタンバイ完了を意味しますよ。

 

明るさを調整

そして、コントローラーの上下のボタンを押すと、ライトの明るさを調整できます。

10段階で調整できるので、撮影用途に応じて明るさを調整してみてください。

「サイエンスジャーナル」で明るさを測定してみたところ、約30 cmから離れた場所から光を当てると、次のように光の強さが変化しました。

 

 

NeewerのLEDビデオライトで撮影してみた

準備が整ったので早速撮影してみました。

 

照明の当て方

動画撮影における照明の当て方は、『世界一やさしい ブログ×YouTubeの教科書』に書いてあった通り、

左右の2か所から演者(自分)にライトを当てました。

1つのライトだけでは、反対側に影ができてしまうからですね。

ただ、カメラよりも手前側にライトを置くと、映像にライトの光が映ってしまいます。

そこで、カメラにライトが映らないように、演者の左右斜め前に2つのライトは置いて撮影してみました。

 

するとどうでしょうか??

ライトを左右2箇所からあてると、まるで演者が別人!!

これが照明なし、

片側ライトのみ、

そしてこれが左右両側。

 

肌がくっきり写ってしまいますし、何か健康そうなイメージも湧いてきます。

本当に照明ひとつで見え方が違うとは驚きです。

何かカメラ越しというより、対面で生に演者を見ているかのように撮影できますね。

試しに一方向だけから照明を当ててみましたが、やはり逆側に影ができてしまいますね。

 

まさかこんなに照明2つでこれほど見え方が違うとは思いませんでした。

この経験からテレビの出演者(特に女性)が照明にこだわるのも納得です。

なぜか数年前に世を風靡した鈴木その子さんをちらっと思い出しました。

動画撮影者はとことん照明にこだわるべきですね。

 

フィルターを変えてみた

先程は白い色のフィルターで撮影してみましたが、すでにLED照明ビデオライトの威力を痛感。

ただ、せっかくなので、調子に乗ってフィルターの色を変えてみました。

色は、

の3色。

実際に演者に対してフィルターありで撮影したところ、

人の撮影にはカラーフィルターは向かないのではないか

と思いました。

やはり人を写すならば白のライトで明るく照らしたほうが良さそうです。

 

ただ、なんとかカラーフィルターも活用したかったので、試しにもの(歯磨き粉)をフィルター付きの照明で撮ってみました。

すると、確かにカラーフィルターを入れて撮ると、雰囲気が違う歯磨き粉を撮影できました。

また、新しく発見だったのが、ものを撮影する時は、

片側からライトを当てるのも有りだということ。

片側からライトを当てると、逆側に影ができるので、立体感のある写真が撮れると気づいたのです。

まるでAfter Effectsでドロップシャドウを適用した時のごとく。

シャドウがドロップして、被写体が立体的に映るようになったのです。

やはり、物体の撮影でも照明の有無は大事だと痛感したのでした。

 

 

動画撮影するなら照明・ライトは必須!!

以上、NeewerのLEDビデオライトで撮影してみた感想でした。

このビデオライトは、

  • USB型(Type-A)
  • 軽い
  • 2パック入りなので左右からライトを照らせる
  • 4色のフィルター付き
  • 明るさを10段階でコントロールできる

などなど、メリットが満載。

試しに動画撮影用にLEDビデオライトを導入してみて良かったです。

動画撮影でこれまで照明なしでやってきた方は、ぜひビデオライトを導入してみてください。

きっと格段にクオリティを上げて動画撮影できるはずです。

 

それでは!

Ken



AEの作業を効率化!
After Effectsのショートカットポスター

Adobe動画制作ソフトAfter Effectsで便利なショートカットキーを把握できるショートカットキーポスターをどうぞ。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です