Premiere Proの「ブラー」エフェクトによるぼかし方【全体・部分・背景・追従対応】




 

Premiere Proで動画編集していると、

動画に「ぼかし」を入れたい時ありますよね。

動画全体をぼかしたいかも時かもしれませんし、部分的に背景だけぼかしたい場合かもしれません。

動画にぼかして入れることでみられたくないものを隠せるんですね。

Premiere Proには、ぼかし用のエフェクトの「ブラー」が標準装備されているので、無料で使えます。

こちらを活用すると、色々なぼかしを表現できるのです。

今日はこのブラーエフェクトの使い方を紹介しますね。

 

Premiere Proのブラーで全体をぼかす方法

Premiere Proには色々なブラーエフェクトがありますが、最も一般的で使いやすいのが、

ブラー(ガウス)

というエフェクト。

ガウスのブラーは、このようなりんごが

このようになるぼかし方のことを言いますね。

輪郭がわかりづらくなり、全体的に柔らかい印象を与えられるのがガウスのブラーです。

まずはブラー(ガウス)を画面全体に適用してみましょう。

 

エフェクトを探す

まずはエフェクトを探します。

エフェクトウインドウから「ブラー」と検索すると、いっぱいブラーが出てくると思います。

Image from Gyazo

今回は「ブラー&シャープ」の中の「ブラー(ガウス)」を使っていきますよ。

 

エフェクトを適用

ブラーを適用してぼかしたい映像クリップにドラッグ&ドロップしてみましょう。Image from Gyazo

 

ブラーの値を大きくする

ただ、エフェクトを適用しただけでは、動画にぼかしが入りません。

ブラーエフェクトのプロパティの値をいじっていきます。

ぼかすためには「ブラー」と呼ばれる値を0以上にしなければならないんですね。

Image from Gyazo
値が大きいほどぼかし具合が大きくなり、輪郭がぼやけて何が何だか分からなるでしょう。

 

微調整

あとは微調整ですね。

ブラーを適用した映像クリップを選択した状態で、エフェクトコントロールパネルを開きます。

次のようにプロパティが出てくるでしょう。

主な設定項目は

  • ブラーの方向
  • エッジピクセルを繰り返す

の2つ。

 

まず「ブラーの方向」は、ぼかしを入れる方向のこと。

デフォルトでは

水平および垂直

になっているので、縦も横も均等にぼかすようになっています。

Image from Gyazo

これを「水平」にしてあげれば、横にぼかしを入れられますし、垂直ならば縦方向にぼかしが入ります。

Image from Gyazo

 

「エッジピクセルの繰り返し」にチェックを入れると、端っこがぼけずにくっきりな状態になりますね。これはお好みによって調整してやってください。

 

 

部分的にぼかしたい時はどうする??

以上、全画面全体をぼかす方法でした。

場合によっては、画面の一部を部分的にぼかしたい時もありますよね?

 

そういった時はエフェクトを適用後に、マスクを使ってぼかす範囲を決定していきます。

具体的にいうと、ブラーの下にある「丸・四角・ペン」を使ってマスクの範囲を指定するのです。

例えば、〇ならば、描いた〇の範囲だけぼかせます。四角も同様ですね。
Image from Gyazo
ペンツールならば、ベジェ曲線を使って自由にぼかす範囲を決められます。

Image from Gyazo

マスクを描いたあとは、

  • マスク境界線:ぼかしの境界の範囲
  • 不透明度:ぼかし具合
  • マスクの拡大:マスクの範囲を広げる

という項目を調整できるでしょう。
Image from Gyazo

顔を部分的に隠す

マスク機能を使えば、顔だけ部分的にぼかしておいていくことも可能。

Image from Gyazo

楕円形ツールを用いて、顔に沿って円をかくといいですね。

 

背景をぼかす

もちろん、背景でも部分的にぼかせます。

まず人物の輪郭をペンツールでなぞってパスを描きます。

最後に「反転」にチェックを入れると、今描いた範囲に含まれていない範囲をぼかせます。
Image from Gyazo
ゆえに、背景のみをぼかすことだって可能なわけです。

 

ぼかしを追従する

しかしながら、です。

このように部分的にぼかしを入れると、対象物が動いてしまったらさあ大変。

ぼかしの範囲から外れてしまう場合もありますよね。

 

例えば、顔にぼかしを入れたはずなのに、出演者の顔が動いた時にぼかしの範囲から外れて誰だかバレてしまいます。

そんな時でもマスクパスの「トラッキング機能」を使えば大丈夫。

マスクの範囲を追従できるので、ぼかしの範囲も対象物の動きに沿って移動させることが可能。

 

まずはトラッキングの方法を決めます。

道具マークをクリックすると、

  • 位置
  • 位置、回転
  • 位置、回転、スケール

という項目が出てきます。

デフォルトでは「位置、回転、スケール」の3つをトラッキングするようになっています。

こちら3つのプロパティを基準に追跡する方が精度が高いに決まってますから。

Image from Gyazo

まずはインジケーターを0秒の位置に移動させて準備完了。

トラッキングの種類を確定させ、右向きの三角マークを押します。

すると、自動ですべての動画の時間においては、記録トラッキングしてくれるのです。

Image from Gyazo

一方、一番右の三角を押せば、フレームごとに細かくトラッキングできますね。

インジケーターよりも前の時間でトラッキングしたい場合、左向きの三角マークを同様に使ってあげると良いでしょう。

Image from Gyazo

以上、Premiere Proのブラーエフェクトの使い方でした。

ブラーを使えば全体だろうが部分的だろうが背景だけだろうが、自由自在にぼかすことも可能。

しかも、トラッキング機能を使えば、ぼかす範囲を追従できます。

動画にぼかしを入れて匿名性を保ちたい時に使ってみてください。

 

それでは!

Ken

 

【参考記事】



AEの作業を効率化!
After Effectsのショートカットポスター

Adobe動画制作ソフトAfter Effectsで便利なショートカットキーを把握できるショートカットキーポスターをどうぞ。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です