Premiere Pro エンドロールの作り方【横から・画像挿入・速度調整にも対応】




Premiere Proで動画制作をすると、やってみたくなるのが

エンドロールの作成です。

結婚式の動画や、自作映画を公開したら、制作に関わった人々を讃えたくなるはず。

premiere pro エンドロール 作り方

そんな要望にももちろん、AdobeのPremiere Proは答えてくれます。

今日はそのエンドロールの作り方を紹介します。

 

Premiere Proでの基本的なエンドロールの作り方

まず基本的なエンドロールを作りましょう。

ここでいう「基本的」とは、垂直方向に流れる「エンドロール」と呼ばれるタイトルのこと

文字が表示されていない状態から、下からスタートして、最後に上で切れるエンドロールを作りましょう。

premiere pro エンドロール 作り方

この作成方法がすべての基本となります。

 

レガシータイトルを作成

エンドロールを作りたい時は「レガシータイトル」を作ります。

Premiere Proのメニューから

ファイル>新規レガシータイトル

と進みましょう。

Image from Gyazo

すると、タイトルの名前を決める画面になりますね。

適当に「エンドロール」とでも入れておけばOK。

 

エンドロールの文字を入力

そして、エンドロールの文字を入力しましょう。

役割 名前

など書いておけばいいです。

例えば、

監督 Ken

主演 Kenji

脚本 Kentaro

などなど。

文字は揃えておくことが望ましいので、

  • 左揃え
  • 中央揃え

のどちらかで書式を統一しましょう。
Image from Gyazo

クロールオプションを設定

さて、ここからが腕の見せどころ。

レガシータイトルウインドウの左上にこのようなマークがありませんか?

premiere pro エンドロール 作り方

こいつをクリックすると、

ロール・クロールオプション

が出現。
Image from Gyazo
こちらを設定すると、普通のテキストタイトルがエンドロールに変わるのです。

premiere pro エンドロール 作り方

 

まず「タイトルの種類」を「ロール」すると、垂直方向に移動するタイトル、つまりエンドロールが作れますね。

あとは

  • 開始スクリーン
  • 終了スクリーン

にチェックを入れましょう。

premiere pro エンドロール 作り方

これらは、エンドロールの「始め」と「終わり」を決めるもの。

「開始スクリーン」にチェックすると、エンドロールが表示されていない状態から始まります。

一方、「終了スクリーン」にチェックを入れると、画面の上で切れるまで表示されます。

そのため、

  • 開始スクリーン
  • 終了スクリーン

の両方チェックマークを入れると、

下から文字が現れて、最後は上に消えるエンドロール

を作れるのです。

 

速度を調整

以上、基本的なエンドロールの作り方です。

テキストクリップが始まると同時に、エンドロールがスタート。

クリップの終わりで文字が外に切れて見えなくなります。

premiere pro エンドロール 作り方

したがって、テキストの「尺の長さ」によって、流れる速度が異なるのです。

 

それでは、エンドロールの尺を短くすればどうなるでしょうか?

下から上までの移動時間は短くなるので、その分テキストの移動速度が速くなりますね。

Image from Gyazo

 

一方、長くすれば、それだけエンドロールの速さがゆっくりになります。

下から上への移動時間が長くなりますからね。

Image from Gyazo

基本的なエンドロールでは、テキストクリップの長さを調整し、速さをコントロールするのです。

 

 

Premiere Proでエンドロールを作る方法【応用編】

以上、基本的なエンドロールの作り方でした。

だがしかし、です。

もっと色々なエンドロールを作りたい要望があるでしょう。

もう少し細かく見ていきます。

 

横のエンドロール(エンドクロール)

ここまで垂直方向に流れるエンドロールを紹介してきました。

しかし、世には「横に流れるエンドロール」を作りたい方もいるでしょう。

映画ではあまり見かけませんが、結婚式でよく目にします。

横に流れるタイトルは「ロール」ではなく「クロール」と呼んでいます。

したがって、動画の終わりに流す「クロール」は「エンドクロール」になりますね。

 

「横向きにエンドロール?無茶いうなよ」

と思うかもしれせんが、設定はすごく簡単です。

レガシータイトルの「ロール・クロールオプション」で、

  • 左にクロール
  • 右にクロール

のどちらかにチェックを入れるだけ。

premiere pro エンドロール 作り方

これだけで横に流れる「エンドクロール」を作れるのです。

 

右から左にテキストを流したい場合は「左にクロール」をチェック。

逆方向なら「右にクロール」を選べばいいのです。

 

もちろん、横にテキストを流すならば、テキストは「縦方向」が望ましいでしょう。

テキストツールを選択すると、縦書きで入力できますね。
Image from Gyazo
最終的に、このような横のエンドロールを作成できるでしょう。

premiere pro エンドロール 作り方

 

画像(ロゴなど)を挿入したい

また、エンドロールでロゴなどの「画像」を流したい時ありますよね?

