Premiere Proで動画の一部を早送り・スローモーションにする方法




Premiere Proで動画の一部を早送り、スローにしてみたい!

どうも、Kenです。カレーは3日持ちます。

 

Premiere Proを使って、動画の一部だけ早送り・スローにしたい!

ってときありますよね。

今日は、 AdobeのPremiere Proで「早送りの動画を作る方法」をマスターしたので忘れないうちにメモしておきます。

 

Step1. 「レーザーツール」でクリップを分割

「レーザーツール」で早送りにしたいクリップを分割。

Premiere クリップ 分割

ショートカットキー C を押すと、レーザーツールを起動できちゃいます。ツールバーからレーザーツールを選んでもいいですけどね。

>>詳しくは「Premiereで動画クリップを分割する方法

 

早送りしたい箇所をレーザーで切り分けましょう。

Premiere 早送り

 

オーディオファイルもカットするのも忘れずに。

 

Premiere 早送り

 

 Step2. 選択ツールで選択

つぎは、「選択ツール」で早送りにしたいクリップを選択。

さっき切り分けた塊ですね。

Premiere 早送り

ショートカットキー V を押すと「選択ツール」に切り替わるのでショートカットしていきましょう。

 

Step3. 「デュレーション」立ち上げ

ショートカットキー Ctl  + R、Macなら command + R で「デュレーションプロパティ」を立ち上げましょう。

Premiere 早送り

もしくは動画クリップを選択した状態で、右クリックで「速度・デュレーション」へ進みます。

Image from Gyazo

速度を「200%」にすれば、従来の2倍の速度で再生されます。

 

このようにクリップが短縮されますね。

 

 

逆に、速度を50%にすると、倍の時間でビデオが再生されます。

つまり、2分の1のスローモーション動画になります。

 

「変更後に後続のクリップをシフト」にチェックを入れておくと、

早送りしてクリップが短くなっても、隙間を瞬時に埋めてくれます。

 

それから、この「デュレーション」ではクリップの逆再生も可能です。

「逆再生」にチェックを入れて、オッケーを押せば逆動画のいっちょ上がり。

Premiere Proでクリップの速度を変更して表現の幅を広げていきましょう。

 

それでは!

ken



AEの作業を効率化!
After Effectsのショートカットポスター

Adobe動画制作ソフトAfter Effectsで便利なショートカットキーを把握できるショートカットキーポスターをどうぞ。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です