【Premiere Pro】文字・音楽・画像・映像を1秒でフェードイン・アウトできるショートカットキー




Premiere Proでフェードイン・フェードアウトできるショートカットキーがあった

Premiere Proでは、文字、画像、音楽、映像を「フェードイン」「フェードアウト」させたい時ありますよね。

Premiere Proの標準装備のエフェクトを適用すれば、十分にフェードイン・フェードアウトは可能です。

しかしながら、もっと簡単な「ショートカットキーを発動する」という裏技があったのです!

 

画像、文字、映像のフェードイン・フェードアウト

まずは「画像」や「文字」のフェードイン・フェードアウト。

つまり「ビデオトラック」に配置するクリップですね。

クリップを選択した状態で、Macならば、

command + D

を発動します。

Windowsは「Control + D」

 

これだけで「クロスディゾルブ」のエフェクトが適用されます。

Image from Gyazo

適用されるのはクリップの両端。

「前半の始まり」と「後半の終わり」にクロスディゾルブが適用され、フェードイン・フェードアウトを一発で適用できるのです。

 

ただし、複数クリップが結合している場合にご注意ください。

隣にクリップがいるならば、片側しかエフェクトがかからない仕様になっております。

結合クリップには、初めと終わりのクリップで、それぞれショートカットキーを発動しましょう。

Image from Gyazo

素晴らしい、なんて素晴らしいショートカットキーなんだ・・・・!

 

音楽、声のフェードイン・フェードアウト

続いては音楽や声の「オーディオ要素」ですね。

つまり「オーディオトラック」に配置するクリップです。

この場合、先ほどの「command + D」に「シフト」をつけます。

Macならば、

Shift + command + D

です。

Windowsは「Shift + command + D」

 

オーディオクリップ選択状態でショートカットキーを発動すると、フェードイン・フェードアウトを一発で付けれます。

エフェクト名は「コンスタントパワー」。

Image from Gyazo

ただし、先程と同様、複数クリップが結合している場合は要注意。

頭とケツで個別にショートカットキーを発動せねばなりません。

Image from Gyazo

 

 

フェードイン・フェードアウトの時間調整

デフォルトでは、次の時間でフェードイン・フェードアウトしてきます。

ショートカットキー エフェクト 時間長さ
command + D クロスディゾルブ 30フレーム
Shift + command + D コンスタントパワー 1秒

音クリップの「コンスタントパワー」は1秒のエフェクトがかかります。

一方、クロスディゾルブはシーケンスの設定によって時間長さが異なります。

30フレームにエフェクトがかかるので、シーケンスのタイムベースが「30 fps」ならば1秒、「15fps」ならば2秒でフェードイン・アウトします。

 

エフェクトの時間を調整したいときは、「選択ツール」でエフェクト(金色)にカーソルを合わせ、

Image from Gyazo

金色の長さをドラッグで調整すりゃいいんですね。

ぜひショートカットキーを活用して時短を目指してください。

 

それでは!

Ken

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。