ヌメっとした動画撮れる!スマホ用ジンバルOSMO MOBILE 2の使い方




ジンバルがすごすぎて即購入した

デジハリのリアルタイム授業でジンバルと出会ってOSMO MOBILE 2に一目惚れ。

帰宅したその日に購入しました。

だって、スマホを使うだけでこんなにヌメっとした動画が撮れちゃうのですよ?

正直、テクノロジーの進化に驚きを隠せません。

 

とは言っても、撮る景色も人もなかったので放置していましたが、ついに出番がきました。

OSMO MOBILE 2に慣れ始めたので、今日はその使い方を紹介しますね。

 

 

OSMO MOBILE 2を使う前の準備

まずは準備から。

 

アプリをダウンロードする

使うためにはスマホに「DJI GO」をインストールせねばなりません。

DJI GO
DJI GO
posted withアプリーチ

確かDJIのアカウントも必要。

まだアカウントがない方は登録してみてください。

 

充電する

ジンバルは電気で動くもので、充電しなければ使えません。

スマホ同様に充電しましょう。

白いLEDがすべて点灯したら充電完了。

OSMO MOBILE 2の説明書によると、

2時間で15時間駆動できる

だそう。

 

スマホ用のジンバル OSMO MOBILE 2の使い方

いよいよOSMO MOBILE 2を使っていきます。

 

スマホをOSMO MOBILE 2に取り付ける

まずはジンバルにスマホを取り付けましょう。

OSMO MOBILE 2には、スマートフォンを取り付ける部分があります。

かぱっと開いてかぱっとつけちゃいましょう。

ポイントは奥までグサッと刺すことです。

 

水平度を調整する

続いて、スマホの傾きを調整します。

調整した向きがホームポジションとなり、ボタンを押せば元の位置に戻ります。

したがって、この調整は何気に重要。

ここでずれると、いくらジンバルといえど傾いたおかしな動画に仕上がってしまいます。

 

ただ、水平度の調整方法はとても原始的です。

ダイヤルを緩めてアーム長を調整。

ヤジロベーのように、何もしなくても水平が保たれるようにします。

 

OSMO MOBILE 2の電源オンにする

準備ができたら、電源を入れましょう。

電源は「M」と書かれたボタンを長押しするだけ。

説明書によると、

1.5秒以上長押しする

と電源がつくのでやってみてください。

 

ペアリング

次はスマートフォンとジンバルをペアリングしていきます。

ペアリングとは、Bluetoothでジンバルとスマホを連携させること。

スマホでのDJIアプリを起動し、マシーンの種類を「OSMO MOBILE 2」に。

さらに、スマートフォンのBluetoothをオンにします。

すると、アプリ画面に「Bluetoothで接続できる機器リスト」が出てくるので接続。

成功すると、自ホームポジションにスマホの向きが整えられるでしょう。

 

録画スタート

さあ、録画をスタートしましょう。

録画開始時はスマートフォンを触る必要はありません。

OSMO MOBILE 2の赤い丸ボタンを押せばオッケーです。

録画を終わらせたい時はもう一回同じボタンを押しましょう。

 

カメラの向きを変える

撮影中にカメラの動きを変えたい時ありますよね?

そういう時は左上のボタンをいじっていきます。


スーファミのコントローラーのように、

の4方向に動くようになっていて、左に向ければ左に、上に向ければ上にカメラが向きます。

 

ホームに戻る

もし、最初の位置にスマホの向きを戻したい時はホームに戻りましょう。

ホームへの戻り方は「電源ボタン」を2回押すだけ。

すると、きゅっとスマートフォンの向きが戻りますよね。

 

ズームインできる

カメラなのでズームイン・アウトもできます。

左の「T・W」つまみを調整するだけでいいのです。

拡大も縮小も自由自在。

 

追跡モード

OSMO MOBILE 2がすごいのはここからです。

「追跡モード」が用意されていて、指定した物体がある方向に常にカメラを向けられるのです。

カメラ撮影の画面で「左下のアイコン」をタップ。

緑色にした状態で、追跡したい物体をスマホの画面上でタップしてみます。

追跡したい物体に、緑の四角が表示されたら追跡できていますね。

例えば、自撮りで自分を追跡すれば、常に顔が中心になる動画も撮れちゃいます。

いやあ、素晴らしい。

 

電源をオフにする

最後は電源のオフですね。

電源オンの方法と同じで、電源ボタンを1.5秒以上長押しすればオフにできます。

電源オフにしてから、スマートフォンを取り外しましょう。

 

ちなみに、OSMO MOBILE 2で動画を撮影するとこんな感じ↓

OSMO MOBILE 2はスマホを駆使して、ヌメッとした動画を撮影できるアイテムです。

スマホを使うジンバルなので、それほど高価ではありません。

ジンバルのパワーを体験してみたい方におすすめですよ。

 

それでは!

Ken



AEの作業を効率化!
After Effectsのショートカットポスター

Adobe動画制作ソフトAfter Effectsで便利なショートカットキーを把握できるショートカットキーポスターをどうぞ。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です