Premiere Proのエフェクト「ズーム」で動画の一部を拡大する方法




Premiere Proのエフェクト「ズーム」を使ってみよう

前回、「エフェクトなしで動画を拡大する方法」を紹介しましたが、じつは、

Premiere Proには「ズーム」エフェクトが用意されています。

今回はこちらのエフェクトでズームイン(拡大)してみましょう。

 

 

「エフェクト」パネルで「ズーム」を探す

左下の「エフェクトパネル」からズームと検索。
Image from Gyazo
すると、

ディストーション

というフォルダの中に

ズーム

というエフェクトが格納されているはず。

今回はこちらを使っていきます。

 

ズームしたい動画クリップにエフェクトを適用

発見したエフェクトをドラッグ&ドロップして、ズームしたい動画クリップにリリース。
Image from Gyazo
すると、クリップの1部が虫眼鏡のように拡大されるでしょう。

 

拡大範囲を調整する

あとはプロパティをいじっていきましょう。

エフェクトコントロールパネルの「ズーム」を編集します。
Image from Gyazo
設定項目は色々あるので、次の表を参考にしてみてください。

設定項目 効果
シェイプ 拡大する範囲の形(ペンツールなら自由にかける)
中心 拡大する範囲の位置(正確にいうと拡大範囲の中心が動く)
拡大率 どれくらい拡大するのか?
サイズ 拡大の範囲の広さ
ぼかし 拡大の境界のぼかし具合
不透明度 拡大映像の透明度

こんなに細かく設定できるのはありがたいですね。

 

しかも、これらのプロパティにキーフレームを打てます。

つまり、Premiere Proでアニメーションをつけて時間で変化させられるのです。

たとえば、拡大する範囲が動くとか、拡大率が秒で変化したり・・・などなど自由自在。

 

「ズーム」エフェクトを使えば、前回紹介した「エフェクトに頼らないズームイン・アウトの方法」よりも簡単に設定できるのでオススメです。

ただ、このズームエフェクトは、クリップの一部を虫眼鏡のように拡大する用途向きと言えますね。

動画全体を拡大・縮小する用途では不便かもしれません。

ってことで、「エフェクトに頼らないズームイン・アウトの方法」も同時にマスターすることをおすすめしますよ。

 

それでは!

Ken



AEの作業を効率化!
After Effectsのショートカットポスター

Adobe動画制作ソフトAfter Effectsで便利なショートカットキーを把握できるショートカットキーポスターをどうぞ。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です