レーダーを駆使せよ!Premiere Proでラウドネスを測定して音量を調整する方法




 

前回、Premiere Proで「エッセンシャルサウンドのラウドネス自動一致」でオーディオクリップのラウドネスを調整する方法を紹介しました。

 

しかし、この方法には1つ欠点が!

それは、

Premiere Proが用意したラウドネスにしか調整できないこと。

以下の表のように、4種類のラウドネスにしか設定できません。

プリセット ラウドネス(LUFS)
会話 -23
ミュージック -25
効果音 -21
環境音 -30

もっと自由に調整したい時もあるでしょう。

 

Premiere Proでラウドネスを測定する方法

そういう時はPremiere Proの「ラウドネスレーダー」がおすすめです。

 

エフェクトを探す

エフェクトを探しましょう。

エフェクトウィンドウで「ラウド」と検索すると、

ラウドネスメーター

を発見できるんじゃないっすかね。
Image from Gyazo

エフェクトを適用

エフェクトをドラッグして、オーディオクリップでリリース。

Image from Gyazo

これでエフェクトを適応できたと思います。

 

ラウドネスを測定する

さてお次はオーディオクリップを選択状態にし、エフェクトコントロールパネルをみましょう。

そこの「カスタムセットアップ」の「編集」をクリック。

すると「ラウドネスウインド」という特殊な窓が立ち上がります。
Image from Gyazo
こちらは何を隠そう、オーディオクリップのラウドネス測定できる画面。

プリセットを選んで、自分が基準にしたいラウドネスを選びましょう。
Image from Gyazo

ラウドネスレーダーには下記のプリセットが用意されています。

プリセット ターゲットラウドネス(LFKS)
ATSC A/85 LFKS -24
ATSC A/85 LU -24
CD Master -15
Cinema -24
EBU R128 LU -23
EBU R128 LUFS -23
TR-B32 LKFS -24
TR-B32 LU -24

プリセットではなく、数値を自ら設定したいならば「設定タブ」で細かく調整。

Image from Gyazo

ターゲットラウドネス以外にも、以下の細かい項目も設定できます。

  • ターゲットラウドネス
  • レーダー速度
  • レーダー解像度
  • 瞬時値(モメンリー値)
  • 例レベル境界値
  • ラウドネス表示単位
  • ラウドネス規格
  • ピークインジケーター

 

プレビュー再生すると、レーダーにラウドネスが時計回りに記録されるでしょう。

Image from Gyazo
右下のラウドネス値には、ある一定期間の平均ラウドネスが表示されています。

また、ラウドネスの単位は設定で変更できて「LU」でも「LKFS」でもOK。
Image from Gyazo

左下のラウドネスピークは、最大と最小のラウドネスの差。

例えば最大ラウドネスが「-10」、最小が「-15」でしたら、ラウドネスピークは「5」です。

 

時間の経過とともに、レーダーにラウドネスの大きさが記録され、最も外側がターゲットラウドネスの大きさを表しています。

ターゲットラウドネスに対して、どれぐらいのラウドネスが出ているのかを視覚的に表現してくれるのです。

レーダーが完全形に近い形で推移すれば、狙ったラウドネスに調整できている、と意味します。

 

また波形はプレビュー再生ごとに記録されるので、前回測定したラウドネスの記録はレーダーに残り続けます。

もし新規で測定する場合は右上の「矢印ボタン」でリセットしましょう。
Image from Gyazo

ラウドネスを調整する

ただし、です。

ラウドネスレーダーは、ラウドネスの値を把握できても「測定しか」できません。

音量は自分で調整しましょう。

詳しくは「Premiere Proで音量調整する方法」で紹介しましたが、以下2つの方法での調整がおすすめです。

  1. オーディオクリップミキサーでつまみをいじる
  2. オーディオゲインを調整・指定する

 

レーダーを見ながら、自分で調整すりゃいいんですね。

Image from Gyazo

動画の音量調整の際は「エッセンシャルサウンドのラウドネス自動一致」と合わせてラウドネスレーダーもご活用ください。

 

それでは!

Ken

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。