3分でわかる!After Effectsのヌルオブジェクトの使い方




After Effectsのヌルオブジェクトってなに??

After Effects の使い方でマスターしておきたいのでは

ヌルオブジェクトの使い方です。

ヌルオブジェクトとは簡単に言うと、

レンダリングしても動画内に表示されない空のオブジェクトのことですね。

よくプログラミングでも実態のないオブジェクトをNULLと表記しますが、そのヌルです、はい。

 

ヌルオブジェクトはスカスカのオブジェクトなので、

「いったい何の役に立つのか?いらねえよ」

と憤りを感じる方もいるかもしれませんね。

 

 

After Effectsのヌルオブジェクトはどんな時に活躍するのか?

ヌルオブジェクトはずばり、

複数のオブジェクトを同時にコントロールする時に活用します。

 

ヌルオブジェクトを複数のオブジェクトの親に設定すると、子供たちは親(ヌルオブジェクト)の動きに追随してくれるのです。

例えば、親のヌルオブジェクトを拡大するだけで、子供オブジェクトも同じ割合で拡大できます。

「拡大」だけではなく、不透明度・位置などキーフレームを打てるものならなんでもヌルオブジェクトを活用できます

 

After Effectsのヌルオブジェクトの使い方

今回は例として、

ヌルオブジェクトを使って複数のオブジェクトを拡大する方法

を紹介していきますよ。

同時に拡大させるのは「赤」と「黄」の星2つ。

After Effects ヌルオブジェクト 使い方

 

ヌルオブジェクトを作成する

まずはヌルオブジェクトを作成します。

レイヤー > 新規作成 > ヌルオブジェクト

と進むか、もしくはショートカットキーの Command + OPTION + SHIFT + Yを発動してみましょう(Macの場合)。

After Effects ヌルオブジェクト 使い方

すると、レイヤーには新しく「ヌルオブジェクト」が作成され、

Image from Gyazo

プレビュー画面内には「赤い四角オブジェクト」が表示されると思います。

After Effects ヌルオブジェクト 使い方

これがヌルオブジェクト。

プレビュー画面では表示されていますが、レンダリングすれば見えなくなるのでご安心ください。

 

親子関係にする

ヌルオブジェクト を親に設定しましょう。

子供レイヤーを選択した状態で「ナルトマーク」をドラッグし、ヌルオブジェクト に合わせてドロップします。

Image from Gyazo

 

ヌルオブジェクトにアニメーションを設定する

ヌルオブジェクトにアニメーションをつけていきます。

今回は例として、拡大のアニメーションを作っていきましょう。

0秒でスケールを0%にし、インジケーターを1秒移動させてスケールを100%に変更。
Image from Gyazo
すると、ヌルオブジェクトの拡大に合わせて、子供になっているオブジェクトも0から100%まで拡大することになります。
Image from Gyazo

さあ、After Effectsのヌルオブジェクトを使ってみよう

以上がAfter Effectsのヌルオブジェクトの使い方でした。

  1. ヌルオブジェクトを作成する
  2. 親子関係づけをする
  3. アニメーションをヌルオブジェクト につける

という3ステップでAfter Effectsのヌルオブジェクトを活用できたも同然。

ガンガンヌルヌルしていきましょう。

 

それでは!

Ken



AEの作業を効率化!
After Effectsのショートカットポスター

Adobe動画制作ソフトAfter Effectsで便利なショートカットキーを把握できるショートカットキーポスターをどうぞ。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です