Premiere Proでアンカーポイントを中心に移動させる方法




 

前回、Premiere Proでも簡単なアニメーションを作れると学びましたね?

ここで気になってくるのが、

アンカーポイントの存在です。

 

アンカーポイントとは、「オブジェクトの重心」といっても過言ではない要素で、

アンカーポイントを中心にアニメーションが生成されます。

After Effectsでアニメーションを作るときに動かしてきました。

アンカーポイントが中心からズレていると、アニメーションをつけてもブレブレの動きになるのですね。

 

 

Premiere Proでアンカーポイントを中心に移動させる方法

それじゃあ、Premiere Proでもアンカーポイントを表示して移動させようではありませんか。

 

 

アンカーポイントを表示する

まずは「選択ツール」でアンカーポイントを発見しましょう、

「選択ツール」でオブジェクトを選択すると、さっきまで見えなかった「アンカーポイント」が突如出現。
Image from Gyazo
Premiere Proのアンカーポイントは「青枠の円」の中に「十字」が入ったオブジェですね。

 

Premiere Pro アンカーポイント

 

こいつがアンカーポイントなので、この物体を移動させていきます。

 

Premiere Pro アンカーポイント

 

アンカーポイントを移動させる

アンカーポイントの移動も「選択ツール」を使います。

アンカーポイントにカーソル合わせると「アンカーポイント表示」に切り替わるでしょう。
Image from Gyazo

その状態でドラッグ&ドロップしてアンカーポイントを移動させましょう。

Image from Gyazo

カーソルが変化してからではないと、アンカーポイントを移動できないので要注意です。

 

Premiereでアンカーポイントを中心に移動させるためには?

以上、Premiere Proのアンカーポイント移動方法でした。

ただ、できれば、

オブジェクトの中心にアンカーポイントを移動させたいですよね。

 

After Effectsではショートカットキーが存在していたので一瞬でアンカーポイントを中心に移動できました。

 

一方、Premiere Proの場合、ショートカットキーが存在していないようです。

自力でアンカーポイントを中心に持ってくるしかありません。

Image from Gyazo

先程紹介した「選択ツール」でちまちま移動させて、オブジェクトの中心に持ってくるのがベスト。

 

もしくは、エフェクトコントロールパネル内の「アンカーポイント」の数値を細かくいじる手もありです。

Image from Gyazo

 

Premiereでアニメーションつける前に、

オブジェクトのどこにアンカーポイントがあるのか?

を見極めましょう。

 

それでは!

Ken



AEの作業を効率化!
After Effectsのショートカットポスター

Adobe動画制作ソフトAfter Effectsで便利なショートカットキーを把握できるショートカットキーポスターをどうぞ。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です