ジンバルの凄さに感動してOSMO MOBILE2を買ってしまった話




ジンバル、すげえな

先日、デジハリのリアルタイム講座の「ビデオグラファー直伝の撮影のコツ〜ジンバル編〜」を受講してきました。

この授業は簡単に言ってしまうと、

DJI のOSMO MOBILE2というジンバルを使った撮影方法を学ぶ

というものでした。

3人一組なって、代わる代わるジンバルで撮影するのですが、

これがすごい。

走っても、階段を上っても、映像がぶれない!

しかも、ある特定の物体をトラッキングするシステムまで備えていました。

人生ではじめてジンバルに触れて、恥ずかしながらジンバルの凄さに感動してしまった次第です。

 

ジンバルが活躍するシーンは??

ジンバルの撮影のコツとしては、

  • 目の前に大きなものがある
  • 扉が開いて行くシーン

などで使うとダイナミックに撮影できるらしいです。

それ以外だとあまりにもヌメッとしすぎて、画面の切れ目がわからなかったり臨場感が欠けていたりするみたいです。

 

それゆえ、撮影の現場でも100%全てがジンバルでの撮影ではないみたいです。

でも、こんなに本格的な映像を素人が撮れるとは思っていなかったので、ジンバルに衝撃を受けました。

 

今回、僕自身がモデルとなって扉を開くダイナミックなシーンを撮影してもらいました↓


滑らかでブレがなく撮影できていて、プロのカメラマンに頼んだような感じになってますね。

 

 

OSMO MOBILE2を買ってしまった

という感じで、ジンバルの凄さに感動したデジハリの授業でした。

あまりにも感動しすぎて、

OSMO MOBILE2をその日のうちに購入してしまいました笑

 

理由としては、

シンプルにジンバルを使った動画撮影が楽しかったからです。

ドラマ、映画、ミュージックビデオで出てきそうな「ヌメッとした動画」をスマホでとれてしまう手軽さに感動しました。

ぼく以外の参加者の方達も

「これは買いだな」

と意見が一致していましたね笑

 

本当にOSMO MOBILE2を買ってしまったので、開封の儀式を残しておきましょう。

OSMO MOBILE2は持ち運べるようなケースに入っていて、

内容物は

  • 充電ケーブル
  • 本体

の2つ。

早速ケーブルを使って充電してジンバルで撮影してみました。

こんな感じで、階段を登るシーンもヌメッと滑るように動画撮影できて、正直驚きを隠せません。

これまで未知の領域だった動画の撮影が楽しくなってきました。

今後もOSMO MOBILE2というジンバルの使い方なども紹介していきますね。

 

それでは!

Ken



AEの作業を効率化!
After Effectsのショートカットポスター

Adobe動画制作ソフトAfter Effectsで便利なショートカットキーを把握できるショートカットキーポスターをどうぞ。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です