Premiere Proのリップル削除で作業効率を2倍に上げる方法【ショートカット・一括削除OK】




 

Premiere Proで動画編集すると必ずや発動するコマンドが1つ。

それは、

リップル削除

です。

リップルとは、クリップとクリップの間の溝、隙間のこと。

 

つまり「リップル削除」とは、

クリップとクリップの隙間を消すことに他なりません。

 

 

Premiere Proのリップル削除のやり方

リップル削除のやり方は簡単です。

 

削除したい溝で右クリックして「リップル削除」すると一瞬で溝が塞がります。
Image from Gyazo
たった「2クリック」でリップルは削除できます。

 

ショートカットキーを使おう

ただし、2クリックするのはあまりにもだるいので、ショートカットキーも用意されています。

それは溝を選択した状態で、

space + delete

ですね。

これなら右クリックせずリップル削除できます。

 

まとめて一括でリップル削除したい場合

続いて、シーケンス内にできたリップルを複数まとめて削除したい場合です。

そういった場合、

ギャップを詰める

というコマンドを採用します。

上メニュー「シーケンス」から「ギャップを詰める」と進んでやると、複数のリップルを一瞬で削除できます。

Image from Gyazo

ただしこのやり方は、シーケンスに1つのトラックがある時のみ有効です。

もしくは複数のクリップがリンクしている場合。

それ以外の独立した別々のトラックが複数存在している場合、「ギャップを詰める」は使えません。

 

そして、残念ながら「ギャップを詰める」にはショートカットキーがありません。

キーボードショートカットを自ら設定するしかありません。

上メニューの「キーボードショートカット」から「ギャップを詰める」と検索して好きなえーショートカットを割り当てましょう。
Image from Gyazo
例えば、「Shift + Delete」でギャップを詰める設定も十分に可能です。

>>詳しくは「Premiere Proのキーボードショートカット設定方法」へどうぞ

 

リップル削除できない時の対処法

しかしながら、です。

リップル削除を連発しているとたまに、

「リップル削除できない!なんか透明になってんだけど! 」

なんて時があるかもしれません。

Image from Gyazo

実は、リップル削除には、

隣り合うクリップの頭がリップル間にある場合、隣のクリップがリップルを削除した分だけ移動する仕様になっています。

したがって、隣のクリップが連動して動く隙間がない場合、リップル削除できません。

 

例えば次のようなケースです。

クリップAとクリップBの間のリップルがあり、別トラックでクリップCとクリップDがくっついているとしましょう。

この場合、AとBのリップル削除はできません。

隣り合うクリップDのAとBの間にあるため、リップル削除すると、DはBに連動して動くはず。

しかし、残念ながらCとDの間にはリップルは存在していません。

したがって、AとBのリップル削除をしても、Dが動けないので結果的にリップルは削除できないんです。

 

加えて知っておきたいのは次のようなケースです。

クリップCとDの間にも小さなリップルがある場合ですね。

このような場合、AとBのリップルは削除できますが、全リップル幅を削除できません。

削除できるのはCとDの間にあるリップルだけ。

なぜこういうことになるかというと、DがCの尻尾までしか移動できないので、それに合わせて本来リップル削除したかったBも、Dが移動した分しか動けません。

 

このようにリップル削除は隣り合うクリップに影響されるコマンドです。

リップル削除できない場合、

リップル削除とは関係ないトラックをロックしましょう。

ロックとはこちらの鍵マーク。

これをクリックすると、該当トラックは固定されるので、隣のトラックでリップルを削除しても動きません。
Image from Gyazo
ゆえに、リップルの間にクリップの頭がなかろうが、該当のリップルを削除できます。

リップルが削除できないと焦っている時は、片っ端からトラックにロックをかけましょう。

 

それでは!

Ken



AEの作業を効率化!
After Effectsのショートカットポスター

Adobe動画制作ソフトAfter Effectsで便利なショートカットキーを把握できるショートカットキーポスターをどうぞ。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。