内容を変えずに尺を調整できる!Premiere Proのレート調整ツールの使い方




 

Premiere Proで動画編集をしていると、

クリップの中身はそのままでカットしたくないんだけど、クリップの尺を縮めなければならない(もしくは伸ばさなければならない)

という時があるかもしれません。

例えば、クリップAの中身を変えず、尺だけを短くしたい時とかですね。

中身を早送りしてまでも、尺の長さを死守しなければならない瞬間は誰しもやってくるはず。

 

もちろん、Premiere Proの早送り機能を使えば成し遂げられます。

 

クリップを選択した状態で、デュレーションウィンドウを立ち上げ、速度の割合を指定してやれば、早送りした分だけ尺は短くなります。

 

しかしこれだと、どれくらい早送りすれば希望する尺のみじ長さに変化するのか?を自ら計算して予想せねばなりません。

つまりMathが必要なんですね。

 

そこでオススメなのが、Premiere Proに標準装備されている「レート調整ツール」。

Premiere Proのツールボックスの「リップルツール」「ローリングツール」と同じ箱に入っています。

リップルツールをクリック長押すると、レート調整ツールやローリングツールが選べるようになります。

 

また、ありがたいことにショートカットキーも用意されていて、Rを押せば一発でレート調整ツールを起動できます。

僕はAdobeの関係者でありませんが、おそらく「レート調整ツール」の「レート(Rate)」のRなんでしょうね。

 

使い方は簡単。

まずは該当のクリップを選択状態に、レート調整ツールのアイコンをクリップの境界に持っていきます。

すると、アイコンがこのように変化するんじゃないですかね。

Image from Gyazo

その状態で、ドラッグしてクリップ長を変更すればいいのです。

 

クリップの内容をキープしたまま、早送りした状態で尺だけを短くすることが可能。

Image from Gyazo

もちろん、逆に尺を長くすることで、中身をスローにすることもできますよ。

Image from Gyazo

このように、尺長さの問題で早送り・スローモーションをかけてでもいいので、内容を保持して尺全体の長さを変えたい場合、Premiere Proに標準装備されている「レート調節ツール」を活用してみてください。

 

それでは!

Ken

 

【参考文献】



AEの作業を効率化!
After Effectsのショートカットポスター

Adobe動画制作ソフトAfter Effectsで便利なショートカットキーを把握できるショートカットキーポスターをどうぞ。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です