3分でわかる!Premiere Proの「基本3D」エフェクトの使い方




Premiere Proでも3D表現できる!

 

Premiere Proは動画編集は得意ですが、エフェクトには弱いです。

当然、3D表現にも弱いのですが、Premiere Proでも使える「3Dエフェクト」があります。

その名も

基本3D

です。

今日はこちらのエフェクトの使い方を紹介します

 

エフェクトを探す

エフェクトを探しましょう。
Image from Gyazo
エフェクトウインドウから「3D」と検索すると「基本3D」が見つかるんじゃないですかね。

「遠近」フォルダの中に入っているはず。

 

クリップにエフェクトを適用

「基本3D」をドラッグして映像クリップでリリース。
Image from Gyazo

プロパティを変更

しかし、このままでは3D表現になりません。

エフェクトのプロパティを調整するんですね。

レイヤーを選択した状態で、エフェクトコントロールパネルをみましょう。

Image from Gyazo

そこの「基本3D」に注目してください。

主に使うのは

  1. スイベル
  2. チルト

の2つ。

「スイベル」は横回転を表わすプロパティで、増やすと左から右にクリップが回ります。

Image from Gyazo

一方、「チルト」は縦方向の回転。

増やすと上下にぐるぐるクリップが回るでしょう。

Image from Gyazo

 

もちろん、「基本3D」にはその他の項目も用意されています。

「画像まで距離」は文字通り、カメラからクリップまでの距離。

Image from Gyazo

距離が短いと、クリップまでの距離が近くなって「寄りの映像」になります。

逆に大きくすると、距離が遠くなって引きの映像になるのです。

 

「鏡面ハイライトを表示」は、クリップに当たる光のプロパティ。

オンにすると、上方向からクリップへ光が当てられるのです。

「スイベル」や「チルト」を変化させてクリップを回転させると、光が当たって白っぽくなります。

Image from Gyazo

個人的にこの表現は好きですね。

 

最後の「プレビューワイヤーフレームを描く」をオンにするとどうなるでしょうか??

これは、プレビュー画面に影響する項目です。

プレビューした時にレンダリングが追いつかない場合、「ワイヤーフレーム」という線だけで描写できるのです。

いわばエコノミーモードですね。

ちなみに、マシンパワーが足りている場合、こちらをオンにしても意味がないのでご注意ください。

 

アニメーションを作ろう

さて、これらのプロパティは時計マークがついています。

つまり、キーフレームが打てることを意味していて、アニメーションを作れるのですね。

例えば「スイベル」とか「チルト」でキーフレーム打ってアニメーション作ればどうでしょう?

クリップがグルグル回転するアニメーションを制作できます。

Image from Gyazo

Premiere Proの3DエフェクトはAfter Effectsと比較するとシンプルです。

しかし、意外に面白い表現ができて、使うべきところで使えば役に立つ予感がします。

未経験の方はぜひ試してみてください。

 

それでは!

Ken

 

【参考文献】



AEの作業を効率化!
After Effectsのショートカットポスター

Adobe動画制作ソフトAfter Effectsで便利なショートカットキーを把握できるショートカットキーポスターをどうぞ。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です