Premiere Proのプレビューが重くてカクカク?そんな時はプリレンダリングしよう【レンダリングバーの使い方】




 

Premiere Proで動画編集していると、プレビュー画面でカクカクしたり、いや、むしろ、プレビューが再生されずにフリーズ、クッソ重いなんてこと、ありますよね。

そういう時は、プレビューの画質を「2分の1」「4分の1」に落とすのも1つの手ですが、それでもプレビュー再生されない事態も起こり得ます。

そういう時にオススメなのが、

プリレンダリング

です。

 

プリレンダリングとは

まず、プリレンダリングとは何かを解説する場合に、レンダリングを復習しましょう。

アドビの公式ページによると、Premiere Proのレンダリングは以下のように説明されています。

デコードされたソースメディアのクリップからシーケンス内にフレームを生成すること、また、シーケンスに適合させるための変換・変形処理や、クリップに適用されたエフェクトなどのことを指します。

要は、シーケンスに設置した動画素材、それに付与したいテキストやエフェクトを処理することに他なりません。

 

Premiere Proで動画を書き出す際にレンダリングしますが、今回のプリレンダリングでは「書き出し前に」あらかじめレンダリングします。

プリレンダリングをやっておけば、プレビュー再生前に編集データを処理して再生準備をしてくれます。

つまり「プレビュー再生」と「データ処理」を同時に行わず、データ処理を事前にやってしまおうという魂胆。

 

プリレンダリングが必要な時はどんな時?

Premiere Proでは、プレビュー再生がうまくできないSOSを出す仕組みが用意されています。

その名も

レンダリングバー。

タイムラインのすぐ真下に「色付き棒」が見えませんか?

実はこれ、ただの棒ではなく、レンダリングバーと呼ばれるもので、色は3色用意されています。

まさしく信号機と一緒で、大体意味も類似しています。

「緑」はプリレンダリング済みで、支障なくプレビュー再生できることを意味しています。

「黄」ではプリレンダリングはしていないけれども、プレビュー再生は問題なくできる意味。

最後の「赤」は、プレビュー再生に難があり、カクカクしてしまったり、プレビュー再生がされない、という事態が起きている「SOS」に他なりません。

レンダリングバーが黄色の時は問題ありませんが、いつどんな変更を加えたら「赤」に変化するかは分かりません。

そしてレンダリングバーが「赤」になったら、もはやプレビュー再生は正常にできないので、プリレンダリングをして「緑」に変化させようというわけ。

 

プリレンダリングのやり方

プリレンダリングのやり方は簡単。

 

プリレンダリングの区間を指定する

まずはプリレンダリングを行う範囲を指定します。

区間の指定方法は「ワークエリア」で決めていきますよ。

 

レンダリングバーの上にある「ワークエリアのつまみ」をグリグリ動かして範囲を調整しましょう。
Image from Gyazo

 

プリレンダリングを実行する

いよいよプリレンダリングを実行します。

上のメニューから「シーケンス>ワークエリア全体をレンダリング」へ進んでみましょう。

Image from Gyazo

すると次のようなウインドウが出現し終わると、レンダリングバーが緑になるはず。

ただし、油断は禁物です。

プリレンダリング後、シーケンス内の情報に変更を加えると、もう一度プリレンダリングをやり直さなければなりません。

自分でプリレンダリングファイルを削除し、プリレンダリングをやり直すのです。

やり直しはシーケンスメニューから、上メニューのシーケンスから「ワークエリアのレンダリングファイルを削除」へ進むといいでしょう。

Image from Gyazo

このように、プリレンダリング後にシーケンス内容に変更を加える場合、もう一度プリレンダリングをしなければなりません。

 

いちいちプリレンダリングをしていては面倒なので、わたしのおすすめは

レンダリングバーが黄色の場合は放置。

赤になってプレビュー再生が重くなった場合に限って、プリレンダリングで緑に変化させましょう。

 

それでは!

Ken

 

【参考記事】



AEの作業を効率化!
After Effectsのショートカットポスター

Adobe動画制作ソフトAfter Effectsで便利なショートカットキーを把握できるショートカットキーポスターをどうぞ。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。