内容を変えず尺を調整できる!Premiere Proのレート調整ツールの使い方




 

Premiere Proで動画編集していると、

クリップ中身はそのままで、尺を縮めなければならない(もしくは伸ばさなければならない)

という時があるかもしれません。

例えば、クリップAの中身を変えず、尺だけ短くしたい時とかですね。

 

 

もちろん、Premiere Proの早送り機能を使えば成し遂げられます。

 

クリップ選択状態で、デュレーションウィンドウを立ち上げ、速度の割合を指定してやればいいですね。

 

しかしこれだと、尺長さの変化を自ら計算して予想せねばなりません。

つまり「Math」が必要なんですね。

 

Premiere Proのレート調整ツールの使い方

そこでオススメなのが、Premiere Pro標準装備の

レート調整ツール

です。

ツールボックスの「リップルツール」「ローリングツール」と同じ箱に入っています。

リップルツールを長押すると「レート調整ツール」や「ローリングツール」を選べるでしょう。

 

ありがたいことにショートカットキーも完備されており、「R」を押せば一発で起動できます。

おそらく「レート調整ツール」の「レート(Rate)」の「R」なんでしょうね。

 

さて、使い方は簡単です。

該当クリップを選択状態にしてから、レート調整ツールのアイコンを「クリップ境界」に持っていきます。

すると、アイコンが以下のように変化するんじゃないですかね。

Image from Gyazo

その状態で、ドラッグしてクリップ長を変更すればいいのです。

 

中身をキープしたまま、早送りで「尺だけ」を短くできるでしょう。

Image from Gyazo

もちろん、逆に尺を長くすれば、中身はスローになりますよ。

Image from Gyazo

ぜひ時に応じて「レート調節ツール」も活用くださいませ。

 

 

それでは!

Ken

 

【参考文献】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。