脱メディアオフライン!Premiere Proでプロジェクトマネージャーを活用する方法




Premiere Proでメディアオフラインだと?

Premiere Proで動画編集の仕事をする時に注意したいのが「メディアオフライン」というエラー。

具体的にいうと、Premiere Proのプロジェクトファイルを開くとき、

次のクリップのメディアがありません

というエラーが現れ、

こいつをキャンセルして強引に突破すると、そのエラーが出たクリップの背景が「キモい赤色」に染まり、

メディアオフライン

という「謎めいたメッセージ」が出現するのです。

このプレビュー画面の異変を無視し、動画を書き出しても埒があきません。

なぜなら、こいつを書き出しても当該のクリップは「メディアオフラインそのまま」で書き出されてしまいます。

せっかく編集した動画が台無しになってしまうのはまず間違い無いでしょう。

 

メディアオフラインの原因は?

この「メディアオフライン」という謎エラーの原因は何を隠そう、

動画クリップの元となっている「映像」や「音」ファイルのステータスが編集時と変化したことです。

例えば、動画編集素材の

  • ファイル名
  • 保存場所

を変えた場合、エラーが発生してしまうわけです。

 

名前か保存場所のどちらかを少しでも変えてしまうと、メディアオフラインのエラー出てしまうので動画編集中は要注意です。

編集中は少なくとも素材のファイル名と保存場所を動かさないようにしましょう。

 

 

Premiere Proでプロジェクトマネージャーを活用しよう

がしかしですよ?

永遠に素材の「保存場所」と「名前」を変化させない、なんて奇跡はあり得ますかね?

いいえ、ありえません。

うっかりこっそりゴミ箱に入れてしまうかもしれませんし、別フォルダに誤って移動してしまう事件だって起こりえます。

 

そこでオススメなのが、

Premiere Proの「プロジェクトマネージャー」という機能。

こちらを使えば、なんと、メディアオフラインというエラーを回避し、いつでもエラーなしで動画編集を再開できるのです。

 

方法は簡単。Premiere Proの上メニューから

ファイル>プロジェクトマネージャー

へ進んで、
Image from Gyazo
保存場所(保存先パス)を決定し、

最後に「OK」を押すだけ。

 

すると、指定した保存場所に

コピー_プロジェクト名

という名前でフォルダとその中身が生成されます。

このフォルダ中には動画を構成している素材はもちろんのこと、プロジェクトファイル、それに加えて謎の「Media Cache」「Preview File」も混入しています。

つまり、プロジェクトマネージャーで生み出したフォルダを丸ごと保存しておけば、いつでも好きなタイミングでプロジェクトファイルを読み込んで編集を再開できるわけ。

これならメディアオフラインエラーに怯えることはありません。

 

「プロジェクトマネージャー」は上述のように「メディアオフラインエラー対策」にも使えます。

それに加えて、

プロジェクトファイルごと誰かに引き渡す時にも大活躍。

例えば、クライアントに書き出し後の「動画成果物」だけではなく、プロジェクトファイルごと納品する案件もありますので、そういった時に大活躍します。

Premiereのプロジェクトマネージャーを活用することで、

「動画の書き出して、はい、終わり」

ではなく、プロジェクトファイルをいかに崩さず安全に保存するかまで視野に入れて動画編集にチャレンジしてみてください。

 

それでは!

Ken



AEの作業を効率化!
After Effectsのショートカットポスター

Adobe動画制作ソフトAfter Effectsで便利なショートカットキーを把握できるショートカットキーポスターをどうぞ。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です