カスタマイズ超自由!Premiere Proのキーボードショートカット設定方法〜読み込みから移行まで〜




Premiere Proのショートカットキー、カスタマイズできるってよ

Adobe最強の動画編集ソフトPremiere Pro。

このソフトは数え切れのほどコマンドが存在しているため、

ショートカットキーを駆使することが作業効率、結果的に「時短」に繋がります。

デフォルトのショートカットキーを素直に覚えるのも1つの手ですが、Premiere Proには、なんと、

ショートカットキーをカスタマイズできる機能が備わっているのです。

その名も、

キーボードショートカット

です。

 

Premiere Pro キーボードショートカットキーの設定方法

自分でショートカットをカスタマイズするならば、上のメニューから

Premiere Pro>キーボードショートカット

を選びましょう。
Image from Gyazo
もしくはショートカットキー「option + command + K」でキーボードショートカットキーを一発で出現させられます。

Windowsならば「alt + control + K」

 

以下のキーボードショートカットキーウィンドウが出れば準備完了です。

 

 

プリセットをカスタマイズする

自分でオリジナルのショートキーを設定したい場合、まずはプリセットを選択。
Image from Gyazo
プリセットに「カスタマイズ」を選ぶと、自分でオリジナルのショートキーを作れます。

 

コマンドを探す

まずはショートカットキーをカスタマイズ。

割り当てたいコマンドを探しましょう。

左下の検索窓で、コマンド名が引っかかりそうなキーワードを打ち込みます。

Image from Gyazo

実はここには「ありとあらゆるコマンド」が収録されていまして、例えば、

  • ボイスオーバー録音
  • ボリュームの微調整
  • 長方形ツール

といった動作にショートカットキーを割り当てられます。

 

ショートカットの割り当て

コマンドが無事に見つかりましたら、今度はショートカットの欄でワンクリック。

すると黒い長方形が青枠選択状態になるでしょう。

Image from Gyazo

その状態で割り当てたいショートカットを発動しましょう。

例えば、複数のリップルを同時削除できる「ギャップを詰める」に「Shift + delete」のショートカットキーを割り当てるとします。

 

黒い長方形が選択状態になったまま、お手元のキーボードで

Shift + Delete

を押せば完了。

Image from Gyazo

これで「Shift + Delete」が新たな自分オリジナルのショートカットキーとして登録されます。

 

もし、今回設定するコマンドにショートカットキーが登録済みだったら、次のような注意書きが出てくるでしょう。

〇〇は他のアプリケーションコマンドを△で既に使われています

と。

 

その場合、エラーで止めてもらえず、新たに設定したショートカットキーが元のショートカットキーを乗っ取ります。

デフォルト設定されていたショートカットはそれ以降は使えません。

そのため、このショートカットキーの設定では、

お気に入りのショートカットと被らせない配慮が必要です。

 

ショートカットキーを保存

以上、ショートカットキーの割り当ては終了です。

設定し終わったらショートカットキーのパターンを保存しましょう。

右のプリセットを「別名で保存」してやると、名付けたプリセット名で保存できます。
Image from Gyazo

プリセットの読み込み・書き出し

Premiere Proのキーボードショートカットがすごいのはここから。

なんと、ショートカットキーを他人と共有できるのです。

これが意味するのは、

  • 自分のショートカットキーを誰かにプレゼントできる
  • 自分のショートカットキーを持ち運べる(別のパソコンでも使える)
  • イケてるクリエイターのショートカットキーを輸入できる

といったことが可能ということ。

 

ショートカットキーのデータはどんなデータ?

ショートカットキーのデータは先程プリセットを別名で保存した段階で、ショートカットキーのデータが保存されています。

ショートカットキーのデータの拡張子は

.kys

です。

例えば「mykey」という名前で保存したら、

mykey.kys

というファイルが誕生します。

このファイルを他人に送ったり、他人のkysファイルを読み込めば、カスタムショートカットキーを共有できます。

 

ショートカットキーを読み込む

なるほど、プリセットを別名保存したら「.kys」ファイルが誕生すると分かりました。

それでは一体、このファイルはどこに誕生したんでしょうか?

実は「ある特定の保存場所」にちゃんと誕生しています。

Macならば、

書類 > Adobe > Premiere Pro > 14.0 > Profile-Username > Mac

でした。

もし場所が分かりづらい場合は、Finderでショートカットキーのファイル名(この場合だと mykey.kys)で探すと早いです

ちなみにWindowsならば、

Documents\Adobe\Premiere Pro\14.0\Profile-Username\Win

にショートカットキーのファイルがあるはず。

要はここの保存場所から、ショートカットキーのファイルを取り出せばいいわけです。

他人に与えたり、ショートカットキーの設定を持ち運べます。

 

一方で、逆も然り。

他人が作ったショートカットキーファイルkysを、この保存場所に設置すれば、他人のショートカットキーをカスタマイズで使えます。

つまりは、この保存場所でショートカットキーファイル(.kys)を出し入れすれば、カスタムショートカットキーを読み込んだり書き出したりできるんですね。

 

実はこの神レベルに便利なキーボードショートカット。

Premiere Proに限らず他のAdobeソフトでも使えます。

例えば、IllustratorやPhotoshop、After Effectsでも同様の「キーボードショートカット」が用意されています。

ただし、Premiere Proとは呼び出し方法が異なり、

上メニューの「編集」から「キーボードショートカット」を選びますけどね。

ただし「Lightroom Classic」ではキーボードショートカット機能は見つからず

 

Premiere Proに限らず、自分でショートカットをカスタマイズすることは、作業効率化に繋がります。

Adobeソフトをお使いの方は、キーボードショートカット機能を活用してみてください。

 

それでは!

Ken



AEの作業を効率化!
After Effectsのショートカットポスター

Adobe動画制作ソフトAfter Effectsで便利なショートカットキーを把握できるショートカットキーポスターをどうぞ。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。