Premiere Proでカラオケ字幕を作る方法




Premiere Proでカラオケ字幕作れるの?

Premiere Proを使っていると、たまに

カラオケ字幕の動画を作りたくなりますよね。

自分の曲を作った時とか、好きな曲の練習動画を作りたい時とかもう色々。

 

もちろん、そんな願いもPremiere Proならば叶えてくれます。

ずばり、Premiere Proの「クロップ」を使えばカラオケ字幕が作れるのです。

 

前回、「Premiere Proで動画クリップを切り抜く方法」でクロップを紹介しましたが、

どうやってクロップをカラオケ字幕に応用するんでしょうかね?

今回、試行錯誤を重ね、次のようなカラオケ動画を作ってみました。

 

字幕を設置する

まずはベースとなるカラオケ字幕を設置します。

ファイル>新規>レガシーのタイトル

とすすみ、字幕のテキストレイヤーを設置。
Image from Gyazo
タイトルの編集画面で、

  • 太めのフォント
  • 太めの枠線

に設定しましょう。
Image from Gyazo
ぼくのオススメは「ヒラギノ角ゴ Std」というフォント。

字の枠線は「ストローク(外側)」を追加し、

種類 エッジ
サイズ 76
塗りの種類 ベタ塗り
カラー 枠の色

と設定しました。

字の色は白、枠の色は黒にしてみてください。

 

移動用字幕を作る

さて、次は歌に応じて動く字幕を作ります。

先程の字幕をコピーして、その上のトラックに追加してみましょう。
Image from Gyazo

Macならoptionキーを押しながらドラッグしてやるとコピーできますね(Windowsはaltキー)。

そして、文字の内容は変えず、塗りと枠の色だけをチェンジ。

  • 塗り:白
  • 枠:青

Image from Gyazo
上の移動用字幕を編集するときは、下のレイヤーが見えるとやりづらいです。

下の字幕は非表示にするといいでしょう。

 

クロップを移動用字幕に適用

いよいよクロップのエフェクトの登場です。

エフェクトウインドウから「クロップ」と検索し、エフェクトを見つけましょう。

そしたら、先ほど追加した「移動用字幕」にドラッグ&ドロップして適用。

Image from Gyazo

移動用字幕を選択した状態で、エフェクトコントロールパネルを開きます。

そこの「クロップ」の「右」を100%にしましょう。
Image from Gyazo
上の字幕が見えなくなりましたね?

 

その状態で時計マークをクリックし、キーフレームをうちます。

そして、歌の進行に合わせて、「右」というプロパティを100%から徐々に減らし、歌が終わるタイミングで0%にするアニメーションを作ればいいのです。
Image from Gyazo
この場合、キーフレームは多いほど歌の進行に歌詞を合わせやすいですね。

実際にやってみたところ、歌の進行に歌詞を合わせるのはけっこう難しい。

どこまで歌詞の進行に字幕をシンクロさせるのか?

は製作者のこだわり次第になってきます。

 

なぜクロップでカラオケ字幕できたの?

クロップの「右」を100%にすると、移動用字幕は100%右側から切り取られて見えない状態になります。

そして、100%切り取られ状態から、徐々にパーセントを減らし、最終的にまったく切り取られてない0パーセントへ近づけるのですね。

これによって、移動用字幕が左から右に移動しているように見えるのです。

 

このようにカラオケ字幕もPremiere Proならば実現できちゃいます。

ぜひ挑戦してみてください。


それでは!

Ken

 

【参考記事】



AEの作業を効率化!
After Effectsのショートカットポスター

Adobe動画制作ソフトAfter Effectsで便利なショートカットキーを把握できるショートカットキーポスターをどうぞ。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です