そんな時もPremiere Proなら対応できます。

 

レガシータイトルのウィンドウで右クリックして、

グラフィック>グラフィック挿入

と進み、画像を選べばOK。
Image from Gyazo
こんな感じで、レガシーウィンドウ中に画像を挿入できます。
Image from Gyazo
その状態でエンドロールを作ると、テキストと同じペースで画像も移動しますよ。

画像の移動は「選択ツール」を使いましょう

 

premiere pro エンドロール 作り方

文字の間隔を調整

また、エンドロールの間隔を調整したい時もありますよね?

例えば文字間隔をあけたいとか、逆に詰めたい時とかです。

 

そういう時は、レガシーウインドウで「行間」を設定しましょう。

「行間」は「Aが2つ重なっているマーク」の数値で調整できます。

premiere pro エンドロール 作り方

大きくするほど、文字は離れていき、逆に小さくすると間隔が詰まります。
Image from Gyazo

エンドロールを加速・減速

また、エンドロールが流れる速度を加速・減速できます。

エンドロールオプションの

  • 加速
  • 減速

に注目してください。

premiere pro エンドロール 作り方

デフォルトではゼロになっています。

ここに数値を入れると、エンドロールが流れる速度を「微妙に」調整できますね。

 

具体的にいうと、こうです。

「加速」に数値を入れると、指定したフレーム数までゆっくり加速します。

例えば、 90といれたら、エンドロールが始まってから90フレーム(約3秒)までゆっくり加速し、その後一定の速さになるのです。

premiere pro エンドロール 作り方

 

一方、「減速」はその逆。

指定したフレーム数前から、終わり(文字が消えるまで)ゆっくりになりますね。

「加速」と同じくフレーム数を指定します。

もし、1秒間30フレームのタイムラインならば、120フレームと指定すれば、停止前4秒から減速するように調整できます。

premiere pro エンドロール 作り方
1秒あたりのフレーム数は、タイムラインに表示されたタイムコードを確認してみてください

 

エンドロールを最後に停止

場合によっては、エンドロールを途中で静止させたい場合もあるかもしれません。

premiere pro エンドロール 作り方

そういう時はと「ロール・クロールオプション」の「終了スクリーン」のチェックを外します。

つまり、画面から切らせる設定を取り除くのです。

premiere pro エンドロール 作り方

そして、ポストロールに数値を入力し、

何フレームまで停止したロールタイトルを見せるか?

を決定づけます。

例えば、1秒30フレームのシーケンスで、90と記入すれば、3秒間タイトルを静止できるのです。

 

画面内からエンドロールをスタート

画面の下側からではなく、画面の途中からスタートしたい場合ありますよね?

premiere pro エンドロール 作り方

そういった場合、「開始スクリーン」のチェックを外し、終了スクリーンのチェックを入れます。

premiere pro エンドロール 作り方

そして「プリロール」に

何秒間タイトルをとまらせるか?

というフレーム数を設定。

1秒間30フレームのシーケンスならば、60とすれば2秒間停止後、上にエンドロールが動き出くのです。

 

左半分でエンドロール、右側で写真や動画

よく映画であるのはこのようなエンドロール。

片側でエンドロール、もう一方で写真や動画を見せる手法です。

写真をスライド再生したり、動画を再生したりするエンドロール。

 

最近、映画を見ていると、この種のエンドロールを見かけます。

一見、高度なことをやっているように見えますが、やり方は簡単。

 

まずテキストの文字を小さくし、右か左に寄せます。
Image from Gyazo
空いたスペースにテキストレガシータイトルとは別に、写真やテキストのクリップのトラックを挿入すりゃいいのです。

Image from Gyazo

ポイントは、クリップの大きさの調整。

クリップを選択した状態で、エフェクトコントロールパネルを開き、「スケール」で大きさ、「位置」でポジションを調整すればいいですね。
Image from Gyazo
動画でも写真でもエンドロールと並べて表示することはそんなに難しくありません。

Image from Gyazo

 

 

以上、Premiere Proでエンドロールを作る方法でした。

想像以上に細かく設定でき、調べるほど奥が深かったです。

さすがはPremiere Pro。まじ頼りになります。

ガンガンPremiere Proでもエンドロールを挿入していきましょう。

 

それでは!

Ken

 

【参考記事】



AEの作業を効率化!
After Effectsのショートカットポスター

Adobe動画制作ソフトAfter Effectsで便利なショートカットキーを把握できるショートカットキーポスターをどうぞ。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です