【Premiere Pro】DeEsserで歯擦音を除去する方法




 

『ビデオグラファーのための 音声収録&整音ハンドブック』で、

歯擦音を除去する方法が紹介されていました。

「歯擦音」とは、

舌で息の通る道を制限して気流を発生させ、歯の裏に当てることで発生する音

のこと。

日本語では「サ行」で歯擦音が発生します。

 

試しに「あかさたな」を1人録音したところ、

「サ行は他行に比べて厚かましい」

というか、

「少しボリューミーである」

と、言われてみれば気づきました。

 

Premiere ProのDeEsserで歯擦音を除去する方法

書籍中ではAuditionのエフェクト「DeEsser」で歯擦音除去していましたが、

「うっ、Audition使ったことねえ・・・・」

という方もご安心ください。

Premiere Proにも「DeEsser」エフェクトが存在しているので、こちらで「サ行の歯擦音」を除去してみましょう。

エフェクトを適用

エフェクトウィンドウで「DeEsser」を検索。

エフェクトウインドウからドラッグして、オーディオクリップにリリース。
Image from Gyazo

プリセット設定する

クリップを選択状態で「エフェクトコントロールパネル」を開いてDeEsserの項目をみます。

Image from Gyazo

「編集」で新パネルを開き、細かい設定をおこないましょう。

 

まず設定すべきは「プリセット」。

Image from Gyazo

サ行歯擦音を除去する場合は「DeEsser」を選びましょう

「DeEsser」には

  • DeEsser(男性の声)
  • DeEsser(女性の声)

の2通り存在していますので、ご自身の声の性質で使い分けてみてください。

わたしは喉仏を保持していますため、前者の「DeEsser(男性の声)」をチョイス。

すると、次のように値が自動的に決まりました。

モード マルチバンド
しきい値 -24 dB
センター周波数 4700 Hz
バンド幅 3000 Hz

 

しきい値を下げる

これだけでも、歯擦音除去は完了していますが、

「効果がわからない」「違いがしっくりこない」

と、煮え切らない時もあるでしょう。

 

そんな時は「しきい値を下げること」をオススメします。

Image from Gyazo

実際、わたしも煮えきらなかったので、しきい値を下げたところ、次の違いに!

しきい値を下げるほど、

  • 「さしすせそ」が聞き取りやすくなる
  • ストレスフリーで耳を傾けられる

という印象が生まれました。

これで視聴者は歯擦音ストレスから解放され、長く視聴してもらえる可能性があるかも、と気づきました。

ぜひPremiere ProのDeEsserを活用してみてください。

 

それでは!

Ken

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。