Premiere Proでグリーンバックの背景を抜く方法【クロマキー合成】




 

Premiere Proでやってみたかったのが、

グリーンバック合成

です。いわゆる「クロマキー合成」というやつですね。

「クロマキー」とは、

動画内の「ある特定の色」を「透明」にすること

であり、例えば「緑のクロマキー合成」だったら、動画内の緑色を透明にできるんですね。

「なぜ緑色なのか」は諸説あるようですが、肌の色と補色関係にある青、もしくは緑ならば被写体(ヒト)と背景の色が区別しやすく抜きやすいためだとか。

したがって、被写体がきている服、人種、持ち物によって緑の背景ではなく、他の色を使う場合もあるようです。

 

そんなクロマキー合成も、AdobeのPremiere Proでは簡単に作成できます。

標準装備の「Ultraキー」を使えば、グリーンバックで撮影した動画の背景を簡単に抜けます。


 

Premiere Proでグリーンバックの背景を抜く方法【クロマキー合成】

今回は例として、下記のグリーンバックセットで、

製作した次の動画から緑背景を抜いてみます。
Image from Gyazo

エフェクトを探す

グリーンバック合成に使うエフェクトを探しましょう。Image from Gyazo

今回は「Ultraキー」ですので、エフェクトウィンドウから「Ultra」と検索すると、「キーイング」フォルダ中の「Ultraキー」が見つかるはず。

 

エフェクトを適用

そのエフェクトをドラッグし、エフェクトを適用したい動画クリップにドロップ。

Image from Gyazo

 

抜く色を指定する

続いて、エフェクトを適用したクリップを選択して、エフェクトコントロールパネルを見ます。

今回は「Ultraキー」というタブをみましょう。

そこにいくつか項目があるんですが、まずはキーカラーで背景から抜く色をチョイス。

 

スポイトマークをクリックし、プレビュー画面でグリーンバックの色をクリックします。
Image from Gyazo
すると、背景が透明になり、下のレイヤーが透けて見えるでしょう。

下に敷いていない場合は黒になり寂しいので、試しに地球の写真を下に敷いてみました。

Image from Gyazo

 

ひたすら微調整

これだけでもぶっちゃけグリーンバック合成はできましたが、まだ少し気になる点があります。

グリーンバックの布の皺とか、光の加減で緑の濃淡の影響で、完全に背景が抜けきれていません。

Image from Gyazo

鋭い視聴者ならば、グリーンバック撮影を一発で見抜くでしょう。

そこで、エフェクトコントロールパネルの細かい項目を設定することで、背景をより鮮明に抜きましょう。

 

設定を「強」に

合成の強度を「設定」で調整しましょう。

  1. 初期設定
  2. カスタム

から選べますが、背景が抜けきらない場合は「強」にします。

Image from Gyazo
これらは「プリセット」というもので、選択すると細かいプロパティの初期値がズバッと決まります。

まずはここで設定を「強」にしてから細かい設定項目をいじることをオススメします。

 

出力をアルファチャンネルで

ただし設定を「強」にしても背景が抜けない時もあります。

そういう時は「出力」を「アルファチャンネル」に変更し、背景の「抜ける抜けない」が見やすいように設定しましょう。

Image from Gyazo

アルファチャンネルでは、背景が透明になっているところが「黒」、残っている部分が「白」で表現されます。

つまり、アルファチャンネルを使えば、抜けた抜けないが一目瞭然に!!

Ultraキーのプロパティーの微調整はこのアルファチャンネルの画面でおこなっていきます。

 

項目をいじりまくる

あとはもう、細かい数字を自分でいじっていくしかないですね。

Ultraキーの設定項目は

  • マットの生成
  • マットのクリーンアップ
  • スピルサプレッション
  • カラー補正

があり、それぞれ細かいプロパティを調整できます。

カテゴリ プロパティ 意味
マットの生成
(透明領域の微調整)
透明度 背景をキーイングしたときのソース画像の透明度。100は完全に透明、0は完全に不透明
ハイライト ソース画像の明るい領域の不透明度を調整
シャドウ ソース画像の暗い領域の不透明度を調整
許容量 選択したカラーの範囲を調整
ペデストル アルファチャンネルからノイズを除去し、光量の低い素材のキーを改善
マットのクリーンアップ
(透明領域のサイズ縮小、エッジをぼかす)
チョーク アルファチャンネルマットのサイズを縮小
柔らかく アルファチャンネルマットのエッジをぼかす
コントラスト
中間コントラスト
スピルサプレッション
(金髪など明るいカラー周辺のグリーンバックキーのクリーンアップに役立つ)
彩度を下げる ピクセルから既に完全な透明に近いカラーを除去
範囲 補正するスピルカラー量をコントロール
スピル
輝度
カラー補正
(キーの対象として選択したカラー範囲をスムーズにするのに役立つ)
彩度 前景ソースの彩度をコントロール
色相 前景ソースの色相をコントロール
輝度 前景ソースの輝度をコントロール

 

Adobe公式ヘルプページより

どれをどれくらいいじれば、美しく背景が抜けるかは、ぶっちゃけグリーンバックの撮影環境にもよります。

アルファチャンネルで白黒画面にしながら、背景がうまく抜ける数値を自分で探しだしててみてください。

ちなみにわたしは「マット生成」で

ハイライト 0
シャドウ 50
許容量 100
ぺデスタル 100

と設定したところ、綺麗に背景が抜けました。

ただ下手にいじりすぎると被写体がえぐれたり、チカチカしたりしますので、用法容量をよくお守りになり調整してみてください。

「どこをどういじっても背景が抜けねえ!」

そんな苛立ちを感じたら、キーカラーを選び直すのも1つの手です。やはりグリーンバックの緑にもばらつきがあり、背景のマジョリティをしめる多数派の緑を設定したほうがぬきやすくなります。

 

以上ですね。

いや、素晴らしいっす、Premiere Pro。

わたしはAdobeの部外者ですが、素晴らしいソフトを生み出しましたね、あの集団は。

Amazonで販売されている安価なグリーンバックセットを適当に照明なしで設置して撮影しただけなのに、グリーンバック合成できちゃいました。

Premiere ProのUltraキーとグリーンバック機材を活用すれば、撮影場所を隠せますし、生活感を消せますし、宇宙にだってどこにだってロケ地を設定できます。

 

そして特筆すべきはグリーン合成すると、被写体を拡大・縮小しても違和感がないこと。
Image from Gyazo
このようにスライドの右下に人物を小さくして講義動画を作れそうっすね。

グリーンバックの存在によってまた一段映像表現の幅は広がりそうです。

Premiere Proでもグリーンバック合成にチャレンジしてみてください。

 

それでは!

Ken

 

【参考記事】

 



AEの作業を効率化!
After Effectsのショートカットポスター

Adobe動画制作ソフトAfter Effectsで便利なショートカットキーを把握できるショートカットキーポスターをどうぞ。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。